医療保険
医療保険にみんないくら払ってる?年齢別の加入状況を確認

医療保険にみんないくら払ってる?年齢別の加入状況を確認

医療保険にみんないくら払ってる?年齢別の加入状況を確認

医療保険に加入している方は、周りは毎月どれくらいの保険料を払って契約しているか気になる人もいますよね。

ここでは医療保険に毎月いくら払ってるのか、保険料相場を年齢別に紹介していきたいと思います。

また、生命保険だけでなく、医療保険もライフステージごとに見直すと、毎月の保険料も保障内容もより合理的なプランに加入できる可能性が高いです。

そこで、医療保険の保障内容の見直しのコツ、保険料を節約方法についても説明していきます。

この記事を読みながら、現在ご自身がいくら払ってるか、確認するきっかけになり、医療保険の見直しにつながれば幸いです。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

医療保険にみんなはいくら払ってる?

医療保険の保険料は、年々値上げされるとは限らず、値下げされることがあること、また、新しい保険会社の新しいタイプの医療保険が登場し、お得なプランで保障内容が必要十分なものが出てくることがあります。

また、今まで加入していた生命保険会社の医療保険のプランで、必要であったと思っていた保障内容が必要がなくなる・新たに必要が出るなどの変化も生じます。

これらの理由から、医療保険には、漫然と加入するのではなく、見直す必要があります。

月々いくら払ってるか、そして現在発売されている保険商品がどんなものか把握することがおすすめです。

保険料がお得になり、保障が最新の内容にアップデートされて充実するようなこともあります。

毎月の保険料はいくら払ってる?年齢ごとの相場まとめ

毎月の保険料はいくら払ってる?年齢ごとの相場まとめ

ところで、医療保険には月々いくら払ってるのか、平均値などのデータはあるのでしょうか。

この点、医療保険だけのデータはありませんが、医療保険を多く扱う生命保険会社全体に対する支払い生命保険料の平均値は、すべての平均値・年齢ごとの平均値などのデータがあります。

このデータは年額の生命保険料の平均値なので、月払いにすると、各年代で、約2万円から、4万円くらいまで、生命保険会社に支払いをしていることとなります。

全世代平均の結果では、最新の調査によると、月々支払う保険料は生命保険全体の平均で3.2万円ほどです。

このデータには、個人年金保険などのデータも入っていますが、全体には減少傾向がある一方で、年齢ごとでは独身の方の多い20代の平均値では減少しているのに対し、30代での平均値においては、上昇傾向が比較的にはっきり見て取れます。

それと同時に、40代の平均値では減少傾向が顕著であり、さらに50代に向かって、保険を整理している様子が見受けられます。

調査全体平均38.538.2
29歳以下24.223.3
30~34歳27.629.8
35~39歳32.938.0
40~44歳41.034.5
45~49歳44.242.7
50~54歳49.848.3
55~59歳49.245.3
60~64歳43.443.9
65~69歳33.933.8
70~74歳30.729.9
75~79歳30.035.3
80~84歳30.629.5
85~89歳21.136.5
90歳以上21.422.5

(単位:円)

40代というと、お子さんがそろそろ独り立ちし始めるころではないかと思われます。

50代以降になると、多くの方のお子さんが独り立ちし、万が一のために生命保険の保障を手厚くしておく必要性が減ります。

その一方で、老後の備え、特に大きな病気をしたときの入院や手術のリスクをコントロールするために、保障プランの見直しなどの必要がある年代と考えられます。

また、70代後半に保険料相場の上昇傾向があるのは、80歳まで加入可能な保険に一括払込で加入する・高齢になっても加入できる医療保険の掛け増しをするなどの需要があることが理由となっているように推測できます。

いずれの変動が著しい年代においても、ライフステージに合わせた生命保険料・医療保険料の見直しをしている方がいるようです。

医療保険も、ライフステージごとに見直すと、より合理的な保険料で加入しやすくなりますし、また、ライフステージに加えて、医療の進歩によっても保障内容を見直す必要があると考えられます。

このことから、年齢ごとに、医療保険の保障内容を見直し、場合によっては医療保険の切り替え・見直しを検討してよいものと考えられます。

お得な新しい保険にはいくら払ってる?

