がん保険
ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」はあり?なし?特徴を解説

ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」はあり?なし?特徴を解説

ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」はあり?なし?特徴を解説

がん保険はいろいろな生命保険会社で取り扱われていますが、ライフネット生命でも「ダブルエール」という商品名のがん保険が販売されています。

本記事では、ライフネット生命のがん保険 ダブルエールについて詳しく解説します。多くの人から良い評判を得ているダブルエールの魅力をチェックしましょう。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • ライフネット生命のがん保険 ダブルエールが気になっている人
  • ダブルエールの保障内容や特約について詳しく知りたい人
  • 申し込み前にダブルエールに加入する際の注意点を確認したい人

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」とは

ライフネット生命のダブルエールは、がんの診断だけでなく、治療についても幅広く保障がきくがん保険です。加入者のニーズにあわせて、3つの保障プランが用意されているのが大きな特徴です。保障プランの具体的な内容については、後述するのであわせて確認してください。

先に、下表でダブルエールの基本保障と保険金額について、確認しておきましょう。

一時金・給付金名 一時金・給付金額
がん診断一時金 100~300万円
治療サポート給付金 月1回10万円
がん収入サポート給付金 年1回 がん診断一時金の半額
がん先進医療給付金 通算2,000万円

ライフネット生命のがん保険 ダブルエールの場合、生まれてから初めてがんと診断されるとたとえ治療前であってもがん診断一時金が支払われる仕組みの商品になっています。保険金額は50万円単位で設定可能で、皮膚の表面近くにできるがん「上皮内新生物」も保障可能です。

また、がんであることが確定した場合、 以降の保険料を支払わずに保障が継続する保険料払込免除も用意されています(※ベーシック、プレミアムのみ)。

ダブルエールの治療サポート給付金は回数無制限で、がんの3大治療(手術、抗がん剤治療、放射線治療)を受けた場合に保障が適用されるのが特徴です(※ベーシック、プレミアムのみ)。

がん収入サポート給付金があれば、治療の有無にかかわらずがんになった翌年から毎年「がん診断一時金×50%×最大5回」のお金がライフネット生命から支払われる点も忘れてはいけません(※プレミアムのみ)。

3つのプランの保障内容(主契約)

前述の通り、ライフネット生命のがん保険の商品プランは以下の3つに分けられます。

  • シンプル
  • ベーシック
  • プレミアム

それぞれ保障内容・保険料に違いがあるため、契約前に商品内容を比較して申し込みすべきものを決定することが大切です。

この章では、ライフネット生命のがん保険のプランについて、詳しく確認しましょう。

がん保険のプラン シンプル ベーシック プレミアム
がん診断一時金
治療サポート給付金 ×
がん収入サポート給付金 × ×
がん先進医療給付金 × 〇(選択可) 〇(選択可)

シンプル

ライフネット生命のシンプルがん保険の保障内容は、下表の通りです。

がん保険のプラン シンプル
がん診断一時金
治療サポート給付金 ×
がん収入サポート給付金 ×
がん先進医療給付金 ×

医師にがんと診断された場合に、一時金が支払われるがん保険となっています。治療サポート給付金やがん収入サポート給付金などの手厚い保障がないため、シンプルながん保険に申し込みたい人におすすめです。

ベーシック

ライフネット生命のベーシックプランのがん保険は、がん診断一時金だけでなく、治療サポート給付金も受け取れます。がんは再発しやすい病気で、治療が長引くことも多くになっています。こうした場合に、ダブルエールのベーシックを契約しておけば、がん保険で治療費を賄えるのが大きなメリットです。

また、がん治療のために先進医療を受けた場合に適用されるがん先進医療給付金も申し込みできる仕組みになっています。診断一時金だけでは心もとない場合は、ライフネット生命のベーシックタイプのダブルエールを契約すると良いでしょう宇。

ベーシックタイプのがん保険の保障内容一覧は、以下の通りです。

一時金・給付金名 ベーシック
がん診断一時金
治療サポート給付金
がん収入サポート給付金 ×
がん先進医療給付金 〇(選択可)

プレミアム

ライフネット生命のプレミアムタイプのがん保険は、がん診断一時金、治療サポート給付金、がん収入サポート給付金ととても手厚い保障内容になっています。

また、ベーシックタイプのダブルエールと同様に、がん先進医療給付金の申し込みも可能です。

がん治療にかかる費用だけでなく、治療期間中の収入減までしっかり保障できる商品を探している氷魚は、ライフネット生命のプレミアムタイプのがん保険を契約すると良いでしょう。

