医療保険
入院一時金タイプの医療保険とは?メリットや日額給付との比較を解説

入院一時金タイプの医療保険のメリットは?

入院一時金タイプの医療保険とは?メリットや日額給付との比較を解説

ケガや病気に備えて加入する医療保険には、受け取れる保障の内容によってさまざまなタイプが存在します。

なかでも、入院時に一時金を受け取れるタイプの医療保険は、近年の医療事情にも対応しているため、内容をきちんと理解しておきたいところです。

この記事では、入院一時金タイプの医療保険について以下の3つの点を解説していきます。

  • 入院一時金タイプのメリット・デメリット
  • 医療保険の保障額を決める基準
  • 注意すべき入院一時金が受け取れないケース

入院一時金タイプの医療保険に加入したい方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

一時金タイプは一定額の入院保障を受けられる医療保険

一時金タイプは一定額の入院保障を受けられる医療保険

入院一時金が受け取れるタイプの医療保険では、入院日数に関係なく一定額の給付金を受け取ることができます。

そのため、短期入院の場合であっても、長期間の入院と同額の保障を受けることが可能です。

一方で、日額保障タイプの医療保険は入院日数に応じて給付金を受け取ります。

長期入院であれば多額の給付金を受け取ることができますが、数日間で退院できた場合には十分な保障を受けられない可能性があります。

したがって、入院一時金タイプの医療保険は、日額保障のタイプと比べて「短期入院に強い」という特徴を持っています。

治療時の入院日数は減少傾向にある

病気やケガで治療を受ける際の入院日数は減少傾向にあります。

厚生労働省の「患者調査」によると、平成2年に44.9日だった退院患者の平均在院日数は、平成29年に29.3日まで減少しました。

そのため、入院日数が少なくても給付金を受け取れる一時金タイプの医療保険は、近年の医療事情に適していると言えます。

例えば、元々がんの治療は長期入院による治療がほとんどでした。

しかし、最近では、短期入院や通院治療で治せるケースも増えてきており、日額給付の入院保障では十分な保障を受けられない可能性があります。

昔契約した医療保険は現在の医療の状況に適していないケースもあります。

ご自身が加入している医療保険を定期的に見直し、短期入院や通院治療でも保障を受けられるタイプの保険商品を探しましょう。

特約で日額保障に上乗せすることも可能

すでに加入している医療保険が日額給付のタイプであっても、一時金保障を特約で上乗せできる場合があります。

特約で上乗せすると、日額給付の保障と入院一時金保障を両立させることができます。

例えば、入院一時金保障で短期入院にも備えつつ、入院が長期化しても日額給付金で充実の保障を備える、ということが可能です。

ただし、特約を付ける場合はその分保険料の負担が大きくなることに注意が必要です。

ご自身に必要な保障額とかかる費用のバランスを比較して、最適な医療保険を選ぶことをおすすめします。

医療保険の保障額はどうやって決める?

医療保険の保障額はどうやって決める?

