医療保険
富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」の特徴をわかりやすく解説

富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」の特徴をわかりやすく解説

富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」の特徴をわかりやすく解説

がん保険は、いろいろな生命保険会社で取り扱われていますが、本記事では富士生命のがん保険について詳しく解説します。富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」の概要や特徴、評判が気になる人は必見の内容です。

富士生命のガン保険が自分に必要な保障に対応しているか確認することにお役立てください。

この記事は、次のような人におすすめの内容です。

  • 富士生命のがん保険の保障内容やプランについて知りたい人
  • 生命保険各社のがん保険を比較している人
  • 他社と富士生命のがん保険の違いを理解したい人

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」って?

FWDグループの1社である富士生命は、がん保険や医療保険、制目保険などの保険商品を販売している会社です。1996年に事業を開始して以降、保険加入者にとって分かりやすいシンプルな保険商品の開発に力を入れています。

保険加入者の視点に経って必要ながん保障を用意したのが「FWDがんベスト・ゴールド」です。万が一、がんになった場合の治療費や入院・通院費を保障できるがん保険となっています。

なお、加入条件は、以下の通りです。

  • 被保険者の年齢が20~80歳(がん保険の契約日時点)
  • 健康状況などの告知

また、保険料の支払い方法は月払いと年払いがあり、口座振替やクレジットカード払いにも対応しています。

ここからは、富士生命が保険加入者の生活を考えて開発した「FWDがんベスト・ゴールド」の特徴や魅力について解説します。

富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」の特徴

富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」には、大きく4つの特徴があります。この章では、以下の特徴について詳しく解説します。

  • 最高300万円のがん診断給付金
  • 安心の一生涯保障つき
  • 上皮新生物も特約ではなく標準で保障
  • 保険料の払込免除も標準装備

それでは順番に、それぞれの内容をチェックしていきましょう。

①最高300万円のがん診断給付金

富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」は、初めてがんと診断される人に対して最高300万円のがん診断給付金が支払われます。

がんと診断されることは、誰も前もって知れません。貯金がないときや出費がかさんで家計が厳しい状況にある場合でも、がんである事実は突然突き付けられます。

したがって、ある程度まとまった金額のがん診断給付金があると、金銭的にも精神的にも安心です。

がん治療の幅が広がる可能性もあるため、富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」に加入するメリットは大きいと言えるでしょう。

②安心の一生涯保障つき

富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」は、加入後、一生涯にわたってがん保障が適用される商品です。

入院給付金や手術給付金などの主契約の支払事由に該当すれば良いため、長引く治療にも対応できるでしょう。

ちなみに、富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」のがん診断給付金は、1年1回であれば何度でも保険会社から保険金が支払われる保障になっています。

③上皮新生物も特約ではなく標準で保障

上皮新生物とは、皮膚の表面近くにできるがんのことです。一般的ながんと違って、上皮内にがんがとどまっているのが上皮新生物の特徴です。皮膚の組織である基底膜、間質にがんが侵入していない状態を指します。

一般的ながん保険は、上皮新生物は保障対象がんになるケースが多いです。しかし、富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」のがん保険は、これを標準で保障します。

医学上、上皮新生物は一般的ながんと判断されません。患部が皮膚の上部にあるため手術も簡単ですが、患者としてはがんという認識でしょう。放置しておけば、症状が進行して悪性新生物に変化する可能性もあるため富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」の保障を利用して早めに処置しておくことが大切です。

④保険料の払込免除も標準装備

一般的ながん保険だと、がんと診断されてから保険料の払い込み免除保障を受けるために基本契約に特約を付帯する必要があります。しかし、富士生命の「FWDがんベスト・ゴールド」は、保険料の払い込み免除が標準装備になっているのが特徴です。

特約を付帯するためには基本料金にプラスしてお金を支払う必要がありますが、富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」なら不要です。

万が一、がんになった場合に保険料の払い込みを考えず、治療に専念できるでしょう。

他のがん保険と何が違う?

富士生命の「FWDがんベスト・ゴールド」と他社のがん保険の大きな違いは、以下の2点と言えます。

  • 上皮新生物も特約ではなく標準で保障
  • 保険料の払込免除も標準装備

標準で、これだけの保障が適用されるがん保険はなかなかありません。

富士生命の「FWDがんベスト・ゴールド」は、がんと診断確定された時点でまとまった現金が入ってきます。そのため「この治療は保険適用されるのだろうか」と不安に思う必要がありません。基本的な治療であればお金の心配をせずに、がん治療に専念できるでしょう。

基本契約に手厚い保障が標準でついていて、特約のことなどを考える必要がないがん保険を探している場合は、富士生命の「FWDがんベスト・ゴールド」がおすすめです。

インターネットで見積もり・申し込みしよう

富士生命のがん保険は、インターネットで24時間いつでも見積もり・申し込みが可能です。

富士生命のがん保険の見積もり・資料請求はこちら

見積もりをする場合は、生年月日と性別を選択するだけで簡単にがん保険の保険料を確認できます。このとき、表示された見積もり画面で、診断給付金の額や保険料の払込期間、保険期間などを自由に設定できます。自分に必要な保障内容を選択して保険料を見ながら、いろいろとシミュレーションすると良いでしょう。

希望の癌保険の見積もりが終わり、保障内容に納得できたら、そのページからそのまま申し込めます。申し込みを保留して、がん保険について詳しい資料を請求する方法もあるので慎重に検討してください。

まとめ

富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」は、がん診断一時金が最大300万円で、保険料の払い込み免除が標準装備になっている商品です。

他社と違って、上皮新生物に対する保障も基本保障に組み込まれています。

富士生命のがん保険は、インターネットからいつでもどこでも簡単に保障内容を見積もり・申し込みできるのがポイントです。加入を前向きに検討している方は、以下サイトから手続きを進めてみましょう。

富士生命のがん保険「FWDがんベスト・ゴールド」