介護保険
損保ジャパンに介護保険は存在するのか?加入の条件などを解説

損保ジャパンの介護保険

損保ジャパンに介護保険は存在するのか?加入の条件などを解説

老後の家族の安心を考えて、民間の介護保険の加入を検討している人も多いでしょう。その中には、損保ジャパンの商品を検討している人もいるのではないでしょうか。しかし、インターネットで検索してもなかなかそれらしいものが見つからず、困っている人もいるかもしれません。

そこで本記事では、損保ジャパンの介護保険について解説します。そもそも存在するのか、存在する場合はどのような介護保険なのか、あわせて確認していきましょう。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

損保ジャパンに介護保険はあるのか?

損保ジャパンの公式サイトを見ると、介護保険を取り扱っている様子はありません。しかし、損保ジャパンはコープの引受会社を務めているため、コープの介護保険を販売しています。

ただし、損保ジャパンが引受会社であるコープの保険は、誰でも加入できるわけではありません。制限がついているため、後ほど詳しく解説します。

旧安田火災社の介護補償保険(含積立)は損保ジャパンの介護保険?

関連する話ですが、インターネットで「損保ジャパン 介護保険」と検索すると、旧安田火災社の介護補償保険(含積立)に関するページが出てきたという人もいるでしょう。

結論から言えば、損保ジャパンは旧安田火災社の取り扱い代理店であるため、介護補償保険(含積立)の取り扱いを行っています。

安田火災社(安田火災海上保険)は損保ジャパンの前身の会社であり、当時販売されていた介護保険に対するお客さまからのお問い合わせ対応などを損保ジャパンが担っているというかたちです。

なお、安田火災社の介護保険は新規契約に対応していないので注意してください。

コープの介護保険(引受会社:損保ジャパン)

それでは、ここから損保ジャパンが引受会社であるコープの介護保険の保障内容や加入条件などを紹介していきます。こちらはコープの介護保険の公式ページを参考にまとめているので、より詳しく知りたい方は公式ページをご覧ください。

また、繰り返しになりますが、コープの介護保険は加入条件を満たさなければ、いくら保険料の支払いができたとしても加入できないのでご注意ください。

それでは、コープの介護保険の保障内容を簡単に解説していきましょう。

コープの介護保険の保障内容

コープの介護保険は、介護一時金、傷病死亡保険金が基本保障に含まれる掛け捨て型の保険商品です。貯蓄性はないため、解約返戻金は発生しません。

傷病死亡保険金は一律100万円ですが、介護一時金はコースによって金額がことなります。コープの介護保険に加入する場合は、以下5つのコースの中から自分に適したものを選択しましょう。

  • 介護一時金100万円コース
  • 介護一時金200万円コース
  • 介護一時金300万円コース
  • 介護一時金500万円コース
  • 介護一時金700万円コース

なお、生命保険会社に支払いする費用は、コースの種類と被保険者の年齢によって異なります。

今回は例として、55~59歳と60~64歳の保険料を一覧表にまとめたのでご参考ください。

コースの種類 55~59歳 60~64歳
100万円コース 220円 390円
200万円コース 390円 730円
300万円コース 560円 1,070円
500万円コース 900円 1,750円
700万円コース 1,240円 2,430円

※団体割引(28.51%)を適用した場合
※天災危険補償特約をセットにした場合

なお、保険期間は1年で、毎年1月1日に更新される仕組みになっています。次に、ここまで何度かお伝えしていたコープの介護保険への加入条件について触れていきましょう。

※組合員しか入れない

損保ジャパンが引受会社になっているコープの介護保険に加入するためには、生協の組合員登録が必要です。こちらは公式ページにその記述があります。

サービスのご利用は、ユーコープ・うらがCO-OP・全日本海員生協・富士フイルム生協の組合員の方に限ります。
引用元:https://www.coop-lifeservice.co.jp/hoken/company/10

例えば、神奈川県、静岡県、山梨県に住んでいる方は、ユーコープの組合員になると先ほど紹介した介護保険に加入できる仕組みになっています。

ユーコープの場合、生協に加入するために5口500円以上の出資金が必要です。出資金は生協を脱退するときに返金されますが、介護保険の手続きに加えて生協の登録をするのは面倒に感じる人には不向きと言えるでしょう。

別の会社で探すのがおすすめ

損保ジャパンが引受会社となっているコープの介護保険は、誰でも加入できる保険商品ではありません。生協の組合員登録が必要であるため、それが面倒に感じる場合は別の会社で介護保険を探してみるのも1つの方法です。

コープの介護保険の保障内容は比較的シンプルですが、もっと保障内容が充実していて自分が求めているのにぴったりな介護保険が見つかるかもしれません。

損保ジャパン以外で販売されている介護保険が気になる方は、以下記事もあわせてチェックしてみてください。ランキング形式でおすすめの介護保険を紹介しているので、自分に合う介護保険を探すのに役立ちます。

介護保険をランキング形式で比較して紹介!おすすめは?

まとめ

損保ジャパンはコープの介護保険の引受会社であるものの、自社開発の介護保険は販売していません。

コープの介護保険は保険料が安く、保障内容もシンプルで分かりやすいのが特徴です。しかし、介護保険に加入するためには、生協に出資金を出して組合員としての登録が必要です。誰でも気軽に加入できる介護保険とは言えないのが、デメリットと言えるでしょう。

損保ジャパンに限らず、介護保険はさまざまな保険会社で販売されています。民間の介護保険の加入を検討しているなら、この機会に別会社の介護保険にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

ホームページから保険料の支払い額を見積もりしてみたり、気に入ったプランの案内資料を請求してみたりしましょう。