がん保険
掛け捨てのがん保険を比較する

掛け捨てのがん保険を比較する

がん保険に加入を検討している方の中には、「掛け捨て型」と「貯蓄型」のどちらのがん保険がいいのか悩んでいる方もいるでしょう。

保険料は安いほうがいいですが、掛け捨てはもったいない気もしますよね。

掛け捨て型も貯蓄型もそれぞれメリットやデメリットがありますので、それらを理解し納得したうえでがん保険を選びたいものです。

そこでここでは、掛け捨て型と貯蓄型のがん保険の特徴を詳しくご紹介するとともに、掛け捨て型がん保険の選び方やおすすめ商品の保険料の比較についても解説していきます。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

掛け捨て型のがん保険とは

掛け捨て型のがん保険とは、保障期間満了時の満期金や中途解約する際の解約返戻金がないか、あってもごく少額な保険のことをいいます。

これまで支払ってきた保険料が戻ってこないという特徴から、「掛け捨て」といわれています。

「掛け捨てはもったいない」といわれることもありますが、満期金や解約返戻金がない分、保険料を安くできるのです。

つまり、掛け捨て型のがん保険は「貯蓄性」よりも「保障」をメインにしているということです。

がん保険は掛け捨て型が主流

がん保険には、掛け捨て型のほかにも貯蓄型(積立型)の商品もありますが、がん保険の多くは掛け捨て型です。

がん保険に限ったことではありませんが、掛け捨て型の保険は安い保険料で大きな保障を得ることができるので、がん治療のように高額な医療費がかかるケースで大変有効です。

それでも貯蓄性も求める方は、貯蓄型のがん保険に加入するのもひとつの選択肢となります。

しかし、効率的に貯蓄を考えるのであれば、保障と貯蓄を別々に考えて、保障は掛け捨て型のがん保険で備え、貯蓄は定期預金や投資などで備えるという方法もあります。

掛け捨て型のメリット・デメリット

掛け捨て型のがん保険には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
・保険料が貯蓄型
より割安
・保障の見直しが
しやすい
中途解約しても
解約返戻金が
もらえない

では、それぞれの項目について詳しく確認していきましょう。

メリット1:保険料が貯蓄型より安い

掛け捨て型のがん保険のメリットといえば、なんといっても保険料が安いことです。

解約返戻金がないぶん貯蓄部分の積み立てが不要なので、保険料を安く抑えることができるのです。

また、がん保険に加入するタイミングによっては、子供の教育費や住宅ローンの返済で保険料まで十分なお金を回せないことも多いです。そのような場合に、安い掛け金で大きな保障を得られるのはメリットです。

メリット2:保障の見直しがしやすい

掛け捨て型のがん保険は、保障の見直しがしやすいというメリットもあります。

がん保険は、がん治療の進歩などに合わせて適宜保障面での充実が図られています。

そのため、加入して数年たってから、「この保障を付けたい!」と思うようながん保険が出てくる可能性があります。

貯蓄型のがん保険は、中途解約すると解約返戻金がもらえても元本割れすることがあり、中途解約することを躊躇してしまいます。

しかし、掛け捨て型のがん保険であれば解約返戻金がないので、元本割れを気にすることなく、希望するがん保険に切り替えやすいのです。

ご自身の状況やライフスタイルに合わせてフレキシブルに対応できるのは、掛け捨て型のがん保険ならではといえます。

デメリット:中途解約しても解約返戻金がもらえない

すでに何度か触れていますが、掛け捨て型のがん保険は中途解約した際の解約返戻金をもらうことはできません。

「掛け捨て型だから貯蓄性は求めていない」と初めからわかっている場合はデメリットにはなりませんが、解約返戻金をもらうことを予定している場合はデメリットになります。

契約する際にしっかり確認することが大事ですね。

貯蓄型のメリット・デメリット

貯蓄型がん保険についても、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット デメリット
・中途解約時に
解約返戻金がもらえる
・保障と貯蓄を
両立できる
・契約者貸付や自動振替貸付を利用できる
・保険料が掛け
捨て型より割高
・保険の見直しが
しづらい

