医療保険
解約返戻金付きは人気?おすすめ医療保険ランキングで解説

解約返戻金付きは人気?おすすめ医療保険ランキングで解説

解約返戻金付きは人気?おすすめ医療保険ランキングで解説

医療保険にもいろいろなタイプのものがありますが、解約返戻金付きのものがあります。

掛け捨てタイプと違い、解約返戻金が、支払った保険料を上回るなら、貯蓄よりも効果があることとなります。こうしたタイプの医療保険を、貯蓄性があるタイプ、と言っています。

その一方で、医療保険は病気やけがの場合に、そこでかかった医療費などの費用を補填するものであること、また、貯蓄性のあるタイプは保険料が割高になることもあります。

そして、現在の医療保険商品の主流は、掛け捨てであり、解約返戻金はないタイプです。

そこで、医療保険の場合、解約返戻金付きのものに加入する必要があるのか、解約返戻金をつける必要がないとすると、なぜなのかを考えてみたいと思います。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

そもそも、医療保険の解約返戻金とは?

そもそも、医療保険の解約返戻金とは

解約返戻金について、仕組みも含めて、まず、少し詳しく説明します。

保険を解約すると支払われるお金のことを「解約返戻金」と言います。

払い込まれた保険料は、次のような内訳となっています。

  • 純保険料:保険金や給付金の支払いなど保障のため保険料
  • 付加保険料:保険会社の運営や事務のために支払う保険料

保険会社は、純保険料の部分を資金として保険会社が運用します。これが、解約返戻金の原資になります。

医療保険でも、純保険料を運用していることがある

生命保険でも、医療保険でも変わらない点ですが、解約返戻金付きの商品の場合、運用には、時間をかけてお金を増やしていくことが必要です。

そのため、契約から数年で解約する場合には、解約返戻金がほとんどないか、あるいは、解約返戻金があってもわずかということも起きがちです。

純保険料の運用は、保険契約の時に決まる予定利率という利息が付いており、これに従って運用が行われます。利息が毎年つくので、お金が増えていきます。

予定されている利息ですから、保険の解約返戻金がいつ、いくらになるかも契約したときに決まります。

解約返戻金の一覧は、満期と共に保険の設計書・重要事項説明書あるいは保険証券などにその金額が書かれていることもありますが、保険会社に問い合わせると、詳しく説明してもらえます。

保険の返戻率とは?

保険契約を解約し、運用した純保険料を返してもらうときに受け取れるお金が解約返戻金です。受け取り金額の割合を返戻率といいます。

払い込んだ保険料総額に対して、受け取る額が増えていれば運用としてプラスになりますが、反対にマイナスになった場合には、解約返戻金は元本割れとなります。

100%以上の解約返戻金が受け取れるのかどうかについては、しっかり確認するべきポイントです。

学資保険・養老保険などの、解約返戻金が重視される保険だけではなく、医療保険でも返戻率は計算されます。

また、満期がある場合でも、終身の場合でも、解約返戻金・返戻率の計算は可能です。

解約返戻金の利益を知ることができる返戻率の計算式は

解約返戻金÷払い込み保険料総額×100=返戻率(パーセント)

となります。

税務上は一時所得

解約返戻金は、医療保険でも他の保険でも、利益が出れば「一時所得」として税金がかかります。ただし、解約返戻金マイナス保険料で出た利益が50万円までは無税です。

低解約返戻金タイプとは?

解約返戻金も、返戻率の高いもの、低いものがありますが、低解約返戻金タイプは、期間を区切って、返戻率に傾斜をつけています。

保険料払込期間満了までは解約返戻金を通常の70%程度に抑えますが、保険料払込期間満了日を過ぎると増えるような設計を行っています。

この保険商品のメリットは、通常の解約返戻金付きのタイプよりも、保険料をおさえることができることです。

医療保険の主流は、解約返戻金付きのものではなく、掛け捨てタイプです。

また、各種の保険商品の解説・FPの意見などを見ていても、医療保険については、掛け捨てでよいとの意見が多数なのです。

掛け捨てタイプは、解約返戻金がありませんが、なぜそれでもいい、ということになるのでしょう。

医療保険の主流、掛け捨て・解約返戻金なしタイプのメリットとは?

