がん保険
がん保険や医療保険に先進医療特約は必要?費用や確率などの実際の話

がん保険の先進医療

がん保険や医療保険には先進医療に対する保障を付けることができます。

先進医療は高額な治療費がかかるうえ、全額自己負担となるためがん保険で保障を付けておくと安心です。

しかし、先進医療に対する保障は不要との意見もあり、保障をつけるかどうか悩んでいる方もいると思います。

そこで、今回は、がん保険や医療保険の先進医療とはどのような保障をしてくれるのか、先進医療の特徴や必要性、保障を付ける際の注意点などについて詳しく解説していきます。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

医療保険やがん保険の「先進医療」とは

がんやその他の治療にはさまざまな治療法があり、その中に「先進医療」というものがあります。さて、そもそも先進医療とはどのような治療法を指すのでしょうか。まずはこれから解説していきましょう。

「先進医療」とは、厚生労働大臣が認める高度な技術を用いた治療法や技術・療養で、公的医療保険の対象外のものをいいます。

先進医療が公的医療保険の対象外となっている理由は、新たな高度技術による治療であるがために公的医療保険の対象にするかどうかを評価する段階にあるからです。

この先進医療は決して危険な荒療治といったわけではなく、有効性や安全性については一定の基準をクリアしています。それに、従来の治療方法では治せない病気やケガを治す可能性を秘めているため、最終的に頼りにされることも十分ある治療方法です。

さて、そんな先進医療ですが、他にも以下のような絶対に知っておきたい注意点があります。

  • 先進医療が受けられる場所は限られている
  • 先進医療の種類は常に入れ替わっている
  • 技術料は全額自己負担

では、それぞれの点についてわかりやすく簡単に確認していきましょう。

先進医療が受けられる場所は限られている

先進医療が受けられるのは、最新の医療機器や対応できる医療従事者がそろっている医療機関のみとなります。したがって、先進医療はどこの医療機関でも受けられるというわけではありません

つまり、あなたが入院・通院した病院によっては、そもそも先進医療という選択肢がないこともあるわけです。そうなると、先進医療というものがそもそもあなたに関係のあるものではない場合もありますね。

※先進医療がない病院が優秀ではないという事実は全くないので、ご安心ください。

ちなみに、先進医療の種類によって実施されている医療機関が異なり、厚生労働省のホームページで確認することができます。

先進医療を実施している医療機関の一覧|厚生労働省

実施している医療機関の多くは、大学病院、医療センター、がんセンターといったところがほとんどです。

先進医療の種類は常に入れ替わっている

先進医療の種類は常に入れ替わっています。令和3年2月1日現在では、先進医療は81種類が対象です。

このうち、その有効性や安全性が立証され公的医療保険の対象となると、先進医療という枠内からはずされ、通常の保険が適用される治療方法となります。逆に、研究の結果、先進医療から削除されることも。

このように、時代の流れとともに対象とするかどうかを検討していくため、今後増えることも減ることもあるでしょう。

技術料は全額自己負担

最後に一番重要なことですが、先進医療は公的医療保険の対象外であるため、先進医療を受けた分の技術料は全額自己負担となります。

特に、がん治療における先進医療が高額になりやすい傾向があり、実際に数百万円という治療費がかかることも(こちらはあとに詳しく解説します)。

したがって、先進医療が適用される治療では、高額な治療費の支払いなど、それ相応の準備というものが必要になってきます。

さて、先進医療がどんなものか確認できたところで、この記事の本題である「医療保険やがん保険に先進医療特約は必要なのか?」という話へ移っていきましょう。

がん保険や医療保険に先進医療特約は必要か?

まず、結論からハッキリお伝えしておくと、がん保険や医療保険に加入するのであれば、先進医療特約は必ずつけるべきです。しかし、世の中には先進医療特約は不要だと考える人もいます。なぜ、先進医療特約は不要と考えられるのか、まずはその理由から解説していきましょう。

先進医療特約は不要と考える人の意見

先進医療特約を不要と考える人の意見は唯一つ、「先進医療を使う可能性が低いから」です。確かに最もな意見と言えるでしょう。使う可能性が低いのであれば、お金を支払う必要性も低いようにも思えます。

さて、ここで、どれぐらいの確率なのか、ちょっと気になるところですよね。そこで、厚生労働省のデータをもとに簡単に計算をしてみました。

先進医療が適用される確率

厚生労働省の令和元年度実績報告によると、先進医療を利用した患者の数は年間で39,178人でした。それに対して、1年間で入院した患者の数は約1,300万人※となります。

平成29年(2017)患者調査の概況より

これらの数字から計算すると、入院した人の中で先進医療を受けた人の割合は約0.3%です。

  • 先進医療患者:約4万人
  • 入院患者:約1,300万人
  • {先進医療患者}÷{入院患者}×100=0.3%

たったの0.3%。ハッキリ申し上げると、かなり低いですよね。こんな確率ならまさか自分が先進医療を使うなんて、だれも考えないかと思います。

ただ、ここで強くお伝えしておくと、がん保険や医療保険はそのまさかに備えるために加入するものなのです。ここで、そのまさかといえる先進医療にかかったときの実際の費用を確認してみましょう。

