がん保険
オリックス生命のがん保険「Believe」と「Wish」はどんな人におすすめ?

オリックスのがん保険

オリックスのがん保険

数ある病気の中で、特に発症率が高いがん。がんになる確率は2人に1人と言われています。したがって男性・女性問わず、がんに対する保障を準備しておくことが大切です。

そこでおすすめなのが、オリックス生命の「がん保険Believe」。がん治療に特化した商品のため、がんに伴う入院や手術、通院などに総合的に備えられます。

また、オリックス生命のインターネット上で申し込み・契約が完結するため、忙しい方にもおすすめです。

この記事では、オリックス生命のがん保険の商品概要や給付内容をご紹介。オリックス生命のがん保険についてお調べであれば、ぜひ参考にしてください。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

オリックス生命のがん保険商品一覧

オリックス生命のがん保険

オリックス生命のがん保険の商品には、「がん保険Believe」と「がん保険Wish」の2種類があります。

まずは、これらの商品の違いを把握しましょう。ここでは、オリックス生命の各商品の概要を解説します。

がん保険Believe(ビリーブ)

オリックス生命の「がん保険ビリーブ」は終身型のがん保険のため、一生涯にわたって保障が続きます。保険料は加入時の年齢によって算出され、値上がりしません。

保障内容は、がんと診断された際の一時金や、入院給付金・手術給付金、先進医療給付金など。

オリックス生命のがん保険ビリーブに加入すると、比較的安い保険料で、一生涯にわたって最低限のがん保障を準備できるでしょう。高齢期に高い保険料を支払いたくない方にもおすすめです。

またインターネット上で契約手続きが完結するのも、がん保険ビリーブの魅力。

「忙しくてがん保険の検討を先延ばしにしてしまう」という方にぴったりです。

隙間時間に、自分のペースで納得のいくプランを検討できますよ。

がん保険Wish(ウィッシュ)

オリックス生命の「がん保険ウイッシュ」は、定期型のがん保険。契約時に、保険期間を以下から選択できます。

  • 年満了:10年~39年(1年刻みで選択可能)
  • 歳満了:60歳・65歳・70歳まで

ちなみに、保険期間の途中で、健康状態に関わらず、告知なしで終身型に切り替えることもできますよ。

ただし、がん保険ウィッシュには、入院給付金や手術給付金がありません。保障内容は、がんと診断されて入院した際の一時金と、先進医療を受けた際の給付金で構成されています。

したがって、他の医療保険やがん保険に加入しており、一定期間のみ保障を上乗せしたい方や、貯蓄が十分にあり、最低限の保障がほしい方におすすめ

またがん保険ウィッシュは、対面、もしくは郵送での申し込み手続きが必要です。

オリックス生命のがん保険ビリーブの給付内容

オリックス生命のがん保険ビリーブの給付内容

オリックス生命のガン保険の中で、特におすすめの商品「がん保険ビリーブ」の保障内容について詳しく解説します。

がん保険ビリーブは、インターネット上で契約が完結するため、忙しい方にもぴったり。

保障内容を確認したら、まずはオリックス生命のホームページで保険料の見積もりをしてみてくださいね。

診断時から入院や手術、退院後まで総合的に備えられる

オリックス生命のがん保険ビリーブは、がん治療に対して総合的に備えられる点が魅力的。

例えば、基本給付金額10,000円コースの場合、基本的な保障内容は、以下のとおりです。

がん初回診断
一時金
初めてがんと診断されたときに
一時金として100万円受け取れる
がん治療
給付金
がんの治療を目的として入院したとき、
一時金として50万円受け取れる
がん入院
給付金
がんの治療を目的として入院をしたとき、
入院1日あたり10,000円受け取れる
がん手術
給付金
がんの治療を目的として約款所定の手術を受けたとき、
1回あたり20万円受け取れる
がん先進医療
給付金
がんの治療を目的として先進医療を受けたとき、
医療費に相当する給付金を受け取れる
がん先進医療
一時金
がん先進医療給付金の10%に相当する
金額を一時金として受け取れる
がん退院
一時金
がんで10日以上入院後に退院した際、
1回につき10万円を受け取れる

