がん保険
人気の高い安いがん保険の注意点とおすすめの選び方ポイント

人気の高い安いがん保険の注意点とおすすめの選び方ポイント

人気の高い安いがん保険の注意点とおすすめの選び方ポイント

安いがん保険は保険料が安くてお得感がありますが、一方で保障内容が十分なものなのか不安になりますね。

もちろん、保険料は毎月支払い続けるものなので安いほうがいいですが、万が一のときのがん保障が手薄になっているとせっかく保険料を支払っている意味がありません。

安いがん保険は安心して加入することができるのかを判断するには、安いがん保険の特徴や注意点などについて理解しておくことが大切です。

また、安いがん保険を選ぶ際のポイントを押さえることで、より納得できるがん保険を選ぶことができます。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

安いがん保険の3つの特徴

安いがん保険の3つの特徴

保険料が安いがん保険には、保険料を抑えるために保障範囲や保障金額、保障期間などをシンプルに必要最小限に設定してあるといった特徴があります。

1.保障範囲がシンプル

がん保障の範囲をシンプルにすることで、がん保険の保険料を安くすることができます。

たとえば、主契約を診断給付金のみにしてほかの保障は特約とすることで、保障範囲を最小限にし余計な保険料をかけずに済みます。

2.保障金額が低め

同様に、がん保険の保障金額を低く設定することで安い保険料にすることもできます。

たとえば、診断給付金は一般的に50万円~200万円の間で設定されることが多いですが、50万円に設定することで、保障金額は低くなりますが、安い保険料にすることができます。

3.保障期間が一定期間のみ

保障期間も安い保険料にするうえでポイントになります。

がん保険は、一生涯の保障のある「終身型」と一定期間のみを保障する「定期型」とがありますが、定期型の方が終身型よりも一般的に安い保険料となっています。

ただし、保障期間満了時に更新することになりますが、更新のたびに保険料が高額になるため、長い目で見ると安いとはいえない可能性もあります

安いがん保険の注意点

安いがん保険の注意点

がん保険に加入する際は、掛け金が安い方がうれしいですが、「安い」ということには理由があるものです。

後に困ったことにならないよう、安いがん保険の注意点について確認しておきましょう。

保障範囲は十分か

安いがん保険は保障範囲をシンプルに設定してありますが、「必要な保障」というのは加入者ごとに異なるものです。

入院給付金や通院給付金などにも備えておきたい方もいますし、先進医療保障もつけておきたい方もいるでしょう。

保険料が安いがん保険を選ぶことがメインになると、肝心の保障範囲が不十分になってしまう可能性があるため、安いかどうかだけでなく保障範囲についても確認が必要です。

診断給付金のチェックポイント

保障範囲の確認では特に、「診断給付金」のふたつの点に注目してください。

  • 上皮内新生物も保障範囲に入っているか
  • 1回のみの受け取りか複数回受け取れるか

上皮内新生物とは、初期のがんで深部にまで浸潤していないがんのことをいい、悪性新生物(がん)とは区別されて取り扱われます。

がん保険によっては、上皮内新生物の場合は保障対象外となるものもあり、給付金を受け取ることができません。

もしくは、受け取れるとしても、がんの場合の給付金の半額などに減額されることが多いです。

その分安い保険料にすることが可能となっていますが、がんと同様に保障を付けておきたい方は、上皮内新生物も保障対象となるがん保険に加入する必要があります。

また、診断給付金はがん保険によって1回のみしか受け取れない商品と複数回受け取ることができる商品とがあり、1回のみの受け取りのがん保険の方が安い保険料になります。

しかし、がんは再発や転移の可能性がある疾病なので、できれば複数回受け取れるがん保険の方が安心でしょう

保障期間は終身型?定期型?