先進医療にかかる費用の目安

先進医療にはどのくらいの費用がかかるのか、一部をご紹介していきます。

先進医療
技術名
先進
医療総額(円)
平均
入院日数(日)
年間
実施件数(件)
1件あたりの
平均先進
医療費(円)
高周波
切除器を用いた
子宮腺筋症核出術
44,519,272 11.4 147 約30万
陽子線治療 3,493,466,780 19.8 1,295 約270万
重粒子線治療 2,224,327,000 9.6 720 約309万
抗悪性腫瘍剤
治療における
薬剤耐性遺伝子検査
7,617,982 51.0 201 約38万
多焦点
眼内レンズを用いた
水晶体再建術
22,979,323,917 1.1 33,868 約68万
ウイルスに起因する
難治性の
眼感染疾患に対する
迅速診断(PCR法)
11,102,954 2.5 375 約3万
腹腔鏡下傍大動脈
リンパ節郭清術
163,175,714 9.8 187 約87万

【参考:厚生労働省「令和元年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告について」】

治療費が数万円で済む先進医療もありますが、中には300万円を超えるほどの高額な先進医療もあります。

数万円や数十万円の治療であれば貯蓄からまなかなえるという方もいると思います。しかし、300万円を超えるほどの高額な治療費となると、あまりにも家計へのダメージが大きいですよね。

そんな場合も、先進医療特約を付帯していれば、「最高2,000万円まで」などの保障を受け取ることができます。

先進医療特約は月数百円で付帯できる

先進医療にかかる費用が数百万円にもなる可能性があるのに対して、先進医療特約は月数百円で付帯することができます。

例えば、チューリッヒ生命の終身医療保険プレミアムDXでは、先進医療特約には月130円ほどの保険料がかかります。ちょうどジュース一本分くらいの支払いですね。

そして、月130円ということは、年間にして約1560円。10年間だと1万6千円ほどの計算です。

さて、あなたはこの金額をどう考えるでしょうか?それによって、先進医療特約が必要かどうかの意見が変わるかと思います。ただ、ここで筆者の意見をハッキリ申し上げておくと、10年間で1万6千円というのは大した金額ではありません。

そして、逆に、これが大きな金額であると感じる人は、1ヶ月に一本もジュースを買って飲んではいけませんし、そもそもがん保険や医療保険に入るべきではないのです。(本当に家計が苦しいときに、未来のために保険をかけるというのはあまり良い方法ではありません)

たしかに、紹介したとおり、先進医療にかかる確率は低いでしょう。しかし、そのまさかの事態に備えるのが保険であり、せっかく医療保険やがん保険に加入しているのに、月にジュース1本分の保険料を節約して保障に穴をあけるというのは本当にもったいない保険の入り方です。

なので、もしあなたが医療保険やがん保険への加入を検討しているのであれば、先進医療特約だけは付けておくことをおすすめします。

また、保険料を節約したい場合は先進医療特約を削るのではなく、基本の保険料が安い保険商品を選びましょう。そのほうが、結果的に保険料が安くなるのでおすすめです。

特約を付帯させる場合の注意点

がん保険や医療保険に先進医療特約を付ける際には、注意しなくてはならない点があります。

同じ保険会社で重複契約しても保障されるのはひとつのみ

先進医療特約は、がん保険だけでなく医療保険などほかの保険にも付けることができます。

そのため、たとえば同じ保険会社でがん保険と医療保険に加入して、両方に先進医療特約を付けることも理論上は可能です。

しかし、同じ保険会社で販売されている保険で保障される先進医療特約はひとつの特約のみとなっており、重複して契約していても保障されるのはいずれかひとつとなります。

つまり、保険料を無駄に支払ってしまうことになるのです

そのため、特約を付ける際にはすでに加入している保険で先進医療特約を付けているかどうかを確認する必要があります。

ちなみに、異なる保険会社の先進医療特約であれば重複しても問題なく給付金を受け取れます

古い契約のものは治療費をカバーしきれない可能性がある

がん保険や医療保険には以前から先進医療特約を付けることができましたが、保障内容や範囲は医療の進歩に伴って変化しています。

すでに加入しているがん保険や医療保険に先進医療特約が付いていると安心してしまうかもしれませんが、最近の医療環境に即した保障内容となっているか、定期的に確認する必要があります

というのも、以前は先進医療の保障上限額が50万円といったがん保険もあり、近年の数百万円かかる先進医療治療をカバーできないケースがあるためです。

まとめ

がん保険や医療保険に先進医療特約を付けることについてはさまざまな考えがありますが、もしご自身が先進医療を受けられるチャンスがある際に治療費が払えずに諦めることになる事態は避けたいですよね。

保険はあくまでも「もしものときの支え」なので、高額な治療費がかかるケースがあることをふまえて、できればがん保険か医療保険のどちらかに先進医療特約をつけておくことをおすすめします。

また、当サイトでは後悔しないがん保険や医療保険の選び方をプロ目線で解説した記事もご用意しております。今回の先進医療特約についての知識をふまえ、ぜひご自身に合った保険探しのお手伝いをさせてください。

【年代別】失敗しない医療保険の選び方をプロのFPが徹底解説!

がん保険の正しい選び方をプロが解説!自分に合った保険選びの最高の手順

以上、がん保険や医療保険の先進医療特約についての解説記事でした。ここまでお読みくださり誠にありがとうございます。