生命保険(死亡保険)
生命保険の乗り換え時に絶対知っておきたい3つのコトを徹底解説

生命保険の乗り換え時に絶対知っておきたい3つのコトを徹底解説

生命保険の乗り換え時に絶対知っておきたい3つのコトを徹底解説

生命保険の乗り換えをすると、契約中の保険よりも保険料が安くなったり充実した保障が受けられるたりする場合があります。

加入している生命保険の内容に不満がある人は、乗り換えを手段のひとつとして検討することが大切です。

しかし、「乗り換えるべきタイミングはいつ?」「どんな生命保険に乗り換えるべき?」などの悩みをお持ちの方も多いことと思います。

本記事では、生命保険の乗り換え時に知っておきたい以下の3点について解説していきます。

  • 生命保険の乗り換えに適したタイミング
  • 生命保険を乗り換えるメリット・デメリット
  • 注意が必要な「保障期間の空白」について

さらに上記のポイントを踏まえて、乗り換えにおすすめの生命保険3選も紹介していきます。

生命保険の乗り換えについてお悩みの方は、ぜひ記事を参考にしてみてください。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

生命保険の乗り換えにふさわしいタイミング

生命保険は乗り換えは、主に以下のようなタイミングで検討することをおすすめします。

  • 結婚や出産で家族が増えるタイミング
  • 転職や退職のタイミング
  • 子どもが独立
  • 保険の更新時期

生命保険の乗り換えは、ライフステージが変化するタイミングに検討するのが最適です。なぜなら、ライフステージの変化に応じてご自身やご家族に必要な保障が変化するからです。

契約中の生命保険が変化した保障内容に対応できていない場合は、乗り換えを検討すると良いでしょう。

また、保険の更新時期には保険料が上がる場合が多く、保険料負担に見合った保障が受けられなくなる可能性があります。

契約中の生命保険の更新時期が到来したら、いま一度契約内容を見直したうえで乗り換えを視野に入れてみることをおすすめします。

更新や解約も視野に入れて見直そう

上記に挙げた乗り換えのタイミングは、更新や解約など生命保険を見直すタイミングでもあります。

保険の見直しで必要な保障を把握しておくと、「解約」「乗り換え」「更新」などの手段のなかから最適な方法を選ぶことができます。

例えば、契約中の生命保険を更新して保障額を減額することで保険料負担を下げられることが分かり、乗り換えや解約の必要がなかったというケースもあります。

ご自身に必要な保障内容などの見直しが済んでいない方は、まず先に見直しから始めると良いでしょう。別記事にて生命保険の見直しのメリット・注意点について解説していますので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

生命保険見直しのポイントはこれ!タイミングやしつこい営業の対処法

生命保険を乗り換えるメリット・デメリット

生命保険を乗り換える際のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。メリット・デメリットを比較したうえで、本当に乗り換えるべきか検討しましょう。

メリットは

生命保険を乗り換えるメリットは、「現在のライフステージに適した生命保険の契約ができる」という点が挙げられます。

すでにご紹介した通り、ライフステージによって必要な保障の内容は異なります。

契約中の生命保険で「保険料が高い」「必要な保障が受けられていない」という場合に、乗り換えることで最適な保険を選べることが大きなメリットと言えるでしょう。

また、最新の医療事情を踏まえた生命保険に加入できるという点もメリットです。なぜなら、昔契約した保険は現在の状況にそぐわない可能性があるからです。

例えば、がんの治療はもともと長期的な入院が必要でしたが、近年では短期入院や通院治療で対応できるケースが増えています。

契約中の保険が入院日数に応じた保障しか付いていない場合、通院治療では十分な保障が受けられない可能性があります。生命保険を乗り換えることで、最新の事情に適した保険を契約できるという点も重要です。

デメリットは

乗り換えるデメリットとしては、契約中の生命保険の解約返戻金が元本割れしてしまう可能性が挙げられます。

終身保険や養老保険などの貯蓄性がある生命保険は、満期を迎える前に解約すると「解約返戻金」を受け取ることができるケースが多いです。

一般的に、契約期間が長くなるほど解約返戻金の金額は高くなるため、早期で乗り換えをすると解約返戻金の額が元本を下回ってしまう可能性が高くなります。

乗り換えを検討する場合は、契約中の生命保険の解約返戻金などを踏まえてタイミングを計ることも考えておきましょう。ただ、もともと解約返戻金がない生命保険の場合は、あまり気にすることはありません。

絶対に注意すべき”保障期間の空白”