貯蓄型のメリット

貯蓄型のがん保険は、掛け捨て型とは異なり中途解約時に解約返戻金がもらえるので、保障と貯蓄を両立できるというメリットがあります。

ただし、解約返戻金は払い込んだ保険料全額が戻ってくるわけではなく、元本割れすることもある点に注意が必要です。

また、契約者貸付や自動振替貸付を利用できるというメリットもあります。

契約者貸付とは、解約返戻金の範囲内で保険会社からお金を借りることをいいます。

自動振替貸付とは、保険料の払い込みができないときに、保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を立て替えてくれる制度です。

ただし、両者とも貸付である以上利息が発生するうえ、お金を返済できないでいると保険金の支払いのときに相殺されることになります。

貯蓄型のデメリット

貯蓄型がん保険のデメリットとしては、掛け捨て型がん保険と比較して保険料が割高という点があります。

解約返戻金の積み立て分があるので、保険料はその分高額になります。

また、新しいがん保険に加入したい場合、既契約を中途解約すると元本割れしてしまう可能性が高いことから、保険の見直しがしづらいというデメリットもあります。

「掛け捨て型」「貯蓄型」どちらがおすすめ?

掛け捨て型と貯蓄型のがん保険の両方の特徴やメリット・デメリットをご紹介しましたが、「どちらが自分に向いているのか?」と悩んでしまう方もいるでしょう。

そこで、それぞれのがん保険に向いている方をまとめましたので、ご自身と照らし合わせて検討してみてください。

掛け捨て型が向いている方

掛け捨て型のがん保険は次のような方におすすめです。

  • 保険料はできるだけ安く抑えたい方
  • 貯蓄はほかの方法で別に備えたい方
  • 自分のニーズに合ったものを幅広い商品から選びたい方

保険料をできるだけ安く抑えたい方はもちろんのこと、貯蓄は銀行の預貯金や投資などで備えていきたい方に向いています。

また、がん保険は掛け捨て型が多いので、商品のラインナップが豊富です。その中からよりご自身に適したものを見つけたいという方にもおすすめです。

貯蓄型が向いている方

貯蓄型のがん保険は次のような方におすすめです。

  • がん保障と貯蓄を両方得たい方
  • 貯蓄をするのが苦手な方

貯蓄型のがん保険の特徴にもあるように、がんの保障と貯蓄を両方備えたいという方に向いています。

また、「貯蓄が苦手」という方はがん保険を利用して貯蓄することができるので、知らず知らずのうちにお金を貯めることができます。

おすすめのがん保険3つを徹底比較

掛け捨て型のがん保険を選ぶ主な理由は、「保険料の安さ」にあるといっても過言ではありません。

しかし、安いといっても相場はどのくらいなのかを知りたいですよね。

そこで、ランキングでも人気のある掛け捨て型がん保険3つをピックアップして、保険料がどのくらいになるのかを比較してみましょう。

なお、モデルケースとして、35歳の男性と女性が加入した場合で計算します。

35歳の男性の保険料

35歳男性がアクサダイレクト「がん終身」、チューリッヒ生命「終身がん治療保険プレミアムDX」、アフラック「生きるためのがん保険Day1」に加入した場合の保険料と保障内容は以下のとおりです。

がん保険の種類
アクサダイレクト
「がん終身」
チューリッヒ生命
「終身がん
治療保険
プレミアムDX」
アフラック
「生きるための
がん保険Day1」
月額保険料 2,660円 3,704円 4,109円
保障期間 終身 終身 終身
診断
給付金
100万円 50万円 50万円
入院
給付金
10,000円/日 10,000円/日 10,000円/日
手術
給付金
10万円/回 10万円/回 20万円
通院
給付金
なし 10,000円/日 10,000円/日
先進医療
給付金
通算
500万円まで
通算
2,000万円まで
通算
2,000万円まで
放射線
治療給付金
10万円/月 20万円
抗がん剤・
ホルモン剤
治療給付金
10万円/月 5万円または
10万円/月
自由診療
抗がん剤・
自由診療
ホルモン剤
治療給付金
20万円/月

