医療保険
医療保険の全期前納とは?一括払い(一時払い)との違いを解説

医療保険の全期前納とは?一括払い(一時払い)との違いを解説

医療保険の全期前納は保険料払込方法のひとつ

病気やケガに備える医療保険は、事前に保険料を支払うことで保障が受けられます。

保険料の支払い方法はいくつかあり、保険料をまとめて前払いする「全期前納」という方法があります。

この記事では、保険料の全期前納について以下のポイントを解説していきます。

  • 医療保険の全期前納の仕組みについて
  • 一括払い(一時払い)との違い
  • 全期前納と一括払いのメリット・デメリット
  • 全期前納と一括払いはどちらがおすすめ?

「医療保険の契約を検討している」「保険料の払込方法で悩んでいる」という方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

医療保険の全期前納は保険料払込方法のひとつ

医療保険の全期前納は保険料払込方法のひとつ

医療保険の保険料払込方法には、いくつかの種類があります。

一般的には毎月保険料を納める「月払い」が多く、そのほかにも「年払い」「半年払い」などの支払い方法があります。

そして、一部の保険商品では「全期前納」と呼ばれる払込方法も存在します。

ここでは、全期前納がどのような支払い方法なのかを解説していきます。

保険会社に保険料を預ける仕組み

全期前納は、月払いや年払いとは違って、すべての期間で必要な保険料をまとめて保険会社に預ける支払い方法です。

預けたお金の中から、毎月・毎年など設定された時期に保険料分が引かれていくということになります。

事前にまとめて預けている分、通常の月払いや年払いと比べて保険料が安く設定されていることが多いです。

ただし、100万円を超える金額をまとめて用意しなければならないことも全期前納の特徴です。

解約時は充当されていない保険料が返還される

全期前納で保険料を預けた後に医療保険を解約した場合、まだ保険料として充当されていない保険料が返還されます。

そのため、「前払いしてしまったら保険料が戻ってこない」という失敗を防ぐことが可能です。

また、保険期間中に被保険者が亡くなった場合も同様に未充当の保険料が返還されます。

毎年生命保険料控除の対象

生命保険料控除とは、その年に支払った保険料が所得から差し引かれることで住民税・所得税の負担を軽減できる仕組みのことです。

全期前納の場合は、保険会社に預けたお金が毎年引かれていくことになるため、毎年生命保険料控除を利用することができます。

会社員の方は「年末調整」、フリーランスや自営業者は「確定申告」によって控除を利用することができます。

医療保険や生命保険で支払った保険料を活用して、税金の負担を上手に軽減しましょう。

一括払い(一時払い)との違いは?

一括払い(一時払い)との違いは?

医療保険の保険料払込方法には、全期前納と同じく事前にまとめて支払う「一括払い(一時払い)」という方法もあります。

全期前納と一括払いの違いは、以下の表の通りです。

全期前納 一括払い(一時払い)
保険料支払いの特徴 保険会社に預けて、毎月・毎年などの決められた期間で保険料に充当されていく 保険料を一括で支払うことで完了する
解約時・死亡時の返還金 未充当の保険料は返還される 解約返戻金を除いて支払った保険料が返還されることはない
生命保険料控除 保険料が差し引かれている間は毎年控除の対象となる 一括で支払った最初の年のみ控除の対象となる