生命保険の乗り換えをする場合に注意しておきたいのが「保障期間の空白」です。

新しい生命保険の契約をする前に、現在加入している保険を解約してしまうと、保障が受けられない空白期間が生まれてしまいます。

空白期間に万が一のことがあった場合、保障を受けられなくなってしまうため注意が必要です。

保障期間の空白を無くすためには、正しい手順で乗り換え手続きを進める必要があります。

乗り換えの方法と手順を解説していきますので、空白期間がないように確認しておきましょう。

方法と手順を解説

それでは、生命保険を乗り換える方法と手順について解説していきましょう。

  1. 新たに契約したい生命保険を決定
  2. 新たに契約したい生命保険の申し込み手続き
  3. 保険契約の成立
  4. これまで契約していた生命保険の解約手続き

1.新たに契約したい生命保険を決定

複数の生命保険会社の資料などを見比べて、ご自身に適した保障が受けられる保険を探します。さまざまなプランをもとにじっくり検討しましょう。

2.新たに契約したい生命保険の申し込み手続き

加入を決定した生命保険の申し込み、健康状態の告知などを行います。

3.保険契約の成立

告知・診査が通り、保険料を支払うと保険契約が成立します。

4.これまで契約していた生命保険の解約手続き

新規で申し込んだ生命保険の契約が成立すると、これまで契約していた保険の解約手続きを進めます。

上記の手順で手続きを進めると、保障期間に空白ができることなく乗り換えることができます。新規で保険に申し込んでから契約成立までは、状況によって異なりますが10日ほどかかるケースが大半です。

乗り換え手続きにかかる時間を事前に把握しておきましょう。

乗り換えにおすすめの生命保険-3選-

ここからは、乗り換えにおすすめの生命保険を紹介していきます。

保険料を安くしたい方、保障内容を手厚くしたい方、貯蓄性がある保険にしたい方にそれぞれおすすめの生命保険を紹介します。

  • 保険料を安くしたい→「かぞくへの保険」
  • 保障内容を手厚くしたい→「FWD収入保障」
  • 貯蓄性のあるものに乗り換えたい→「終身保険RISE(ライズ)」

それぞれの特徴を紹介していきますので、「詳しく知りたい」「保険料のシミュレーションをしてみたい」という人は公式サイトをチェックしてみてください。

保険料を安くしたいなら「かぞくへの保険」

契約中の保険よりも安い保険料で保障を受けたい場合は、ライフネット生命の「かぞくへの保険」がおすすめです。

ネット保険ならではの圧倒的に安い保険料で、シンプルで充実した保障を受けることができます。

一定の保険金額までは健康診断書の提出が不要、オンラインで申し込みが完結するため手軽に手続きを進めることが可能です。

詳しい保障内容や保険料の見積もりは公式サイトでチェックしてみてください。

ライフネット生命の「かぞくへの保険」公式サイト

保障内容を手厚くしたいなら「FWD収入保障」

万が一の時に遺されたご家族の生活費を備えたい場合は、FWD富士生命の「FWD収入保障」がおすすめです。

お手頃な保険料で遺族年金や高度障害年金を備えることができるだけでなく、障害状態・要介護状態も保障してくれます。

良好な健康状態の方や喫煙をしない方は、割安な保険料率で申し込むことも可能です。

詳細な保障内容や相談をしたい方は、公式サイトをチェックしてみてください。

FWD富士生命の「FWD収入保障」

貯蓄性のあるものに乗り換えたいなら「終身保険RISE(ライズ)」

貯蓄性がある生命保険に乗り換えたいのであれば、オリックス生命の「終身保険RISE(ライズ)」がおすすめです。

保険料が一定のまま死亡保障が一生涯続き、ニーズに合わせた保険金額や払込期間を設定することができます。

死亡保障が不要となった場合に解約しても、解約返戻金があるためセカンドライフの資金準備などの貯蓄性も兼ねています。

詳細な保障内容や保険料シミュレーションを確認したい場合は、公式サイトでチェックしてみてください。

オリックス生命の「終身保険RISE(ライズ)」

まとめ

生命保険で必要な保障内容はライフステージによって異なります。ライフステージが変化するときや契約中の保険の更新時期に、乗り換えを検討することをおすすめします。

乗り換えをすると現在のライフステージや最新の医療事情に適した保険に加入することができます。

一方で、解約返戻金が元本割れするリスクについても把握しておきましょう。

実際に生命保険の乗り換えをする際には手順を確認し、「保障期間の空白」に注意しておくことが大切です。

本記事で紹介した手順を参考に乗り換えをしてみてください。