がん保険
【がん保険】終身型でおすすめはこれ!

【がん保険】終身型でおすすめはこれ!

【がん保険】終身型でおすすめはこれ!

終身型のがん保険を選んでいる方の中には

「どの商品がおすすめなのかな?」

「終身型がん保険はどんな保障内容なのかな?」

といった疑問や悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

がんへの備えとして納得のいく終身型がん保険を選ぶために、ほかの人がどの終身型がん保険に加入しているのか気になりますよね。

また、おすすめの終身型がん保険にはどのような特徴があるのかを理解しておくと、よりご自身にぴったりの保障を得ることができるでしょう。

そこで今回は、当サイトがおすすめする終身型がん保険を3つ、また、特に女性におすすめの終身型がん保険をふたつご紹介していきます。

おすすめの終身型がん保険の特徴についても解説しますので、併せて確認していきましょう。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

人気がある終身型がん保険の特徴

人気がある終身型がん保険の特徴
ランキングでも上位に入っているほどの人気があるおすすめの終身型がん保険には、以下のような特徴がある商品が多いです。

  • 保険料が安い
  • 診断給付金(診断一時金)が高額
  • 治療費を実損払いしてくれる

ではそれぞれの特徴について詳しく確認していきましょう。

保険料が安い

保険料は安ければ安いほど良いという方がほとんどでしょう。

保険料は毎月支払っていくものなので、少しでも安いほうが家計への負担を減らすことができます。子どもの教育費などほかの支出に充てることもできますね。

しかし、終身型がん保険を保険料の安さだけで選んでしまうのはおすすめできません。安いには安いなりの理由があるので、保険料だけでなく保障内容もしっかりと確認しましょう。

ちなみに、終身型がん保険の保険料は、年齢が若いときに加入するほど安く済みます。

また、加入したときから値上がりすることなく一生涯同じ金額となるため、高齢になってからも安い保険料で保障を得ることができておすすめです。

診断給付金(診断一時金)が高額

がん保険のメイン保障ともいえる「診断給付金(診断一時金)」は、十分な金額に設定されているものがおすすめです。

診断給付金とは、がんと診断されたときに受け取れる一時金のことで、50万円~200万円の間で設定されることが多く、契約時に好きな金額を選ぶことができます。

診断給付金は使い道が限定されていないため、がん治療のために入院し手術を受ける際の費用や退院後の通院費に充てたり、がん治療のために休業する場合の収入減少をカバーすることに利用したりすることができます。

がんと診断されたときは不安な気持ちでいっぱいになりますが、そういった状況の中で、まとまったお金が受け取れると治療費の心配をせずに済むため、気がかりなことをひとつ減らすことができます

終身型がん保険によって設定できる金額が異なりますので、十分な金額に設定できる商品を選ぶことをおすすめします。

治療費を実損払いしてくれる

終身型がん保険の種類によって、治療費の補填をしてくれる範囲が異なり、多くは「1か月あたり〇〇円」といったように定額で決められている商品が多いです。

しかし中には、「実損払い」としてかかった費用の全額を補償してくれる終身型がん保険もあります。

実損払いの終身型がん保険は、がん治療のために入院・手術・通院をしたときに要した費用を全額補償してくれ、公的医療保険の適用外のため全額自己負担となる、自由診療や先進医療による治療費も補償してくれる商品もあります。

ただし、上限額が決められている終身型がん保険もあるので、契約の際に確認することをおすすめします。

おすすめの終身型がん保険3つ

おすすめの終身型がん保険3つ
ではここで、おすすめの終身型がん保険を厳選して3つご紹介していきます。

今回ご紹介する終身型がん保険はこちらです。

  • ネットライフ生命のがん保険「ダブルエール」
  • メットライフ生命「ガン保険 ガードエックス」
  • 楽天生命「スーパーがん保険」

いずれもネットから申し込みができる終身型がん保険なので、忙しい方でもいつでも申し込みができるのでおすすめです。

ネットライフ生命のがん保険「ダブルエール」

ライフネット生命「ダブルエール」

ネットライフ生命の終身型がん保険「ダブルエール」は、長引くがん治療を幅広く保障するがん保険で、加入者のニーズに合わせて次の3つのタイプから選ぶことができます。

  • シンプル:診断一時金のみの保障。保険料を抑えたい方におすすめ
  • ベーシック:診断一時金に治療サポート給付金をプラス。十分な治療費補償に備えたい方におすすめ
  • プレミアム:ベーシックに収入サポート給付金をプラス。収入減にも備えたい方におすすめ