一時金・給付金名 プレミアム
がん診断一時金
治療サポート給付金
がん収入サポート給付金
がん先進医療給付金 〇(選択可)

ライフネット生命のがん保険「ダブルエール」の特徴

ライフネット生命のがん保険 ダブルエールには、他社の商品にはない特長があります。この章では、ライフネット生命のがん保険のポイントを確認しましょう。

就業不能にも対応した治療&収入サポートのダブル保障

ライフネット生命のがん保険 ダブルエールは、がんが原因で就業不能状態になった場合でも治療や収入をサポートしてくれる商品です。

就業不能状態になるきっかけの原因の6割は、がんと言われています。がんで就業不能になった人の経験談では、業務量の抑制などで年収が平均2割減っていたという話もあるようです。

万が一のときにがん治療に専念するためにも、ライフネット生命のがん保険 ダブルエールの契約をおすすめします。

ガン先進医療にも対応

先進医療とは、高度な医療技術を用いた療養のことです。厚生労働大臣によって対象となる治療が設定されています。

先進医療において覚えておきたいのが、健康保険が適用されず、技術料を全額自己負担しなければいけない点です。もし、がん治療で先進医療を受ける場合は、高額な医療費を負担することになります。費用の高さに先進医療を使った治療を諦めなければいけないケースもめずらしくありません。

しかし、ライフネット生命のがん保険 ダブルエールは、ガン先進医療に対応した保障があります。がんを治すために先進医療を受ける場合でも、ライフネット生命のダブルエールを契約しておけば安心です。

なお、ライフネット生命のがん保険では、上皮内新生物はがん先進医療給付金の対象外になるため申し込み時に気を付けてください。

「ダブルエール」で一時金などが支払われない状況

ライフネット生命のがん保険は多くの人から評判を得ている商品ですが、場合によっては保障対象外になるケースもあります。ダブルエールの契約を前向きに検討している人は、この章でどのような場合に一時金などが支払われないのか申し込み前に確認しておきましょう。

①責任開始日前にガンと診断された場合

責任開始日前とは、ライフネット生命などの保険会社が給付金や保険金の支払いなどの保障を開始する日を指します。がん保険の場合は、ライフネット生命に限らず、商品に申し込みをしてから90日間は免責期間です。したがって、申し込みから90日が経過するまでの間にがんの診断を受けても、がん保険の保障は適用されません。

免責期間が終了し、責任開始日を迎え、保障期間に入ってからがんの診断を受けた場合はがん保険の保障が適用される仕組みになっているため注意が必要です。

②上皮内新生物と診断される前にがんと診断された場合

上皮内新生物とは、皮膚の表面近くにできるがんのことです。ライフネット生命のがん保険では、「上皮内新生物と診断されるより前に、がんであることが分かっていた場合」に保障が適用されないルールになっています。

ただし、「上皮内新生物の診断を受けてから、がんであることが分かった場合」は、ライフネット生命のダブルエールの保障が適用されます。

がん保険に詳しくない人からすると少しわかりにくいかもしれませんが、約款に明記されているルールなのできちんと理解した状態でダブルエールを契約することが大切です。

③同一の月に複数の治療を受けた場合(治療サポート給付金)

ライフネット生命のがん保険 ダブルエールには、治療サポート給付金があるとお伝えしましたが、ひと月に複数回のがん治療を受ける場合、給付金の支払いは1回10万円になります。

ダブルエールは各月で治療を受ければ、その都度治療サポート給付金を受け取れる仕組みになっている商品です。できることなら、がん治療を受けるタイミングを検討することをおすすめします。

④複数の月に一連の治療過程を受けた場合(治療サポート給付金)

ライフネット生命のがん保険 ダブルエールは、複数月に一連の手術や放射線を受けた場合に治療サポート給付金の支払いが制限されることがあります。

例えば、1月と3月に続きのがん治療のための手術を浮けた場合は、1か月分の治療サポート給付金が支払われる契約となります。

詳しくは、ダブルエールの約款を契約前に確認してください。

まとめ

ライフネット生命のがん保険 ダブルエールは、他のがん保険とは少し違った保障内容を持ちます。がん治療に対する保障だけでなく、治療中の収入まで保障可能など、保障内容も柔軟で優秀であるためライフネット生命のダブルエールを選ぶ価値はあると言えるでしょう。

「がん治療のみならず収入減少などにも保険をかけておきたい」という人は、今回解説した内容を参考にライフネット生命のがん保険 ダブルエールの契約を検討してみてください。

ライフネット生命のがん保険 ダブルエール