医療保険の主流、掛け捨て・解約返戻金なしタイプのメリットとは

医療保険は、掛け捨て・解約返戻金なしのタイプが主流で、かつ、非常に合理的です。いかにその理由をご説明します。

解約返戻金付きは、保険料が高め、入院時保障に回す方が賢い?

掛け捨てタイプは運用を考えなくてもよいですので、保険料は解約返戻金付きのタイプよりも安くすることができます。

健康お祝い金付きプランのような、返戻金ありと、掛け捨てタイプの中間のような医療保険もあります。保険料が掛け捨てと返戻金ありとの中間くらいの保険料になっています。

医療は日進月歩で変わる・医療保険も変わる

医療保険の目的は、自己負担の医療費を保険でカバーして、自己負担額を押さえることです。医療の内容は、日進月歩で変わります。

また、公的な医療保険(健康保険制度)・対応する疾病も変化しますので、保険商品もアップデートが必要です。

貯蓄性のあるものだと、長期の運用の間に保障の内容が古くなってしまうようなこともあります

高度先進医療特約や、女性専用の保険は、医療保険の歴史の中では若い商品ですが、双方とも優れた保険商品です。こうした商品のアップデートを考えると、貯蓄性のある医療保険には疑問が生まれてしまいます。

掛け捨てのほうが保険会社の努力でよい医療保険商品を作ることができる

掛け捨ての保険は、以上でご説明した、純保険料の運用の必要はありません。

徴収した保険料をすべて商品開発や、事務コストの削減のための原資に使うことができます。

ところが、純保険料がある商品では、別の勘定としてお金を分けて置き、その分は運用に使うように法律で規制されていますので、その分、思い切った商品開発・事務コストの削減のための投資がしにくいという面があります。

実際に、現在の医療保険はインターネット加入も少なくなく、事務の手続きも以前よりぐっとコストのかからないものになっています。

適切にIT投資や効率化の工夫をするなどの企業努力で、今後もより安く、よりよい医療保険商品を作ることができるのです。

返戻金はほかの生命保険商品でも受け取ることができる

解約返戻金は、一般的には医療保険ではなく、他の生命保険(養老保険・学資保険も含む)で、より有利な返戻率を確保することが可能です。

いくらの返戻率があるか、比較すると、医療保険に期待するよりも、こちらに期待する方が効率がいい、と考えられます。医療保険で無理に返戻金付きのタイプにすることはおすすめできません。

おすすめの保険ランキングとその保障内容・特徴

ここでは、解約返戻金のない、ネット加入可能の保険商品を中心に、おすすめの医療保険ランキングをご紹介します。

いざというときのお金の不安に備える入院保障が手厚い医療保険、できるだけ安い保険料で済ませたい場合のシンプルな医療保険プラン、死亡保障付きで、生命保険がない場合にも双方に加入しなくても安心が得られる医療保険などが人気の医療保険商品です。

おすすめ商品ランキング・健康なら保険料が下がるプランも

1位 オリックス生命

オリックス生命

死亡保障付医療保険Relief W [リリーフ・ダブル]

日額5,000円コース (死亡保険金250万円) 
月払保険料:6,121円(参考、40歳男性の場合)
保険料払込期間:終身

特徴

死亡保障があり、500万円の生涯保障
七大生活習慣病入院給付金日額の500倍の手厚い死亡保障。
万一の際の必要な費用等に活用いただける死亡保障が、一生涯にわたって継続します。
七大生活習慣病に手厚い
約款所定の七大生活習慣病で入院した場合には、1入院の支払限度日数が2倍の120日に拡大。
先進医療も、保障
公的医療保険制度の給付対象とならないために全額自己負担となる先進医療の技術料と同額を、通算2,000万円を限度にお支払いします。一時金もあります。

2位 チューリッヒ生命

チューリッヒ生命

終身医療保険プレミアムDX

入院給付日額10,000円(60日型)+手術特約等
保険料払込期間:終身
月払保険料:2,502円(参考、40歳女性の場合)