ところで、医療保険において、保険料の見直しや保障内容の見直しが必要となるのが原則です。

それと同時に、かつては申込書類に細かく記載して保険に加入していたのが、インターネットで保険に加入することが普通になり、平均的な生命保険会社ではだいぶ事務が合理化されています。

その上、従来の生命保険会社に加えて、短期保険会社の登場などにより、医療保険もかつてより低コストで加入できるようになっています。

医療保険の場合、万が一の病気の備えという性質があることから、生命保険の選び方とは異なり、高齢になると手厚い保障があったほうが良い場合も多いことと思います。

この点に留意したうえで、新しいお得な保険に加入することにより、医療保険の毎月の保険料の負担を減らす工夫ができることも知っておきましょう。

おすすめの保険の見直し・整理の方法とは?

おすすめの保険の見直し・整理の方法とは

医療保険の見直しで保険料を節約したい、あるいは、年齢にあったより良い保険プランを選びたい、と思う場合の見直し・整理の方法については、次のように考えてみることをおすすめします。

まずは保障内容を現在を基準に見直してみる

医療保険は、漫然と以前のプランのままでいると、具体的に受けたいと思った治療で給付金が出ないことがあったり(特に高度先進特約の内容などには注意が必要です)、あるいは、新しいリスクに備えられないこともあります。

そこで、保障内容は、現在を基準にして、1から保険を選びなおすとすると、どのような保障内容になるかを考えましょう。

保障内容は、リスクに対応するためのものなので、保険料が安い理由で保障をカットするのは本末転倒になってしまいます。

医療保険は特に保障内容をあまり安易に妥協しないようにしましょう。

保障内容を変えられないなら、保険会社を変えることはできるか

保障内容が同じでも、インターネット保険などの事務のコストが安い保険では、保険料が安いこともあります。

定期型の掛け捨ての保険を利用するのであれば、割り切ってより安い保険料の生命保険会社を選ぶようにしてみるとお得になるでしょう。

次のライフステージまで少し長い目でみて加入するべき保険を検討する

病気の際の医療保険の給付に重点を置くのか、死亡保険金・後遺障害保険金に重きを置くのかは、お子さんが小さい間は、後者を重視するということが比較的に合理性のあることです。

お子さんが小さい間はご本人も比較的に年齢が若く、病気よりは万が一の事故の時のご家族の生活保障の方が気になるためです。

そこで、30代~40代の間は、医療保険はコストの安い掛け捨て・定期型にしておき、50代~60代以降に医療保険の内容を充実させ、生命保険の保障内容をカットする、といった傾斜配分をしてみるのはいかがでしょうか。

こうしておくと、保障内容は妥協せず、保険料の節約ができるケースが多いのです。

この場合、成人病が気になる年齢になると、今度は加入できない保険が増える可能性もあるので、健康に過ごすことに留意することも必要です。

生命保険・医療保険双方を合算または平均すると大きく保険料に違いがない、という結果になるかもしれませんが、保障内容はより合理的になる可能性があります。

医療保険にこれから加入?選び方のポイントは?

医療保険にこれから加入?選び方のポイントは?

