医療保険
医療保険は、貯金があればいらない?加入の必要性を改めて考える

医療保険は、貯金があればいらない?加入の必要性を改めて考える

医療保険は、貯金があればいらない?加入の必要性を改めて考える

民間の保険会社による医療保険は、日本では健康保険が「国民皆保険制度」であること、また高額療養費・子供の医療費助成などの手厚い公的制度から、必要のないものだ、とお思いの方も多いようです。

さらに、保険料を払うことを考えると、貯蓄がそれなりにあるからいらない、と考える方も少なくないようです。

しかし、実際には、医療保険は一律にいる・いらない、とは考えられず、生活状況や、ライフスタイル等に合わせて、医療保険はいる方と、いらない方に分かれると考えた方が合理的です。

この記事では、病気をするとどれくらいお金がかかるものなのか、また、医療保険の加入が必要な方はどんな方で、そうでない方はどんな方なのかについてご説明します。

加えて、加入の必要性が高い方におすすめの医療保険もご紹介しますので、保険選びの参考にしてみてください。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

医療費はどれくらいかかるか、医療保険はいらないのか

医療費はどれくらいかかるか、医療保険はいらないのか

医療保険がいる・いらないを考える前に、まず、病気をした場合に、医療費はいくらかかるのかが問題になります。

通常の保険診療での医療費に加え、最近の特にがん治療の進歩から考えると、高度先進医療・自由診療、そして差額ベッド代を考えて、トータルで医療費を考えるのが妥当と思われます。

高額療養費制度があるから医療保険はいらない?

日本の医療費は、健康保険制度と高額医療費制度により、入院して大手術を受けた場合であっても、自己負担分を軽減できるようにできています。

たとえば、脳卒中・心筋梗塞・がんなどの大きな病気で手術や入院が必要になっても、安心して療養できる場合がほとんどと考えられています。

3割負担、70歳未満の方が以下の病気で入院した場合でも、以下の表によれば、最終的な自己負担は90000円未満となります(厚生労働省平成29年「患者調査」より)。

疾病ごとの入院期間(日)・1日当たりの費用(円)・窓口支払額(円)

高額療養費適用後自己負担額(円)はそれぞれ厚生労働省の調べでは以下の通りです。

胃の悪性新生物(胃がんなど)

疾病ごとの入院期間(日):19.3
1日当たりの費用(円):15,100
窓口支払額(円):290,700
高額療養費適用後自己負担額(円):87,100

脳血管疾患(脳卒中など)

疾病ごとの入院期間(日):21.9
1日当たりの費用(円):14,600
窓口支払額(円):320,000
高額療養費適用後自己負担額(円):88.100

虚血性心疾患(急性心筋梗塞など)

疾病ごとの入院期間(日):28,000
1日当たりの費用(円):28,000
窓口支払額(円):241,000
高額療養費適用後自己負担額(円):85,500

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(歴月:1日から末日まで)で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する「高額療養費制度」があります。

上限額は、年齢や所得に応じて定められており、いくつかの条件を満たすことにより、負担を更に軽減するしくみも設けられています。

たとえば、同じ年に4回以上高額療養費制度の適用となる場合には、大幅に負担が軽減されるなどのしくみがあります。

高額療養費制度は、事前申請・事後申請の双方がありますが、急な病気の場合は、事前申請をしていることはあまりなく、事後申請で窓口負担分の払い戻しを受けることがほとんどかと思われます。

そうなると、窓口負担額をいったん立て替え払いできる貯蓄があれば、医療保険の必要はないのではないか、そんな風に思われる方も多いのではないでしょうか。

備えるべき事態は、貯金と健康保険でカバーできるのか?

備えるべき事態は、貯金と健康保険でカバーできるのか?

しかし、上記の医療費には

  • 差額ベッド代
  • 高度先進医療
  • 自由診療

のそれぞれ健康保険でカバーされない費用は入っていません。医療保険がいらない、と即断するのは、これらの要素を考えるととても難しいのです。

特に、高度先進医療・自由診療を受けても病気を治療するかどうかは、ご本人の意思・ご家族の状況に加え、治療に適した年齢の問題などもあり、一律に考えることはできません。

さらに、高額医療費制度も変化が毎年のように見られ、今後このような制度がどこまで続くのかも不透明さがあります

そこで、医療費がどれだけになるのか、そして医療保険がいるかいらないかの判断には、差額ベッド代・高度先進医療・自由診療を考慮に入れることが必要となります。

差額ベッド代はいくらくらいかかるの?