特徴

7大疾病を入院日数は無制限で保障(7大疾病延長入院特約を付加した場合)。
短期化の入院にも、長期入院が心配な病気にも対応できる医療保険です。

こちらも、厚い保障でありながら、月々は終身払いなので保険料の額を押さえられます。

3位 ネオファースト生命

ネオファースト生命

ネオdeいりょう (医療保険)

入院給付金日額5,000円(60日型) 手術保障特約(2018)Ⅰ型(入院1倍)
一時金・入院中:2.5万円、外来:2.5万円 先進医療特約付加
保険料払込期間:終身
月払保険料:2,122円(参考、40歳男性の場合)

特徴

第一生命系の保険会社の生命保険です。最大の特徴が、組み合わせで自由に保障内容を選べる保険であることです。

自分にあった保障を自由に選べる医療保険
三大疾病や女性疾病などに幅広く備えることができます。

さらに、ニーズに合わせて、主契約(入院保障)に特約・特則を組み合わせることができます(一定の制限あり)。

健康な方は医療保険料が安く
健康状況が所定の基準を満たす場合、基準を満たしていない場合にくらべて保険料が安くなります。

4位 アフラックの健康応援医療保険

アフラックの健康応援医療保険

入院給付金日額10,000円(終身払) 総合先進医療特約(個別取扱)
月払保険料:2,969円(参考、40歳女性の場合)
総合先進医療特約は10年で更新あり

特徴

健康年齢測定、健康なら保険料のキャッシュバックあり
健康年齢が実年齢未満の場合、保険料の一部が年一回還付金として支払われます。
病気・ケガに安心の保障内容
病気・ケガの入院や手術の保障に加え、先進医療やがんを含む重大疾病の保障が手厚いプランです。

がん保険のパイオニアのアフラックですので、がん(悪性新生物)の長期入院に手厚い保障があるほか、心疾患、脳血管疾患、肝疾患、腎疾患、膵疾患の長期入院もカバーします。

終身払い
月々の負担を少なめに抑えられます。

5位 ソニー損保

ソニー損保

ソニー損保の終身医療保険シュア

基本プラン「入院日額5,000円+先進医療保障」
月払保険料:2,152円(参考、40歳男性の場合) 
保険料払込期間:終身

特徴

大事なところを選んでしっかり保障
7大生活習慣病もしっかりカバーし、特にがんに手厚い医療保険。
先進医療も、通算2,000万円まで保障。
インターネット申込でお得に
インターネット申込みなら、契約初年度の月払保険料が、毎月500円割引。
がんに手厚い
シンプルでも保障充実の医療保険、がんに手厚いプランのなかでも、リーズナブルです。

このほかにも、大同生命、ひまわり生命、あいおい生命、ソニー生命、日本生命、住友生命、明治安田生命、富国生命、メットライフ生命など、生命保険会社各社から掛け捨てタイプを中心に選んでみましょう。

また、保障年齢が合えば、全労災・JA共済・都道府県民共済など、共済の活用も低コストでありながら、入院保障・死亡時保障があり、おすすめです。

その他税金・保険料控除などの留意点

・死亡保障が付加するタイプについては、契約者、被保険者と受取人が異なる場合、受取人には贈与税がかかります。

相続税の方が税率が低率ですので、留意して受取人は契約者にするか、契約者・被保険者を同じにするか、いずれかにしておきましょう。

保険料の節約

確定申告の際は、医療保険料の控除を利用しましょう。他の控除と合わせて、12万円までが認められます。

控除額を正確に計算するためには、保険料の控除証明書が保険会社から送られるので保管しておき、年末調整・確定申告の書き方については、保険会社の用意している記載例などに従って書くようにしましょう。

まとめ

以上の通り、医療保険は、基本的に解約返戻金がないタイプで、保障のニーズに合わせて無駄なく選択することが必要です。解約返戻金は、生命保険などほかの商品で期待したほうがよいでしょう。

医療保険商品は、非常に多く、保険料の比較だけでも非常に大変な場合があります。無料相談窓口などを通してFPなど専門家のアドバイスも受けるとより後悔のない保険選びができるでしょう。