一括払いは保険料を預ける形の全期前納とは違い、一回で支払いが完了する払込方法です。

そのため、解約をしても保険料が返還されることはなく、生命保険料控除の対象となるのも最初の年だけです。

ここだけを見ると全期前納の方が良く見えますが、実際には両方ともメリットとデメリットが存在するため、どちらが自分に適した払込方法かを比較しておく必要があります。

全期前納と一括払いのメリット・デメリットを確認していきましょう。

全期前納のメリット・デメリット

全期前納のメリット・デメリット

まずは、医療保険の保険料を全期前納で支払う場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

医療保険の保険料払込方法を全期前納にするメリットとして、以下の2点が挙げられます。

  • 解約時や死亡時に未充当の保険料が返還される
  • 生命保険料控除を活用しやすい

まず、全期前納は保険料を保険会社に預けている状態であるため、途中で解約しても一部の保険料が返還される場合があります。

もし、契約してから「やっぱり必要ないかも」となって解約してもお金を取り戻せるというのは、安心感が大きいです。

また、毎年生命保険料控除の対象となるため、税金の負担を軽減できることも大きなメリットです。

デメリット

一方で、全期前納で保険料を納める場合、一括払いと比べて保険料総額が高くなるというデメリットがあります。

年払いや月払いと比べると保険料を安く抑えることができますが、同じようにまとめて支払う一括払いよりも保険料が高くなることに注意が必要です。

一括払い(一時払い)のメリット・デメリット

一括払い(一時払い)のメリット・デメリット

次に、医療保険の保険料を一括払い(一時払い)で支払うメリット・デメリットを解説していきます。

メリット

一括払いで保険料を納める場合、全期前納と比べて保険料総額を安く抑えることができます。

すべての保険料を一括で支払うため、ほかのどんな支払い方法よりも保険料が安くなるのは大きなメリットです。

しかし、一度で数百万円という大きな金額を支払うことになります。金銭面での負担をじっくり考えてから支払うことが大切です。

デメリット

医療保険の保険料を一括払いにする場合のデメリットとして、以下の2つが挙げられます。

  • 解約しても保険料が返還されない
  • 生命保険料控除が最初の年しか適用されない

一括払いの場合、保険料の支払いが完了してしまうため解約しても保険料が返還されません。

もし、途中で解約しても、解約返戻金以外には戻ってこないことに注意が必要です。

また、生命保険料控除は一括払いをした最初の年しか適用されません。

住民税や所得税の負担を軽減したい方には、あまり向いていない支払い方法と言えるでしょう。

医療保険の一括払いと全期前納はどちらがおすすめ?

医療保険の一括払いと全期前納はどちらがおすすめ?

ここまで、医療保険の保険料支払い方法として「一括払い」と「全期前納」をご紹介してきましたが、いったいどちらを選ぶのが良いのでしょうか。

次に、おすすめの保険料払込方法を解説していきます。医療保険の保険料払込でお悩みの方は、こちらを参考にしてみてください。

全期前納がおすすめの人

医療保険の全期前納をおすすめするのは、以下のタイプの人です。

  • 医療保険を解約をする可能性も視野に入れておきたい人
  • 生命保険料控除を毎年活用したい人

医療保険は全員必要なものではなく、人によっては不要な方もいる商品です。一度契約をしたものの「やっぱりいらない」となる可能性が十分にあります。

今後解約する可能性があるのなら、未充当の保険料が返還される全期前納が良いでしょう。

また、生命保険料控除が毎年利用できる点も全期前納のメリットです。

控除を活用して税金の負担を軽減したい方は、全期前納で保険料を支払うことをおすすめします。

一括払いがおすすめの人

医療保険を一括払いにすることをおすすめするのは、以下のタイプの人です。

  • 先に保険料を払い終えて安心して保障を受けたい人
  • 保険料をなるべく安く抑えたい人

一括払いで保険料を支払っておくと、保険料未納のリスクを防ぐことができます。

後でトラブルになることを事前に回避できるため、安心して保障を受けたい方は一括払いがおすすめです。

また、ほかの払込方法と比べて保険料総額が安く済む点も一括払いの大きなメリットです。

少しでも保険料の負担を抑えたい方は、一括払いを活用しましょう。

医療保険に悩んだら無料保険相談窓口を利用しよう

医療保険に悩んだら無料保険相談窓口を利用しよう

ここまで医療保険の全期前納などの払込方法について解説してきましたが、文字で解説されてもやはり迷ってしまうところがあるのではないでしょうか。もし、「解説を読んだけど、やっぱり自分では迷ってしまう」という方は、保険相談窓口の利用を検討してみましょう。

保険相談窓口には、保険やお金のことを専門とした相談員に相談をすることができます。複数の保険会社の商品を比較した上で、相談者にぴったりの保険を提案してくれるため、自分のライフプランに最適な保険を設計可能です。

また、オンラインでの相談に対応している相談窓口もあるため、地方にお住まいの方でも気軽に保険相談をすることもできます。このように、保険に関する相談窓口は意外にも気軽に利用することができるので、医療保険にお悩みの方は、ぜひ一度保険相談窓口を利用してみてはいかがでしょうか。

当ホームページを運営しているRAKUYAでも、保険のご相談に乗っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。(以下のリンクからぜひご相談くださいませ)

RAKUYAに相談してみる

まとめ

この記事では、医療保険の払込方法「全期前納」の特徴や一括払いとの違いを解説しました。

全期前納と一括払いにはそれぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとは言い切れません。

それぞれの特徴を把握した上で、ご自身に適した払込方法を選ぶことが大切です。

もし、医療保険について悩みがあるのであれば、無料保険相談窓口に相談することを検討してみるのも良いでしょう。

まずはお気軽にお問い合わせください。

RAKUYAでは、生命保険・医療保険など各種保険を専門に無料でご相談を受け付けております。
長い付き合いとなる各種保険、ぜひ専門家に相談してみませんか?

 

関連記事