先にも触れましたが、がん保険には終身型と定期型というふたつの保障期間があり、定期型がん保険のほうが終身型よりも安い保険料となっています。

保険料が安いのは定期型

定期型がん保険は、10年や20年といった保障期間のものが多く、保障期間満了後は自動更新されることがほとんどです。

しかし、更新の際には保険料が変わり、年齢とともに高額になっていきます

たとえば、0代に加入したときは保険料が1,000円台と安い設定だったものが、40代で更新する際には3~4,000円台に、さらに60代で更新となると1万円弱になるなど、段階的に高額になっていきます。

一方、終身型がん保険は、契約時に決めた保険料がずっと変わらず同じ保険料なので、年齢とともに保険料の支払い負担が大きくなるということがありません。

ただし、若く収入が少ないうちは定期型がん保険のほうが安いので、終身型がん保険を選ぶと保険料の支払いを負担に感じるかもしれません。

保障の見直しがしやすのも定期型

定期型がん保険は保障期間が一定期間に決められているので、保障期間満了の際に保障の見直しをして、最新の保障のがん保険に切り替えることができます。

一方、終身型は一度加入するとほかのがん保険に簡単に切り替えることが難しいので、保障の見直しがしづらいというデメリットがあります。

がんに罹患したら更新できない可能性が高い

ここまでの内容を見ると、定期型がん保険の方が保険料が安いうえに保障の見直しがしやすいため、いいことづくめのような気がしますね。

しかし、定期型がん保険は、一度がんに罹患してしまうと保障期間が満了したときに更新したり、ほかのがん保険に新規で加入したりすることが非常に難しくなります。

がん罹患率は50代や60代以降に急激に高くなり、また再発や転移の可能性もあるため、肝心なときに保障が得られなくなることがあるのです。

終身型がん保険は、定期型がん保険と比較して若いときの保険料が割高となりますが、一生涯のがん保障が得られるので、安い保険料の定期型も魅力的ですが、できれば終身型に加入することをおすすめします

「掛け捨て型」か「貯蓄型」か

がん保険を「貯蓄性の有無」の観点から分けると、「掛け捨て型」がん保険と「貯蓄型」がん保険のふたつに分類できます。

掛け捨て型がん保険は貯蓄性がないため、中途解約したときに解約返戻金が受け取れませんが、その分安い保険料となっています。

一方、貯蓄型がん保険は貯蓄性があるため、中途解約したときに解約返戻金を受け取れたり、「健康祝い金」といった名称で一定期間給付金の申請をしなかった場合に、お祝い金としてまとまった金額が受け取れたりします。貯蓄性がある分、保険料は割高になります。

安いがん保険に加入したい場合は掛け捨て型を、保険料を捨ててしまうのはもったいないから貯蓄性を持たせたいという場合は貯蓄型に加入すると良いでしょう

失敗しない選び方のポイント

失敗しない選び方のポイント

安いがん保険を選びたいとはいえ、十分な保障を備えているかも気になりますね。

いざというときに十分な保障が得られなければ、たとえ安い保険料でも支払い続ける意味がありません

そこで、安いがん保険を選ぶ際に失敗しないためのポイントについてご紹介していきます。

必要な保障はカバーする

ご説明したように、保障範囲を狭く、また保障金額を小さく設定することで安いがん保険にすることができますが、ご自身にとって必要な保障範囲をカバーし、保障金額も十分なものに設定することをおすすめします。

がん保険には、診断給付金や入院給付金、手術給付金、通院給付金、先進医療給付金、抗がん剤治療給付金といったように、さまざまな保障を付けることができます。

がん治療の選択肢を狭めないよう、また経済的な不安を感じることなく治療に専念できるよう、必要な保障は確保しておきましょう

安い保険料にするために保障金額を小さくしたい気持ちも理解できますが、本当にそれで充分な治療を受けられるのか再度確認しましょう。

保険期間は「終身型」がおすすめ

定期型がん保険の方が、終身型よりも安い保険料にすることができますが、長い目で見るとかえって高くつくこともあります。

また、健康状態によっては更新ができなくなるため、肝心なときにがん保障が得られない可能性もあります。

そのため、初めから終身型がん保険に加入し、いつがんに罹患しても手厚い保障を得られる状態にしておくことがベストといえます

若いうちに加入する

がん保険に若いうちに加入すると、同じ保障内容でも安い保険料にすることができます。

特に女性は、20代や30代といった若い世代でも、乳がんや子宮がんといった女性特有のがんに罹患する可能性があるため、安い保険料にするというためだけでなく、早めに加入することをおすすめします。