オリックス生命のがん治療給付金やがん入院給付金、がん手術給付金、がん退院一時金の支払い回数には、制限がありません。

万が一がんが再発し、入院や手術を繰り返した場合でも、必要な医療費をまかなえるでしょう。さらに、がん入院給付金は支払い日数に制限がないため、入院した日数分給付金を受け取れますよ。

また、上皮内新生物(初期のがん)も保障の対象に。上皮内新生物は悪性新生物(一般のがん)に比べて医療費が安く、他の商品では保障の対象外となるケースも。

しかし実際に、上皮内新生物した場合の、精神的なショックや不安は少なくないでしょう。そんなときに、金銭的なダメージを軽減するのが、がん保険の役割です。

したがって、オリックス生命のがん保険ビリーブで、上皮内新生物を含む全てのがんにしっかりと備えておくことが理想です。

「がん通院特約」を付加して通院に備えられる

オリックス生命のがん保険ビリーブには、「がん通院特約」を付加できます。

オリックス生命のがん通院特約では、がんを理由に所定の通院をした場合、通院1日あたり10,000円が支払われますよ。※基本給付金額10,000円コースの場合

近年、放射線治療や抗がん剤治療など、入院を伴わない通院治療が主流となりつつあります。また、がんの種類や症状によっては、通院治療のみとなるケースもあるでしょう。

そんなとき、通院保障がなければ、治療に必要な交通費や検査代、医療費などの出費がかさみ、家計へのダメージが大きくなる恐れも。

がんと診断された場合に通院治療が必要となる可能性も視野に入れ、オリックス生命のがん通院特約を契約するのがおすすめです。

加入をおすすめする方

加入をおすすめする方

オリックス生命のがん保険ビリーブは、以下の方におすすめです。当てはまる方は、ぜひオリックス生命のがん保険ビリーブを検討してみてくださいね。

がん治療開始時の金銭的な不安を軽減したい方

万が一がんと診断され治療が必要になると、金銭的な不安を感じる方が多いでしょう。がん治療が始まると、医療費はもちろん、見舞いに来る家族の交通費や宿泊費、ウィッグ(かつら)など、想定外の出費がかさむことも。

オリックス生命のがん保険ビリーブに加入すると、治療開始時にがん治療一時金として、給付金を受け取れます初めてがんと診断された場合は、がん初回診断一時金も合わせて受け取れます

がん治療開始時にまとまった金額を受け取ることで、金銭面での不安が軽減され、治療に専念できるでしょう。

保障内容をよく確認したうえで契約したい方

がん保険は、一度加入すると簡単に解約したり、契約内容を変更したりできません。したがって、保障内容や給付条件、保険料をしっかり確認することが大切です。

オリックス生命のがん保険ビリーブは、インターネット上でのプラン設計や、保険料の試算が可能。不明点があれば、電話での相談や保険相談窓口への問い合わせ、資料請求も可能です。

オリックス生命のがん保険は、保障内容をよく確認したうえで契約したい方にぴったりです。

まとめ

オリックス生命のがん保険の特徴やおすすめ商品「がん保険ビリーブ」の保障内容について、解説しました。

まずはオリックス生命のホームページで、保険料を試算してみてください。

オリックス生命のがん保険「Believe」

ちなみに、がんを含めた病気に伴う入院・手術に備えたい方は、オリックス生命の医療保険にも加入するのもおすすめです。

手頃な保険料で評判の「医療保険 新CURE(新キュア)」「医療保険 新CURE Lady(新キュア・レディ)」も展開中。ぜひこの機会に、契約を検討してみてはいかがでしょうか。

医療保険 新CURE(新キュア)については、別記事「オリックス生命の医療保険「新CURE」の保障内容や保険料を徹底解説」で詳しくご紹介しています。