では、ネットライフ生命のがん保険「ダブルエール」の保険料はどのくらいなのか、「ベーシックプランにがん先進医療特約を付けた場合」でシミュレーションします。

年齢 男性 女性
20歳 1,759円 2,138円
30歳 2,341円 2,793円
40歳 3,307円 3,523円
50歳 5,006円 4,122円
60歳 7,503円 4,703円

30歳位までであれば保険料が3,000円以内で済みますので、できれば若いうちに加入することをおすすめします。

また、男性は50歳を超えると急に保険料が高額になりますので、40代位までに加入することで毎月の保険料支払い負担を軽減することができます

メットライフ生命「ガン保険 ガードエックス」

メットライフ生命「ガン保険 ガードエックス」

メットライフ生命「ガン保険 ガードエックス」には以下のようなおすすめの特徴があります。

  • 治療給付金が一括で100万円受け取れる(1年に1回、通算5回まで)
  • ホルモン剤治療を受けたら1回10万円(1年に1回、通算10回まで)
  • がんと診断されたら保険料は免除、保障は一生涯続く

メットライフ生命「ガン保険 ガードエックス」のおすすめする「充実プラン」の保険料を以下にご紹介します。

年齢 男性 女性
20歳 1,772円 2,396円
30歳 2,757円 3,515円
40歳 4,139円 4,858円
50歳 6,604円 6,278円
60歳 10,124円 7,723円

40歳までは女性の方が保険料が高額ですが、これは若い女性でも子宮がんや乳がんといった女性特有のがんに罹患する可能性があり、保険会社が給付金支払リスクに備えるためです。

楽天生命「スーパーがん保険」

楽天生命「スーパーがん保険」

楽天市場などでおなじみの楽天グループでも、終身型がん保険を提供しています。その名も、楽天生命「スーパーがん保険」といい、以下のようなおすすめポイントがあります。

  • 診断給付金は1年ごとに最大6回受け取れる(2回目以降は半額)
  • 抗がん剤・放射線治療を受けたときは10万円/月
  • 先進医療は通算2,000万円まで保障
  • がんに罹患したら保険料は免除、保障は一生涯続く
  • 楽天ポイントが貯まる

楽天生命「スーパーがん保険」の「おすすめプラン」の保険料は以下の通りです。

年齢 男性 女性
20歳 2,406円 2,506円
30歳 3,296円 3,406円
40歳 4,821円 4,611円
50歳 7,481円 5,736円
60歳 11,871円 6,916円

男性は50歳を超えると保険料が高額になり、60歳になると1万円を超えてしまいます。やはり、できるだけ若い年齢で加入をすることをおすすめします。

女性におすすめの終身型がん保険

女性におすすめの終身型がん保険

ではここからは、女性におすすめの終身型がん保険をふたつご紹介していきます。

女性におすすめの終身型がん保険は、一般のがん保険の保障内容に加えて、女性特有のがんに対する保障が手厚いという特徴があります。

具体的には、乳がんや子宮がんなどで入院した場合に入院給付金の上乗せ保障があったり、乳房再建手術を行った場合に保障を受けられたりすることなどがあります。

一般のがん保険よりも保障が手厚いので、保険料は割高になることがありますが、女性特有のがんに備えたい方におすすめです。

アクサダイレクト生命「がん終身」

アクサダイレクト生命「がん終身」

まず女性におすすめしたい終身型がん保険は、アクサダイレクト生命「がん終身」です。

【アクサダイレクト生命「がん終身」の概要】

保険期間 終身
診断給付金の回数 1回のみ
加入条件 告知のみ必要。
ただし、健康診断結果等を
提出する場合あり。
契約可能年齢 20歳~69歳
上皮内新生物の
補償額
診断給付金と同額補償

アクサダイレクト生命「がん終身」をおすすめする理由に、「女性がん入院給付金」が受け取れるということがあります。

アクサダイレクト生命「がん終身」の「女性がん入院給付金」を特約として付加することで、乳がんや子宮がんといった女性特有のがんで入院した場合、通常の入院給付金と同額の「女性がん入院給付金」を上乗せして受け取ることができるのです。

