がん保険
がん保険には何歳から加入すべき?加入率やリスクから答えを紐解く!

がん保険には何歳から加入すべきか

日本人のふたりにひとりはがんに罹患する時代。がん保険に加入して備えておきたいとは思っても、何歳から加入すべきか悩んでいませんか?

特に若い方にとってがんは現実的なものではなく、「もっとずっと先になってから」というイメージを持ちがちです。

たしかに、がんは高齢になるにつれて罹患率が高くなっていきますが、若い年齢でも罹患する方がいます。つまり、何歳でもがんへの備えは必要だといえるのです。

そこで、本記事では、がん保険には何歳から加入するのがベストなのか、いくつかのデータをもとにプロ目線で答えを紐解いていきます。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

がん保険は何歳から加入するのがベスト?

ではさっそく、がん保険には何歳から加入するのが良いのか、次のデータから考えていきましょう。

  • がん保険への加入率
  • がんの罹患率

「がん保険への加入率」のデータでは、他の方が何歳からがん保険に加入しているのかがわかり、「がんの罹患率」のデータでは、がんに罹患するのは何歳くらいからが多くなるのかがわかります。

これらを考え合わせることで、何歳からがん保険に加入しておくのがベストなのかが見えてきます。

がん保険の加入率から分析

がん保険に加入する方は何歳くらいから加入しているのか、20歳代から60歳代までの年代ごとのがん保険の加入率を見てみましょう。

年代 男性(%) 女性(%)
20歳代 22.0 28.9
30歳代 46.3 46.5
40歳代 52.8 49.2
50歳代 46.8 43.1
60歳代 42.2 39.0

【参考:生命保険文化センター「令和元年度「生活保障に関する調査」】https://www.jili.or.jp/research/report/pdf/r1hosho/p037-079.pdf

男性女性ともに、30代からがん保険に加入する方が急激に増加しています。30代になると、仕事が安定してきたり家庭を持ったりするタイミングがあるので、がん保険への加入を検討する方が多いのです。

その後、40代で加入率はピークを迎え加入率はなんと50%前後に。約2人に1人ががん保険に加入していることになります。30代からもそうですが、約半数の人ががん保険に加入しているとなると、このあたりの年齢から加入するのが正解と言えそうですね。

がんのリスク(罹患率)から分析

では、次にがんに罹患するのは何歳くらいからが多いのか、年代ごとの罹患率を見ていきましょう。

国立がん研究センターの「最新がん統計」の調査結果によると、男女ともに30代後半からがんに罹患する方が増え始め、年齢とともに罹患率が増加していきます。

先に紹介したがん保険の加入率も、男女ともに30代からがん保険へ加入する人が急激に増加していましたね。

これらの事実から、「何歳からがん保険に加入するべきか」という問いには、「30代から加入するのベスト」という答えが導き出せます。もし、あなたが30歳以降の年齢であれば、ぜひこれを機にがん保険への加入を検討してみましょう。

30代におすすめのがん保険は?選び方や必要性を保険のプロが徹底解説

若いうちに加入するメリットとデメリット

ご紹介してきましたように、がんに罹患するのは30代後半からが多くなるため、何歳から加入しておけばいいのか悩んだ場合は、その前にがん保険に加入しておくと安心です。

しかし、若いうちからがん保険に加入することに疑問を持つ方もいるかもしれませんので、早めにがん保険に加入することのメリットとデメリットを確認していきましょう。

若い年齢で加入することのメリット

ではさっそく、若い年齢でがん保険に加入するメリットからみていきましょう。主なメリットには以下の4つがあります。

1.若いうちに加入するほど保険料が安い

がん保険をはじめ生命保険全般にいえることですが、若い年齢で加入するほど支払う保険料が安くなります。

がんの罹患率は年齢とともに高くなっていきますので、保険会社にとっては給付金の支払いリスクが高くなっていきます。

しかし、若い年齢のうちはがん罹患率も低いため、保険会社の支払いリスクも小さく、保険料が安く済むのです。

また、終身型のがん保険に加入すると保険料は一生涯変わりませんので、何歳になっても安い保険料のままで保障を付け続けることができます。

2.告知内容に問題がない(少ない)うちに加入できる

がん保険に加入する際には「告知」といって、これまでの病気やけがのことや現在の健康状態について正直に申告する必要があります。

保険会社ではその告知内容をもとにがん保険を引き受けるかどうかの審査を行いますが、これまでにがんと診断されたことがあったり、健康状態が思わしくなかったりすると、がん保険に加入できない可能性があります。

一般的に年齢が若い程健康状態が良好なことが多いので、何歳から加入すればいいのか悩んだら、早いうちの加入がおすすめです。

3.お金のかかる時期の経済的リスクに備えられる

ご紹介しましたように、30代後半になるとがん罹患率は徐々に上昇しはじめます。

30代後半というと、子どもがまだ小さくこれから教育費がどんどん必要になる年齢です。また、住宅ローンを組む方も多くなる年齢でもあります。

そういったお金のかかる時期にがんに罹患して治療のために休業せざるを得なくなると、経済的にダメージを受けてしまいます。しかし、がん保険に加入していれば必要な保障を何歳でも受けられるので経済的なリスクを軽減することができます。

