がん保険
がん保険をタイプ別に比較!女性におすすめの商品も紹介

がん保険をタイプ別に比較!女性におすすめの商品も紹介

がん保険をタイプ別に比較!女性におすすめの商品も紹介

がん保険にはさまざまな商品が販売されているため、「どのがん保険に加入すればいいのか迷ってしまう。」という方は多いでしょう。

特に女性の場合は、乳がんや子宮がんといった女性特有のがんもあることから、保険商品の保障内容をしっかりと比較検討する必要がありますね。

女性向けがん保険のブログや口コミなどを参考にして、比較したことがある方もいるでしょう。

女性におすすめのがん保険は、保障期間や貯蓄性の有無などによっていくつかのタイプに分けられますので、今回はそれぞれのタイプについて詳しく解説していきます。

また、女性におすすめのがん保険を厳選して4つご紹介しますので、保障内容や特徴などを比較しながら参考にしてみてください。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

女性向けがん保険をタイプ別に比較

女性向けがん保険をタイプ別に比較

女性向けのがん保険には、さまざまな商品が販売されていますが、いずれの商品も保障期間や貯蓄性の有無によって以下のタイプに分けることができます。

  • 「終身タイプ」か「定期タイプ」か
  • 「積立タイプ」か「掛け捨てタイプ」か

ご自身にとって最適ながん保険を見つけるためには、上記の特徴についてしっかりと理解したうえで比較することが大切ですので、詳しく確認していきましょう。

保障期間を比較:「終身」or「定期」

女性向けがん保険を比較するときは、保障期間を「終身タイプ」にするか「定期タイプ」にするかを決める必要があります。

終身タイプはその名の通り一生涯の保障が得られるがん保険で、定期タイプは一定期間に限定した保障となるがん保険です。

終身タイプの女性向けがん保険の特徴

終身タイプの女性向けがん保険は、がん保障が一生涯続くため「長生きリスク」に備えることができます。

また、保険料は加入時に決められた金額のまま一定で値上がりすることがないため、保険料の安い若いうちに加入すると、高齢になっても保険料が安いままなのでお得です。

ちなみに、保険料の支払い方法で「短期払い」を選ぶと、高齢になってからの保険料の支払い負担をなくすことができます。

ただし、終身タイプの女性向けがん保険は、定期タイプの女性向けがん保険と比較して、保険料が高額になることが多いです。

これは、「高齢期に支払う保険料を若いうちに早めに支払っておく」という仕組みなので、中途解約するとこれまで支払ってきた保険料がムダになってしまうのです。

また、今後保障内容がより充実した女性向けがん保険が登場しても、簡単に契約を切り替えることができない点にも注意が必要です。

定期タイプの女性向けがん保険の特徴

定期タイプの女性向けがん保険は、終身タイプの女性向けがん保険と比較して保険料が安いという特徴があります。

また、がん保障を手厚くしたい時期に、スポットで保障を付けることができる点も魅力のひとつです。

たとえば、子どもの教育費にお金がかかる40代の女性が、「子どもが独立するまでの間がん保障を付けたい」といったニーズにも応えることができます。

さらに、更新のときに保障を見直すことができるので、がん保険を比較して最新の保障内容を備えたがん保険に切り替えることができますし、必要な保障金額に設定し直すこともできます。