厚生労働省の中央社会保険医療協議会(平成30年11月)のデータによると、1日あたりの差額ベッド代の平均額は6,188円となっています。

ただし、

  1. 同意書での確認がとれていない場合
  2. 治療の都合上、個室に入院する必要があると医師が判断した場合
  3. 病院側の都合で差額ベッド代が必要な病室に入院した場合

には、差額ベッド代はいらないこととなっています。

「今ベッドが空いていないので、その間は個室、あるいは少人数の部屋に入ってもらう」といったことがありますが、この場合は、差額ベッド代がかかりません。

医療保険加入を検討するためには、差額ベッド代を疾病の入院平均日数で乗じて見積もると、かかる医療費の目安となるでしょう。

入院期間は、疾病により違いがありますが、年々短期化していることにも留意しておくとよいと思います。

高度先進医療費はどれくらいかかるの?

高度先進医療としてよく知られているのが、放射線重粒子治療・陽子線治療といったがんに関する医療です。

これらは200~300万円治療費としてかかるようです。指定の先進医療に関する費用は、医療保険なら高度先進医療特約でカバーできます。

自由診療とはどんなもので、いくらかかる?

これに対して、遺伝子治療・一部の免疫治療など、日本では承認されていないが海外の医療では承認されている治療法などで、先進医療として厚生労働省の指定を受けていない治療があります。

これらの治療は、一概にいくら、ということは言えませんが、がんの遺伝子治療の場合、100万円ほどから数百万円の費用がかかります。

自由診療に医療保険が使えるかどうかは、保険約款によりますが、主契約の医療保険のカバーの範囲内の病気により、治療法として自由診療を選択できる一定の場合に、特約でカバーされる医療保険があります。

なお、高度先進医療と自由診療をあわせて先進医療特約でカバーする等、名称、カバー内容はまちまちですので、医療保険の保障内容は具体的に確認するようにしましょう。

医療費<貯金ならいらない?加入が必要と思われる方とその根拠

医療費<貯金ならいらない?加入が必要と思われる方とその根拠

最も単純に医療保険がいる・いらないを考えるのであれば、医療費<貯蓄となれば、医療保険は必要ない、といえるでしょう。

医療保険は約款により、保障内容を自由に設定できますので、掛け金=保険料には幅があります。

そこで、保険料の安い保険で、上記のどこまでカバーできるか、そして貯金の額を考えて、医療保険の要否を考えるのが一つの判断基準となるでしょう。

ただ、どんな病気にかかるか、正確に予測することは難しい面がありますので、少し余裕をもった医療費の見積もりをしておくことが必要と思われます。

それと、療養期間と、医療費のかかる入院期間は異なるということも検討のために考慮すべきと思われます。

療養は、入院以外に数か月におよぶようなこともあり、その間、収入も減少すること、そして、医療費が出費として支出されると、実はダブルの影響があるということを考えておく必要があります。

以上からすると、

  • 貯蓄が医療費および予想される収入減少よりも少ない方
  • 今後、収入が減ってしまう・退職する予定があるなどで、貯蓄を減らしたくないと考えている方

は、医療保険に加入することが必要と考えておいた方がよいでしょう。

最近の医療保険は、年齢が高くても加入できる保険もありますので、50歳以上の方もだいぶ間口が広くなっていますので、貯蓄をどれだけ減らしてしまうか、心配、という方も、よく医療保険を検討されることをお勧めします。

ライフスタイル・ステージから医療保険の加入を検討したほうが良い方

ライフスタイル・ステージから医療保険の加入を検討したほうが良い方

さらに、医療費の見込みが特に立ちにくい・ライフスタイルやステージに合わせて考えると、医療保険の加入を考えた方がよい方がいらっしゃいます。

女性の疾患に備えて、妊娠前の方が加入する

特に、まだ妊娠されていない方は、自分のかかりやすい婦人科系の病気などを予測するようなことは難しいと思われます。また、異常分娩など思わぬ出費に備えるためにも、女性向け医療保険を検討してみましょう。

家族が増える予定の方

お子さんが生まれてすぐ、小児科系の病気について、入院を伴う長期療養を想定して加入することは、付き添いとそれに伴う費用・休業や、子供の病気による精神的ダメージなどを総合的に考えると、合理性があります。

もっとも、お子さんの医療費は、各自治体で助成があるので、あまり幅広く医療保険の保障を求めるのではなく、たとえば「長期療養でご家族の負担が特に重くなるような万が一の場合に備えて」と考えて、保険金は抑えておくとよいでしょう。

お子さんの場合、医療保険はいらない、とする意見が比較的多数ですが、その一方で、入院・長期療養になると、ご家族の負担が非常に大きくなるので、お得な保険で備えておくことの安心感は大きいのです。

自営業の方

自営業の方は、サラリーマンと異なり、傷病手当金が望めないことから、より保険加入の必要性が高いものと思われます。医療保険に加えて就労不能保険などの加入により、万が一の事態に備えておくとより安心です。

医療保険・保障の必要性を踏まえた保険商品選びとは?