具体的には、入院給付金1万円/日で契約し、女性特有のがんで入院した場合、女性がん入院給付金として1万円/日上乗せされるため、合計2万円/日を受け取ることができるということです。

ではここで、20歳~60歳までの各年齢で加入した場合の保険料をシミュレーションしてみます。

シミュレーションは以下の保障内容で行います。

がん入院給付金 1万円/日
がん診断給付金 1回のみ100万円
抗がん剤
治療給付金
10万円/月
手術給付金 10万円/回
がん先進医療
給付金(※)
先進医療の技術料実費
(通算500万円まで)
退院後
療養給付金
10万円/回
女性がん入院
給付金
1万円/日

※がん先進医療給付金:10年ごとに更新

この内容における各年齢の月額保険料は以下の通りです。

年齢 保険料/月
20歳 1,720円
30歳 2,360円
40歳 3,480円
50歳 4,640円
60歳 5,760円

保険料も安いので女性特有のがんに備えたい方におすすめです。

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険 プレミアムZ」

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険 プレミアムZ」

もうひとつ、女性におすすめした終身型がん保険が、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険 プレミアムZ」です。

【チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険 プレミアムZ」の概要】

保険期間 終身
診断給付金の
回数
複数回受取可
(ただし、
前回のがん診断から
2年経過していて、
今回診断を受けた
がん治療のために
入院していることが条件)
加入条件 告知
契約可能年齢 満6歳~満80歳
上皮内新生物の
補償額
診断給付金×0.1

チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険 プレミアムZ」が女性におすすめな理由として、ガン手術給付金特約を付加することで、「ガン特定手術給付金」が受け取れるということがあります。

ガン特定手術給付金は、「乳房観血切除術」「子宮摘出術」「卵巣摘出術」「子宮・子宮附属器にかかる手術」「乳房再建術」といった女性特有の手術を受けた場合に、ガン手術給付金特約の0.5倍の金額を受け取ることができます。

また、公的医療保険の適用外である自由診療も保障対象となっており、主契約で所定の抗がん剤治療だけでなく「自由診療抗がん剤治療」も保障されています。

ではここで、20歳~60歳までの各年齢で加入した場合の保険料をシミュレーションしてみます。

シミュレーションは以下の保障内容で行います。

がん入院給付金 5,000円/日
がん診断給付金 複数回50万円
(上皮内新生物の場合:
×0.1)
抗がん剤
治療給付金
10万円/月
自由診療抗がん剤
治療給付金
20万円/月
放射線治療給付金 10万円/月
手術給付金 10万円/回
がん治療特約 5万円/月
がん通院特約 5,000円/日
がん先進
医療給付金
先進医療の技術料実費
(通算2,000万円まで)
がん先進医療
支援給付金
20万円
(同一の先進医療の
療養につき1回のみ)

この内容における各年齢の月額保険料は以下の通りです。

年齢 保険料/月
20歳 2,673円
30歳 3,367円
40歳 4,251円
50歳 5,193円
60歳 6,254円

ご紹介したふたつの終身型がん保険は女性におすすめの商品ですので、ぜひ候補のひとつに入れてみてください。

保険選びに悩んだら専門家に相談を

ここまでご紹介してきた内容で、おすすめの終身型がん保険にはどのような商品があり、どのような特徴を持っているのかがイメージできたと思います。

しかし、「もっと具体的な内容を知りたい!」または、「保障内容は相談しながら決めたい!」という場合、ファイナンシャルプランナーといった保険の専門家に相談することをおすすめします。

ファイナンシャルプランナーの中には無料で相談にのってくれるところもありますので、ご自身が不安に感じていることや疑問点などを質問してみましょう。

まとめ

人気のあるおすすめの終身型がん保険には、保険料が安い、診断給付金が高額、治療費を実損払いしてくれるといった特徴があります。

まとめると、がん治療費を十分にカバーしてくれ、しかも保険料の負担が小さいということになりますね。

ただし、おすすめの終身型がん保険の中から選ぶというのではなく、できるだけ多くの終身型がん保険を検討し、その中からご自身に最適な保障を備えた商品を選ぶことが大切です。

納得のいく終身型がん保険を見つけるためにも、迷ったときは専門家に相談してがんに備えておきましょう。