アクサダイレクト「がん終身」は保障内容がややコンパクトになっていることもあり、保険料が最も安くなっています。

他のふたつは4,000円前後なので、35歳男性の掛け捨て型保険料は4,000円前後が相場といえます。

35歳の女性の保険料

35歳女性がアクサダイレクト「がん終身」、チューリッヒ生命「終身がん治療保険プレミアムDX Lady」、アフラック「生きるためのがん保険ALL-in」に加入した場合の保険料と保障内容は以下のとおりです。

がん保険の種類
アクサダイレクト
「がん終身」
チューリッヒ生命
「終身がん治療保険
プレミアムDX Lady」
アフラック
「生きるための
がん保険ALL-in」
月額保険料 2,170円 3,197円 4,267円
保障期間 終身 終身 終身
診断
給付金
100万円 50万円 50万円
入院
給付金
10,000円/日 5,000円/日 10,000円/日
女性
特定疾病
入院給付金
5,000円/日
手術
給付金
10万円/回 5万円/回 10万円
(通算
600万円まで)
通院
給付金
なし 5,000円/日 10,000円/日
先進医療
給付金
通算
500万円まで
通算
2,000万円まで
通算
2,000万円まで
放射線
治療給付金
5万円/月 10万円
(通算
600万円まで)

3つの掛け捨て型がん保険は、保険料が1,000円程度ずつ異なるので比較することが難しいです。

しかし、保障内容が手厚くなるほど保険料も高額になりますので、保障が充実している「アフラック「生きるためのがん保険ALL-in」が最も保険料が高くなっています。

35歳女性の掛け捨て型のがん保険の保険料相場は、3,000円~4,000円程度といえそうです。

掛け捨て型がん保険の選び方

掛け捨て型のがん保険の選び方には、いくつかコツがあります。

がん保険選びで失敗しないためにもしっかり確認しておきましょう。

「終身タイプ」か「定期タイプ」か決める

掛け捨て型のがん保険には「終身タイプ」と「定期タイプ」があります。

終身タイプのがん保険は、その名の通り一生涯の保障が得られるもので、定期タイプは5年や10年など、一定期間に限定した保障が得られるものです。

終身タイプの掛け捨て型がん保険は、定期タイプと比較して保険料が高額になりますが、保険料はずっと定額で変わりません。

若いうちはがんに罹患するリスクが小さく保険料が安いので、早めに加入するほど保険料は安く済みます。

一方、定期タイプの掛け捨て型がん保険は終身タイプよりも保険料が安いですが、保障期間が満了し更新する際には更新時の年齢で保険料が再計算されるため、更新のたびに高額になっていきます。

がん罹患リスクが大きくなる高齢期に保険料が高額になり、支払い負担が大きくなる可能性があります。

保険料の安さだけでなく保障内容も大事

保険料はできるだけ安いほうが支払い負担を減らすことができますが、「一番安いがん保険にしよう」と決めてしまうのはおすすめできません。

掛け捨て型のがん保険にはさまざまな商品が販売されていますが、保険料が安いということは、なにかしらの理由があると考えられます。

たとえば、手術給付金や通院給付金の支払い条件が厳しめに設けられていたり、主契約が最小限に抑えられていて特約を付けなければ十分な保障が得られなかったりといったことです。

特約は付ければ付けるほど保険料が高くなりますので、結果的にほかの商品と同じくらいかそれ以上になることもあります。

保険料が家計を圧迫してしまうのは避けなければなりませんが、安さだけで選んでしまうと大切な保障が抜けてしまう可能性があります。

まとめ

掛け捨て型のがん保険は、貯蓄型のがん保険に比べて保険料が安く、保障の見直しがしやすいというメリットがあります。

一方で、更新ごとに保険料が高額になっていくので、高齢期の保険料が高額になり支払い負担が大きくなるというデメリットがあります。

また、解約返戻金もないので貯蓄はほかの金融商品で備える必要があります。

掛け捨て型と貯蓄型のがん保険のどちらがいいのか迷うこともありますが、それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで、ご自身にとって十分な保障を付けられるがん保険を選ぶことをおすすめします。