「ネット型」がおすすめ

「ネット型」がおすすめ

安いがん保険の有力な候補となるものに、「ネット型がん保険」があります。

ネット型がん保険は、インターネットで申込みが完結し、対面での契約と比較して安い保険料で保障内容が充実しているという特徴があります。

では、ネット型がん保険の詳しい特徴や契約する際の注意点などについて解説していきます。

安い保険料が魅力

ネット型がん保険の最も魅力的な点は、安い保険料という点です。

しかし「安いということは保障が不十分だったりするのでは?」と心配になりますが、そうではありません。

一般的に、保険料には将来の給付金の支払いに充てられる「純保険料」と、保険会社の運営費(人件費や広告宣伝費など)に充てられる「付加保険料」というものに分けられます。

ネット型がん保険は、店舗を構えないため事務所維持費がかからないうえ、人件費も最小限にとどめることができ、経費を大幅にカットすることができます。

そのため、対面式と比較して安い保険料にすることができるのです

必要な保障を削って安い保険料にしているわけではないので、安心して加入することができます。

すきなときにいつでも申し込みができる

ネット型がん保険は、インターネットに接続できる環境であれば、すきなときにいつでも申し込みができるというメリットがあります。

対面式の契約の場合、店舗窓口の営業時間内に出向く必要があり、日中忙しい方は相談に行くのが難しいことが多いです。

しかし、ネット型がん保険であれば、都合の良い時間に自宅に居ながらにして手続きが進められるので、利便性が高く人気の理由のひとつといえます。

保障内容などをひとりで決めなければならない

ネット型がん保険は、安い保険料で申込みがしやすいというメリットがありますが、対面式とは異なり、保障内容をご自身ですべて決めなければならないというデメリットがあります。

保険に詳しい方であれば問題ありませんが、がん保険に関する用語には難しいものもあるため、一人だと分りづらいところがあるでしょう。

そういったときにすぐに相談したり質問したりできない点はデメリットとなります。

操作がわかりづらいときがある

ネット型がん保険は、パソコンやスマートフォンなどから申し込むことになりますが、そういった機器に慣れていない方には、申し込み手続きがわかりづらいかもしれません。

サポートセンターに連絡するか、身内の方と一緒に操作するなど、対応を考える必要があるでしょう。

無料の保険相談を利用するのもおすすめ

無料の保険相談を利用するのもおすすめ

「安いがん保険に加入したいけれど、保障も十分なものにしたい。」
「ネット型がん保険に加入したいけれど、内容が難しいのでわかりやすく説明してもらいたい。」

このような悩みを抱えている場合は、無料の保険相談を利用することをおすすめします。

保険相談にあたるのは、ファイナルシャルプランナー(FP)などの保険の専門家なので、難解な保険の用語もわかりやすく説明してもらえるうえ、安い保険料でなおかつ安心な保障を備えたがん保険選びを一緒に考えてくれます。

納得できるがん保険に加入するためにも、質問や疑問はすべて解決したうえで申し込み手続きをすることをおすすめします。

まとめ

安いがん保険には、「保障範囲を狭する」「保障金額を低くする」「保障期間を一定期間に設定する」といった特徴があります。

安い保険料は魅力的ではありますが、いざというときに手厚い保障を受けられなければ安心してがん治療に臨むことができません。

ご自身が安心して治療に専念できるような保障は付けておきたいものです。

ネット型がん保険であれば、保障を削らずに安い保険料で加入できるため、ぜひ選択肢のひとつとして検討してみてください。