日額保障や一時金タイプの医療保険に加入する場合、保障額をいくらに設定するかが大切です。

しかし、保障を充実させ過ぎて保険料の負担が大きくなったり、保険料負担を抑えるために保障が不足してしまったりと、バランスの良い保障額を備えるのが難しいでしょう。

過不足のない保障額を設定するためには、公的医療保険制度の内容と入院時の自己負担を理解しておく必要があります。

これから医療保険に加入しようと考えている方は、こちらを参考にしてみてください。

公的制度の内容

日本は公的医療保険制度があり、70歳未満の方の医療費自己負担額は3割となります。

例えば、1万円の医療費がかかった場合、実際に窓口で支払うのは3,000円です。

また、自己負担額が一定の上限額を超えた場合に払い戻される「高額療養費制度」を利用することもできます。

収入ごとに定められた一定額以上の医療費を自己負担した場合、上回った差額分を後日払い戻しを受けることが可能です。

つまり、公的制度を利用することで、ある程度の医療費負担をカバーすることができるということになります。

入院時の自己負担

公的制度を利用できるとは言っても、すべての医療費をカバーできるわけではありません。

入院中の食事代や個室を利用した場合の差額ベッド代、先進医療による手術費用などは公的医療保険の対象外です。

そのため、民間の医療保険は公的医療保険制度のサポートとしての役割を担っていると言えます。

生命保険文化センターによる「直近の入院時の自己負担費用」の調査では、自己負担費用の平均は20.8万円となっています。

入院一時金が給付されるタイプの医療保険を利用する際は、自己負担の費用を踏まえて保障額を決定しましょう。

一時金タイプのメリット・デメリット

一時金タイプのメリット・デメリット

次に、入院一時金タイプの医療保険のメリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。

医療保険への加入を検討している方は、事前に確認しておきましょう。

メリット

入院一時金タイプのメリットは、短期入院であっても一定の給付金を受け取れる点です。

現在は入院日数が減少してきており、今後もさらに短期化していくことが予想されるため、短期入院に備えることが大切になっていきます。

例えば、ケガをして5日間の短期入院をした場合。

1日1万円の日額保障タイプの医療保険では5万円の給付金を受け取れますが、10万円の一時金がもらえるタイプの場合はより多くの給付金を受け取れます。

十分に給付金を受け取れる入院一時金タイプであれば、公的医療保険制度の対象とならない自己負担額もしっかりとカバーすることができます。

デメリット

入院一時金タイプは短期入院に強い一方で、長期化する入院や複数の入院を繰り返すケースでは費用が不足してしまう可能性があります。

例えば、がんによって30日間の入院となった場合。

1日1万円の日額保障タイプの医療保険では30万円の給付金を受け取れますが、一律10万円の入院一時金タイプでは10万円以上の給付金を受け取ることができません。

また、治療が長引くと一度退院した後に再入院するケースも出てきます。

退院から再入院までの期間が短いと、2つの入院が1回の入院としてカウントされてしまい、一時金が一度しか受け取れない場合もあります。

長期にわたる治療の場合には、入院一時金タイプで十分な保障が受けられない可能性があることを把握しておきましょう。

入院一時金を受け取れないケースに注意

入院一時金を受け取れないケースに注意

一定のケースに該当すると、入院一時金を請求できない場合があります。

どのようなときに給付が受けられないのか、事前に確認しておきましょう。

給付の対象とならない入院の場合

入院一時金タイプの医療保険は、治療のために入院する場合に給付金が受け取れます。

そのため、治療行為ではない以下のような入院の場合は、一般的に給付の対象外となるので注意が必要です。

【医療保険の対象外となる入院】

  • 美容整形手術
  • 疾病を原因としない不妊手術
  • インプラント
  • 正常分娩
  • 健康診断のための入院

上記の入院では、日額給付金・入院一時金ともに受け取れないケースが多いことに注意しておきましょう。

免責事由や告知義務違反に該当した場合

医療保険では、保険会社が設定する免責事由に該当すると給付金が支払われません。

例えば、無免許運転による事故や泥酔状態でケガをした場合、保険会社は保険金の支払いを免除されます。

また、契約時に告知した内容が事実と相違していた場合にも、告知義務違反として入院一時金などが支払われません。

保険金支払いの対象外となるケースについては、契約時に受け取る約款に記載されています。

約款が交付されたら、記載されている内容を確認しておきましょう。

医療保険のタイプに迷ったらFPに無料相談してみよう

医療保険のタイプに迷ったらFPに無料相談してみよう

ここまで入院一時金タイプの医療保険について解説してきましたが、どのようなタイプの保険に加入するべきかお悩みの方も多いでしょう。

そんな方は、保険相談窓口で専門のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみることをおすすめします。

各保険会社で提供されている商品の特長を理解したFPが、相談者のライフプランに合わせた適切な医療保険や生命保険の資料を提案してくれます。

自宅でオンライン相談してくれるケースもあるので、気軽に保険相談できるのも魅力的です。

これから医療保険に加入しようと考えている方や、すでに加入している保険を見直したい方は、一度保険相談窓口で相談してみてはいかがでしょうか。

その他、当サイトでは医療保険の選び方も紹介しています。あなた自身に合った医療保険を選ぶ助けとなるので、ぜひご興味のある方はご覧になってください。

【年代別】失敗しない医療保険の選び方をプロのFPが徹底解説!

まとめ

この記事では、医療保険の入院一時金タイプの特徴やメリット・デメリット、保障額を決定する基準について解説してきました。

入院一時金タイプは、入院日数に関わらず一定の一時金を受け取ることができるため、短期入院でも充実した保障を受けることができます。

一方で、入院が長期化する場合には給付金が不足する可能性があることに注意が必要です。

また、入院一時金タイプと日額給付タイプのどちらの医療保険にするかお悩みの方は、FPに無料相談してみましょう。

商品の特長をもとに最適な保険プランを提案してくれるため、保険選びをしている方におすすめのサービスです。

ご自身に必要な保障額と保険料の負担を踏まえて、適切な医療保険を探してみましょう。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

RAKUYAでは、生命保険・医療保険など各種保険を専門に無料でご相談を受け付けております。
長い付き合いとなる各種保険、ぜひ専門家に相談してみませんか?

 

関連記事