4.免責期間を経過しておくことができる

がん保険には「免責期間」といって、一般的に90日間(3か月間)の保障の対象外となる期間が定められています。

免責期間は加入者間の公平性を保つ上で大切なもので、何歳で加入したかにかかわらず、この期間中にがんと診断されても給付金は受け取れず契約が無効となってしまいます。

ご自身ががんに罹患するリスクがあるのか、またがんに罹患するのは何歳なのかは誰にもわかりません。

リスクの高まる年齢にこの免責期間がぶつかってしまうと不安ですが、罹患率の低い年齢のうちに経過しておけば保障対象外の期間を問題なくクリアできるでしょう

若い年齢で加入することのデメリット

一方で、若いうちにがん保険に加入するデメリットもありますので、しっかりと確認しておきましょう。

保障内容が時代の変化についていけない

医療の進歩にともなって、がん治療においても日々新しい技術が開発・研究されています。

しかし、たとえば25歳のときに加入したがん保険を40歳代50歳代でも加入し続けている場合、加入時の保障内容のままとなってしまい、新しい治療技術に対応できなくなっている可能性があります

また、以前のがん治療は入院によるものがメインでしたが、近年は通院による治療が増えているということもあります。

若いうちに加入したほうがいいとはいえ、保障内容が合わなくなるのは問題です。

「では何歳で加入すればいいの?」という疑問が出ますが、若いうちに加入したがん保険でも定期的に保障の直しをすることで、保障内容の変化にも対応することができます。

がん罹患率が低いので保険料を損した気持ちになる

若いうちはがんに罹患する可能性が低いので、どんなに保険料が安くても「保険料を払って損している」という気持ちになりやすいです。

しかし、がんに罹患するリスクはゼロではないうえ、何歳に罹患するのかもわかりません

そもそも保険とは「万が一のときの備え」のためにあるものなので、保険料を支払うのがもったいないと思ったときは、改めてがん保険に加入していることの意味を確認することをおすすめします。

がん保障は何歳まで必要か

ここまでは、がん保険に何歳までに加入するのがいいのかについて見てきましたが、ここからは「何歳までがん保障が必要か」について確認していきましょう。

記事の前半でご紹介した「年代別の加入率」にもあるように、50歳代男性で46.8%、女性で43.1%、60歳代男性で42.2%、女性で39.0%の方ががん保険に加入しています。

60歳代以降はがん罹患率も大きくなっていくことから、がん保険に加入しておく必要性は高いといえます。

がん保険には85歳まで入れる商品もありますが、高齢になってからがん保険に新規加入するとなると保険料は高額になるため、支払い負担が大きくなります。

「何歳ごろから保険料が高くなるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんので、ここで参考までに、同じ保険に同じ保障内容で加入した場合に、何歳のときにどのくらいの保険料になるのか比較してみましょう。

例として、アクサダイレクト生命の「がん終身」保険に加入する場合でシミュレーションしてみます。

【がん保険加入条件】

保障項目 保障内容
がん診断給付金 100万円
がん入院給付金 1万円/日
抗がん剤治療給付金 10万円/月
がん手術給付金 10万円/回
がん先進医療給付金 通算500万円まで
退院後療養給付金 10万円/回

上記の加入条件で、男性女性ともに20歳から60歳の10年刻みで加入した場合の保険料は以下の通りです。

加入年齢 男性 女性
20歳 1,710円 1,560円
30歳 2,360円 2,160円
40歳 3,440円 3,240円
50歳 5,280円 4,370円
60歳 8,290円 5,460円

男性を見てみると、50歳以降に加入する場合、格段に保険料が高額になることがわかりますね。

しかもがん保険は掛け捨てタイプが主流なので、中途解約しても解約返戻金はないか、あったとしてもごく少額なことがほとんどです。

高額な保険料を掛け捨てにしてしまうのはもったいないのであれば、やはり早期加入で保険料を安く抑えた方がお得です

がん保険には何歳から契約できる?

がん保険に加入するのは若いほどいいということをお伝えしていますが、では一番若い場合何歳で加入することができるのでしょうか?

実は、最も早いがん保険では0歳から加入することもできるのです。もちろん商品によって最年少の設定は異なりますが、0歳から加入できるものもあります。

とはいえ、国立がん研究センターのがん情報サービスによると、2009-2011年の小児がん(0~14歳)罹患率は人口10万人あたり12.3例という結果が出ています。同様に、15~19歳では14.2例です。

0歳から19歳までの罹患率は大変低いことから、がん保険に加入する必要性は低いといえますが、もし備えたいのであれば何歳の子どもでも加入することは可能です

【参考:国立がん研究センター「がん情報サービス」】https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/child_aya.html

まとめ

がん保険には何歳までに加入すればいいのか、その答えは30歳前半までに加入することがおすすめといえます。

30歳後半くらい以降はお金のかかる時期が続きますが、がんに罹患して収入が減少した場合でもがん保険でカバーすることができます。

また、がん保険には基本的に何歳でも加入することができますが、高齢になってから加入するほど保険料が高額になります。

やはり、若いうちから加入し安い保険料でしっかりとしたがん保障を付けておくことがベストといえます。