医療保険をこれから掛け増しをするという場合には、①保障内容②保険料の順番で検討し、選んでみましょう。

保障内容をよく検討してみよう 

保障内容のうち、以下の3つが検討をおすすめするポイントです。

  1. 高度先進特約をカットするか、入れるかを検討(治療内容にも注意)
  2. 一時金か、入院給付金重視か
  3. 自営業者は医療保険にプラスして、就労不能保険の活用を

平均的なプランだけでなく、特約の有り無しで十分比較してみよう

高度先進特約のほか、女性のための特約も検討しましょう。女性の方は、女性専用プランにすると、現在保険料をいくら払ってるかによりますが、お得になる場合もあります。

保険料をよく検討してみよう

保障内容が同じ、またはほぼ同じで変えても影響がない、ということであれば、他の生命保険会社の見積もりを取るなどして、保険料の比較をしてみましょう。

保険加入の際には、保険の窓口・保険市場など、お住いのエリアでの保険無料相談窓口で、見積もりをとって比較してみること、FPなどの専門家に相談してみるのもおすすめです。

2021年のライフステージに合わせた保険選び・こんな医療保険に注目してみよう

2021年のライフステージに合わせた保険選び・こんな医療保険に注目してみよう

ライフステージに合わせて保険選びをするなら、以下のような保険について、加入を検討してみてはいかがでしょうか。切り替え、掛け増しの参考にしてみてください。

シニアも入れる医療保険

シニア世代は、公的医療・高額療養費制度があっても、貯蓄額に不安が残る場合や、これ以上貯蓄を減らしたくない場合に限り、医療保険の加入を考えるようにしましょう。

シニア世代では、年金の範囲の収入なら、医療費の負担も現役世代よりも少なくなるからです。

しかし、シニア世代では、病気のリスクは上がるため、不安であればネットで比較的にリーズナブルな保険料で入れる医療保険の加入を検討しましょう。

メディケア生命「新メディフィットA(エース)」、チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムDX」などは、70歳を過ぎても加入が可能です。メディケア生命

「メディフィットRe(リリーフ)」オリックス生命「医療保険CURE Support Plus (キュア・サポート・プラス)」は、引受緩和型ですので、持病等で健康に不安があっても、加入できます。

女性のための医療保険

女性の場合、特にご結婚の後、妊娠を考え出したときなどに、女性のための医療保険を検討するのがおすすめです。

成人病リスクについては、男性よりも低い傾向にあるため、異常分娩や流産・女性のがんなど女性特有の疾病に手厚く備えておくと良いでしょう。

ネットで加入できる終身型女性専用プランでは、最も幅広く保障がついているチューリヒ生命保険の終身医療保険「プレミアムDX Lady」、がんに手厚いオリックス生命の医療保険「新CURE Lady」、アクサダイレクトの「終身医療・女性プラン」などは、妊娠前のタイミングなら保険料もリーズナブルで、医療保険には先進医療特約も付いています。

就労不能保険 

会社員として医療保険に加入していた方は、医療保険の見直しのうち、就労不能保険の検討をおすすめします。

就労不能保険は、自営業・フリーランスになったら検討が必須と思われます。

自営業の方は、傷病手当金が出ませんので、医療費の負担と、所得の減少の二重の負担に十分備えておく必要性があります。

十分備えるなら、医療保険に加入するのと同時に、病気やけがの場合に所得を補填する給付金が下りる就労不能保険を別契約として契約することとなります。

生命保険会社から発売されている就労不能保険は、給付額が選べるプランが多数です。

給付額が多くなると、毎月の保険料が高めになりますので、どこまで支払い、給付を受けるか、バランスを家計との見合いでよく考えたうえで加入しておきましょう。

なお、就労不能保険の加入年齢は55歳までなどで制限されることも多いので、加入をしておくなら早めの検討をお勧めします。

SBI生命「働く人のたより」アクサダイレクトの「働けないときの安心」ライフネット生命「働く人への保険2」などが就労不能保険としてランキング上位に入る人気の保険です。

これらはすべてネット加入が可能です。

まとめ

医療保険は、保障内容・保険料の双方の観点から、ライフステージに合わせて見直しておくと保障内容・保険料共に、かつてのリスクではなく、最新のリスクに対応できます。

保障内容を中心に、ライフステージごとのリスクに備えられるよう、この記事で解説した考え方を参考にしながら保険の見直しを進めてみてはいかがですか?