がん保険
マニュライフ生命の「こだわりがん保険」には要注意!特徴と注意点を解説

マニュライフ生命の「こだわりがん保険」には要注意!特徴と注意点を解説

マニュライフ生命の「こだわりがん保険」には要注意!特徴と注意点を解説

マニュライフ生命のがん保険って、実際のところどうなのでしょうか?保険料や保障内容などがどういったものか、どういった評価を受けているのか、気になるところですよね。

そこで、本記事ではFP資格を持ち保険代理店勤務の経験もある私がマニュライフ生命のがん保険について独自の見解を交えて解説しました。

  • マニュライフ生命のがん保険の評価
  • マニュライフ生命のがん保険の特徴
  • マニュライフ生命のがん保険の保障内容

上記3点について詳しく解説してあるので、マニュライフ生命のがん保険についてお調べの方はぜひ続く内容をご覧ください。

※本記事はマニュライフ生命の公式サイトを参考に独自の見解などを交えて執筆しております。更新のタイミングなどによっては情報が異なる場合がございますので、その際は公式サイトの情報を優先されるようお願い申し上げます。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

マニュライフ生命の「こだわりがん保険」を一言で表すと…

マニュライフ生命のがん保険の評価を一言で表すと、「保障は手厚いが保険料が高い」です。

がん保険は保障内容や年齢などの条件によって保険料が異なりますが、ある保険比較サイトの情報によるとマニュライフ生命のがん保険の月払い保険料は4,000円弱となっています(30歳男性の場合)。マニュライフ生命と同じ終身タイプのがん保険の一般的な保険料は、2,000~3,000円ほどです。したがって、マニュライフ生命のがん保険は少々高めの保険料であることが分かります。

なので、貯蓄に余裕があって、「がん保険は保障の手厚さで選びたい」という場合は、マニュライフ生命のがん保険への加入を考えてもいいかもしれません。

マニュライフ生命の「こだわりがん保険」の特徴・注意点

がん保険を選ぶときは、保険商品の特徴を確認することが大切です。その上で、他のがん保険と比較しながら自分にあうものを契約します。

この章では、マニュライフ生命のがん保険が持つ以下の特徴を詳しく解説します。あわせて注意点もチェックしましょう。

  • 高めの保険料と非喫煙割引
  • 入院・通院・手術への給付金は特約扱い
  • 料金シミュレーションができる

高めの保険料と非喫煙割引

マニュライフ生命のがん保険は、タバコを吸わない非喫煙者に対して保険料が割安になる非喫煙者保険料率(ノンスモーカー料率)を設定しています。非喫煙者であればマニュライフ生命の標準保険料よりもお得にがん保険に加入できるため、大きなポイントと言えるでしょう。

また、被保険者の血圧が所定の基準を満たしいていれば、優良体保険料率(ノンスモーカー優良体料率)が適用されます。この保険料率が適用されれば、さらにお安くマニュライフ生命のがん保険に加入できるでしょう。

ただし、マニュライフ生命のがん保険は非喫煙者保険料率や優良体保険料率が適用された状態でも、他社と比較すると若干保険料が高めに設定されています。保険料の安さを重視するなら、評判が良い別のガン保険を契約した方が納得できるでしょう。

その他、喫煙者の方はそもそも保険料が割引されるこれらの制度を利用できないため、非喫煙者保険料率や優良体保険料率による割引はデメリットに感じてしまうかもしれません。

なお非喫煙者保険料率や優良体保険料率が適用されるかどうかは、マニュライフ生命の喫煙検査の結果によって決まります。場合によっては、がん保険の契約が難しいこともあるため注意が必要です。

入院・通院・手術への給付金は特約扱い

後ほど詳しく解説しますが、マニュライフ生命のがん保険の主契約はガンと診断されたときに受け取れる診断一時金のみです。その他の給付金は主契約に組み込まれていない、シンプルながん保険になっています。

そのため、ガンによる入院や通院、手術に対する保障を用意したい場合は主契約に特約を付帯する必要があります。「がん保険に加入すれば、ガンに関するすべての治療などに対して保険金がおりる」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、マニュライフ生命の場合は保障内容が診断一時金だけとなっているため、ガン治療が長引いたときなどに資金が足りなくなる恐れがあります。

加えて、マニュライフ生命のがん保険に加入する際は、将来ガンになった場合にどのような保障が必要かをあらかじめ考えなければいけません。がん保険にあまり詳しくない人や保険契約に時間をかけたくない人にとっては、デメリットに感じる点と言えるでしょう。

料金シミュレーションができる

マニュライフ生命は公式サイト上で、契約前にがん保険の料金シミュレーションが可能です。性別と年齢、喫煙歴の3つを入力するだけで簡単に計算できます。

あくまでも保険料は概算になりますが、マニュライフ生命のがん保険に加入した場合、毎月どれくらいの費用が発生するのか確認できます。

パソコンだけでなく、スマホからでも料金シミュレーションできるので気になる方はぜひこの機会にご利用ください。

マニュライフ生命「こだわりガン保険」の保険料シミュレーションツールはこちら

保障・特約の内容を解説

続いて、マニュライフ生命が販売しているがん保険「こだわりガン保険」の基本的な保障内容や特約を確認します。自分が希望するがん保険の保障が手に入れられるかチェックする際に役立ててください。