このように、終身タイプの女性向けがん保険と比較して、ニーズに合わせて手軽に加入できるというメリットがありますが、注意しなければならないこともあります。

定期タイプの女性向けがん保険は、更新のたびに保険料が高額になっていくため、高齢になるにつれて保険料の払い込み負担が大きくなっていきます

また、一度がんに罹患してしまうと更新できない可能性があるため、がん保障が確約されないという点にも注意しましょう。

貯蓄性の有無を比較:「積立」or「掛け捨て」

貯蓄性の有無を比較:「積立」or「掛け捨て」

では次に、女性向けがん保険を貯蓄性の有無という観点から比較してみましょう。

女性向けがん保険で貯蓄性のあるものを「積立タイプ」のがん保険、貯蓄性のないものを「掛け捨て」タイプのがん保険といいます。

では、それぞれの特徴を比較しながら見ていきましょう。

積立タイプの女性向けがん保険の特徴

積立タイプの女性向けがん保険に加入すると、がん保障を得られるだけでなく、同時に貯蓄にも役立てることができます。

毎月支払う保険料の一部が積み立てられるので、中途解約をする際に「解約返戻金」を受け取ることができるのです。

また、保険料の払い込みが難しいときは「自動振替貸付」を受けられる可能性があるため、保険の失効(契約の効力がなくなること)を回避できることがあります。

なお、自動振替貸付とは、保険料を払い込むことができないときに、解約返戻金の範囲内において保険会社が自動的に保険料を立て替えてくれる制度のことをいいます。

積立タイプの女性向けがん保険は、貯蓄性があるゆえにこのようなメリットがありますが、一方でこの貯蓄性を持たせるために保険料が高額になるというデメリットがあります。

貯蓄性のないがん保険は保障分の保険料を支払うだけですが、貯蓄性のあるがん保険は「保険料+貯蓄分」と貯蓄分を含めた保険料になるため、貯蓄性のない掛け捨てタイプと比較して、どうしても保険料が高額になってしまうのです。

また、中途解約すると損してしまう可能性があるため、簡単には中途解約ができず保障の見直しがしづらいということにも注意が必要です。

掛け捨てタイプの女性向けがん保険の特徴

掛け捨てタイプの女性向けがん保険は、先ほどもご説明しました通り、貯蓄タイプの女性向けがん保険と比較して保険料が安いという特徴があります。

保険料が安いとはいえ、大きな保障を付けることができるので、子どもにお金のかかる世代の女性におすすめの商品です。

また、保障の見直しもしやすいため、更新時に複数のがん保険を比較して、より満足できるがん保険に切り替えることもできます。

ただし、定期タイプの女性向けがん保険と同様に、更新のたびに保険料が高額になっていき、一度がんに罹患してしまうと更新できなくなる可能性があります

また、中途解約をしても解約返戻金を受け取ることができませんので、支払ってきた保険料がムダになってしまうと捉える方もいるでしょう。

【ニーズ別】おすすめ商品を徹底比較

ではここで、女性におすすめのがん保険を「終身タイプ」「定期タイプ」「積立タイプ」「掛け捨てタイプ」といったニーズ別にご紹介していきます。

それぞれ特徴がありますので、保障内容を比較検討しがん保険選びの参考にしてください。

終身タイプ:チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険 プレミアムZ」

終身タイプで女性におすすめのがん保険は、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムZ」です。

保険診療による所定の抗がん剤治療はもちろんのこと、治療費が全額自己負担になってしまう自由診療の所定の抗がん剤治療も保障対象としています。

女性特有のがんとして乳がんや子宮がんといったものがありますが、抗がん剤治療やホルモン剤治療を行う際、自由診療の治療も取り入れることで幅広い治療法から選択することができるようになります。

自由診療の治療費を自己負担すると、支払い負担が大変大きくなってしまいますが、チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」なら所定の治療を全額カバーしてもらえます。

主契約は「抗がん剤治療給付金」と「自由診療抗がん剤治療給付金」となっており、一般的ながん保険の主契約が「診断給付金」であることと比較すると、治療保障をメインとしているという特徴があります。

また、特約として「診断給付金」「手術給付金」「ホルモン剤治療給付金」「自由診療ホルモン剤治療給付金」「通院給付金」などを付けることができますので、必要に応じて保障をプラスすることができます。

定期タイプ:SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)

SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)

定期タイプで女性におすすめのがん保険は、SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)です。

2021年オリコン顧客満足度®ランキングの定期型がん保険商品で、総合第1位を獲得するほどの実力を持った商品です。

加入者から支持される理由として、まずは保険料の安さがあります。

女性は男性と比較して保険料が高くなっていますが、それでも30歳で月々670円~、40歳で1,610円~と家計にやさしい価格設定となっています。

保障期間5年の定期タイプなので、子どもが独立するまでの期間に限定して加入するといった方法をとることもできます

また、先進医療や自由診療を受けた場合の治療費が、かかった金額が全額保障してもらえるので自己負担が実質0円になる点も魅力のひとつです。

ほかにも、治療費を直接医療機関に支払ってくれたり、「SBI損保メディカルセンター」でセカンドオピニオンの相談やさまざまな情報を提供してくれたりといったサービスも受けることができます。