医療保険・保障の必要性を踏まえた保険商品選びとは

以上から、

  • 貯蓄が少ない方・減らしたくない方
  • 妊娠前の女性
  • 赤ちゃん
  • 自営業の方

には、医療保険加入の必要性が他のケースと比較すると高いと考えられます。

それと同時に、医療保険には、様々なタイプのものがあり、上記の4タイプの方それぞれにあった保険を考えるとき、選び方・おすすめの医療保険は異なると考えられます。

貯蓄が少ない方・減らしたくない方向けの保険の選び方と、おすすめの保険

貯蓄がもともと少ない、減らしたくない方が月々の負担の多い保険に加入するのはあまり合理性がありませんので、まずお得な医療保険を選ぶことを重視しましょう。

ただ、あまりに保険料を節約すると、いざというときに支払いがない、ということも起こります。

入院給付金・手術給付金・診断一時金・高度先進医療特約または先進医療特約

といった、それぞれのカバー範囲と、カバーしている金額をよく確認し、かつ、お得な保険を選ぶようにしましょう。

インターネットで加入できる保険では、たとえば、エクセルエイド「普通保険」、くふう少額短期保険「私のあんしん」などの、コンパクトに入院・手術に備える、保険料がお得な医療保険もあります。

メディケア生命「メディフィットRe(リリーフ)」もネット加入が可能な特色のある医療保険で、健康に不安がある方でも加入でき、入院・手術給付金のほか、先進医療もカバーしています。

妊娠前の女性の保険選びの方法とおすすめの保険

女性の場合、異常分娩や流産・女性のがんなど、女性特有の疾病に手厚く備えて、その後の成人病リスクについては、男性よりも低い傾向にあるため、給付金を女性特有の疾病に手厚く設計することがもともと合理的と考えられます。

妊娠前のタイミングで加入できると、これからの分娩、特に異常分娩に備えることができることや、プランの選択の余地が大きくなることからメリットがあります。

ネットで加入できる終身型保険では、最も幅広く保障がついているチューリヒ生命保険の終身医療保険「プレミアムDX Lady」、がんに手厚いオリックス生命の医療保険「新CURE Lady」、アクサダイレクトの「終身医療・女性プラン」などは、妊娠前のタイミングなら保険料もお得です。これらの保険には先進医療特約付きです。

赤ちゃんのための保険選びの方法とおすすめの保険

赤ちゃんの場合、0歳から入れる保険に、0歳から加入をしておくことがおすすめです。最も保険料も軽くすることができます。

また、先にも少し触れました通り、お子さんの場合、各自治体で医療費自体には助成があります。そこで、入院が長期になるなど、ご家族の負担が特に重くなる事態にのみ備えておきましょう。

病気によりますが、長期の入院療養にも対応できる朝日生命「スマイルメディカルネクストα」や、ネオファースト生命「ネオdeいちじきん」のような一時金保険で備えるとよいでしょう。双方ともネット加入が可能です。

たとえば一時金だけのプランでも、長期療養の疲れをとるため、ご家族がヘルパーさんを使うなど、給付金を有効に使うこともできるので、保険金についてはできるだけ負担を軽くする方向で考えてみましょう。

自営業の方の保険選びの方法とおすすめの保険

自営業の方は、医療費の負担と、所得の減少に備えておく必要性があります。

医療保険に加入するのと同時に、「就労不能保険」として、病気やけがの場合に給付金が下りる保険を別契約として契約することとなります。

医療保険を選ぶとき、入院・手術・診断一時金と、高度先進医療または先進医療特約の保障範囲について、チェックしておくべきことは他の方と同様です。

これに加え、就労不能保険は、給付額が選べるプランが多数です。

給付額が多くなると、保険料が高めになりますので、どこまで支払い、給付を受けるか、いる部分・いらない部分のバランスを家計との見合いでよく考えたうえで加入しておきましょう。

なお、就労不能保険の加入年齢は55歳までなどで制限されることも多いので、加入をしておくなら早めの検討をお勧めします。

SBI生命「働く人のたより」アクサダイレクトの「働けないときの安心」ライフネット生命「働く人への保険2」などが就労不能保険としてランキング上位に入る人気の保険です。これらはすべてネット加入が可能です。

まとめ

以上から、医療保険がいる・いらない、と一律に決めることは難しく、必要性の高い方は加入を検討された方がよいこと、また経済的理由、ライフスタイル・ライフステージにより必要性が異なることもご説明しました。

貯蓄の額がどこまで医療のニーズを満たせるのかも、ライフスタイル・ライフステージによっては見通しを立てることが難しいのです。

一般的に保険料はお得にする方が生活費の圧迫がなく、加入もしやすいですが、保障の内容は具体的に確認して、納得いく保険選びをすることをおすすめします。FPなどに相談し、ライフプランを立ててみるのもよいでしょう。