主契約は診断時の「一時給付金」

マニュライフ生命のこだわりガン保険の主契約は、「ガン診断給付金」のみのシンプルな内容になっています。ガン診断給付金の保障内容は大きく3つに分けられるため、それぞれのポイントを確認しましょう。

ガン診断給付金1:悪性新生物診断給付金

悪性新生物診断給付金とは、医療機関などで初めてガンと診断された場合にマニュライフ生命から支払われるものです。ガン治療の入院の際に保険金がおりるこもあり、金額は一律100万円となっています。

なお給付金の支払いは2年に1度が限度ですが、受け取り自体は何回でも可能です。

ガン診断給付金2:悪性新生物診断給付金(重度ステージ診断確定時)

ガンのステージがⅢもしくはⅣであると診断された場合は、給付金が上乗せされます。マニュライフ生命では脳のガンや白血病など特定ガンに罹患した場合にも、保険金が上乗せされる仕組みです。

悪性新生物診断給付金(重度ステージ診断確定時)の保険金額は、前述の悪性新生物診断給付金とは別に100万円となっています。

ガン診断給付金3:上皮内新生物診断給付金

上皮内新生物診断給付金とはその名の通り、上皮内のガンと診断された場合にマニュライフ生命から支払われる保険金です。マニュライフ生命の場合、初めて上皮内新生物と診断された際に以下いずれかの低い方の金額が上皮内新生物診断給付金となります。

  • 悪性新生物診断給付金×50%
  • 100万円

7種の特約

マニュライフ生命のがん保険には、以下7つの特約の付帯が可能です。

  • ガン入院特約
  • ガン通院特約
  • ガン手術・放射線治療特約
  • 抗ガン剤治療特約
  • ガン緩和療養特約
  • 悪性新生物保険料払込免除特約
  • ガン先進医療特約

こだわりガン保険の特約1:ガン入院特約

マニュライフ生命のガン入院特約は、上皮内新生物もしくは悪性新生物を治療するために医療機関へ入院した場合に給付金が支払われる特約です。

支払い日数は無制限で1日あたり、5,000~20,000円の保険金を受け取れます。

こだわりガン保険の特約2:ガン通院特約

マニュライフ生命のガン通院特約は、ガン治療のために通院する際に保険金が支払われます。上皮内新生物でも保険金は発生しますが、退院から365日以内の通院でなければ保障が利かないため注意しましょう。

支払い日数は通算無制限ですが、1回の通院期間において60日が限度です。1日あたり2,500~10,000円の保険金が支払われます。

こだわりガン保険の特約3:ガン手術・放射線治療特約

マニュライフ生命のがん保険にガン手術・放射線治療特約を付帯すると、放射線治療を受けた際に1回あたり5~30万円の保険金が支払われます。

こだわりガン保険の特約4:抗ガン剤治療特約

抗ガン剤治療特約をマニュライフ生命のがん保険の主契約に付帯すると、通算60回を限度に所定の抗がん剤治療を受けると保険金が支払われます。支払額はひと月あたり5~30万円です。

こだわりガン保険の特約5:ガン緩和療養特約

マニュライフ生命のガン緩和療養特約では所定の緩和ケアを受けた際に、通算12回を限度に給付金が出ます。支払額はひと月あたり5~30万円です。

こだわりガン保険の特約6:悪性新生物保険料払込免除特約

悪性新生物保険料払込免除特約を主契約に付帯すると、保険料を払い込んでいる期間中にガンになった場合に保険料の支払いが免除されます。

こだわりガン保険の特約7:ガン先進医療特約

がん治療のために先進医療を受ける場合に備えて、ガン先進医療特約が主契約を付帯していると安心です。通算2,000万円限度で先進医療の技術料相当額が保険金で賄えるだけでなく、ガン先進医療見舞給付金として療養1回あたり5万円がマニュライフ生命から支払われます。

他にオススメできるガン保険は?

がん保険はマニュライフ生命以外の保険会社でも取り扱われている商品です。今回は契約をオススメするガン保険として、アクサダイレクトの「がん終身」を紹介します。

アクサダイレクトの「がん終身」

アクサダイレクトとのがん終身は、診断給付金と入院給付金が基本保障になっています。また特約をプラスすることで、手術や先進医療などの保障も手厚くできるのがポイントです。

加えて保険料がお手頃なのもアクサダイレクトのがん終身の魅力です。例えば入院給付金5,000円、診断給付金50万円の最安プランに30歳男性が加入した場合の保険料は、月々925円です。

アクサダイレクトのがん終身が気になる方は、ぜひこの機会にご確認ください。

アクサダイレクトの「がん終身」公式サイト

まとめ

マニュライフ生命のがん保険は、一般的ながん保険と比較すると保険料が高めに設定されています。そのため、貯蓄に余裕があり、がん保険の保障を充実させたいと考えている人に向いています。

主契約の保障内容は診断一時金のみで非常にシンプルです。ガン治療で通院や入院、手術をする場合は特約を付帯することで保障内容を手厚くできる仕組みになっています。

お手頃な保険料で将来のガンのリスクに備えたいと考えている方には、アクサダイレクトの「がん終身」などがおすすめです。今回解説した内容を参考に、自分にあうがん保険を探してみましょう。