積立タイプ:「アクサダイレクト生命『がん終身』」

アクサダイレクト生命「がん終身」

積立タイプで女性におすすめのがん保険は、アクサダイレクト生命「がん終身」です。

「がん無事故給付特約」を付けることで、3年間がんに罹患しなかった場合、3年ごとに5万円または10万円を受け取ることができます。

積立とは厳密には異なりますが、「無事故給付金」が受け取れることで、一般のがん保険と比較して保険料がムダにならないという特徴があります。

積立タイプのがん保険は保険料が高額になりがちですが、アクサダイレクト生命「がん終身」は必要な保障を最小限にとどめることで、保険料を安くしています。

とはいえ、保障内容は手厚く、がん治療の初期に「診断給付金」と「入院給付金」をダブルで受け取ることができます。

また、さまざまな特約も用意されていますので、ご自身のニーズに合わせて追加し安心な保障内容を確保することができます。

特に、「女性がん入院特約」を付けると、女性特有のがん治療のために入院したときに入院給付金日額と同額の給付金を受け取ることができます

たとえば、入院給付金を1万円で契約し、その後女性特有のがんで入院した場合、「女性がん入院給付金」としてプラス1万円を受け取ることができるのです。

掛け捨てタイプ:ライフネット生命「がん保険 ダブルエール」

ライフネット生命「ダブルエール」

掛け捨てタイプで女性におすすめのがん保険は、ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」です。

がん保険「ダブルエール」は、がんと診断されてから長引きがちながん治療を幅広く保障してくれ、さらに、がん治療による収入減少も手厚くカバーしてくれます。

「シンプルプラン」は、診断一時金のみの保障となっているため、保険料を安くすることができます。

「ベーシックプラン」は、シンプルプランに治療サポート給付金をプラスした保障で、先進医療を受けた場合の治療費もカバーしてもらえます。

「プレミアムプラン」はさらに、がん治療のために休業し収入が減少したときの保障もしてくれるため、安心してがん治療を続けることができます。

3つのプランの保障内容を比較しご自身にぴったりの保障を付けられるという特徴がありますが、掛け捨てタイプなので中途解約をしても解約返戻金は受け取ることができません

女性向けがん保険の選び方

女性向けがん保険の選び方

女性向けがん保険を比較検討する際には、次のポイントを押さえた選び方をしましょう。

  • 「診断給付金」は複数回受け取れるものがおすすめ
  • 「通院給付金」が受け取れるものを選ぶ
  • なるべく若いうちに加入する

診断給付金は、1回のみしか受け取れない商品と何度でも受け取れる商品がありますが、がんは再発や転移のリスクが高い病気なので、何度でも受け取れるタイプのがん保険を選ぶことをおすすめします

また、がん治療は以前は入院による治療が一般的でしたが、近年は通院による治療がメインになりつつあります。

そのため、通院保障の手厚いがん保険に加入しておくといざというときに安心です。

さらに、がん保険に加入する時期は、できるだけ若いうちにすることをおすすめします。

若いうちのほうが保険料が安く済むことはもちろんのこと、がんにいつ罹患するかわからないので、罹患する前に加入することが大切だからです。

特に乳がんや子宮がんなどは20代や30代の女性でも罹患する可能性があるため、早めの対策が必要になります。

一度罹患してしまうと新規加入することが難しいため、がんへの備えは早いうちから始めることをおすすめします。

まとめ

女性ががん保険を選ぶ際の比較ポイントには、「終身か定期か」「積立か掛け捨てか」ということがあります。

一生涯の保障をつけるか保障を手厚い時期だけに絞って加入するか、また、貯蓄性のあるものにするか掛け捨てにして保険料を安くするか、といったことを比較検討する必要があります。

がん保険はたくさんの保険会社から販売されていますので、それぞれの特徴を理解しご自身のニーズにマッチしたがん保険を選ぶよう、保険料はもちろんのこと保障内容もしっかりと比較しましょう。