生命保険(死亡保険)
生命保険で交通事故は保障される?自動車保険との違いや特約について解説

交通事故に生命保険は使えるか?要注意ポイントを知ろう

誰しも不慮の交通事故に遭うリスクを抱えているため、ケガで入院・通院する際に備えておくことが大切です。

生命保険や損害保険を有効に活用し、万が一の保障をしっかりと準備しておく必要があります。

この記事では、交通事故に備えるための保険について、以下のポイントを解説していきます。

  • 生命保険と自動車保険の違いとは
  • 交通事故に備えるための生命保険の特約
  • 保険で交通事故に備えるための3つの注意点

「交通事故に備えておきたい」と考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

交通事故は生命保険で保障される

交通事故による死亡やケガなどは、生命保険によって保障することができます。

生命保険は、死亡・高度傷害状態をなったときに保障される「死亡保険」のイメージが一般的でしょう。

しかし、ケガや病気で保障される「医療保険」や、死亡保障に上乗せされる特約があるため、交通事故によるケガにもしっかりと備えることができます。

例えば、定期保険や終身保険といった「死亡保険」に加入していれば、死亡時に死亡保険金が支払われます。

また、医療保険に加入していたり、死亡保険に特約を付けていたりする場合は、ケガで入院・手術をした際に、入院・手術給付金が受け取れます。

しかし、交通事故に備えられるのは生命保険だけではありません。

損害保険の一種である「自動車保険」の特徴を理解しておくことで、交通事故への備えを充実させることができます。

自動車保険と生命保険の違いを確認していきましょう。

生命保険と自動車保険の違いとは?

生命保険と自動車保険は、「保険の対象」と「保険金の支払い方法」に違いがあります。

それぞれの違いを確認していきましょう。

生命保険と自動車保険の違い

まず、生命保険は「ヒト」を対象にした保険で、「定額の保険金」が支払われる保険です。

ヒトが死亡したり、ケガ・病気になったりした場合に、あらかじめ決められた保険金が受け取ることができます。

一方の自動車保険は、損害保険の一種で「モノ」を対象にしている保険です。

交通事故や自然災害、盗難などによって損害を受けた場合に、実際に生じた損害額が支払われます。

交通事故に遭った場合は両方とも保険金を受け取れる?

どちらの保険も、交通事故を起こした場合に保険金を受け取れます。

生命保険は、ケガや病気、死亡など保険金の支払い事由に該当すれば、給付金が支払われます。

契約内容に基づいた保険金の請求手続きを進めましょう。

一方で、自動車保険も人身傷害保険に加入していれば、相手方の入院費用の補償や自分自身の治療費などをカバーすることが可能です。

相手への被害額や、被害を受けたものの自分にも多少の過失があった場合の損害額を補償できます。

また、人身傷害保険についてはご自身が加害者であっても、過失の有無に関係なく支払われます。

生命保険と自動車保険の特徴を理解し、交通事故への備えを充実させておきましょう。

交通事故に備えられる生命保険の特約

交通事故に遭った際に備えるための生命保険の特約は、主に以下の4種類があります。

  • 災害入院特約
  • 災害割増特約
  • 特定損傷特約
  • 傷害特約

それぞれの特約の内容を理解し、不慮の事故にもしっかりと備えられるように準備しておきましょう。

災害入院特約

生命保険の災害入院特約では、偶然かつ突発的な外来の事故によって入院した場合に給付金が受け取れます。

「災害」と聞くと自然災害をイメージされやすいですが、交通事故や不慮の転落、転倒なども給付の対象になります。

商品によって日帰り入院から保障されるタイプや、120日を限度とした長期入院を保障してくれるタイプがあります。

あらかじめ特約の内容をきちんと確認しておきましょう。

災害割増特約

災害割増特約とは、災害によって死亡または所定の高度障害状態になった場合に、主契約の死亡保険金に割増保険金が上乗せされる特約です。

災害入院特約と同様に、交通事故も保障の対象になります。

例えば、主契約で2,000万円の死亡保険金、特約で500万円の割増保険金を設定していると、交通事故で亡くなってしまった場合に合計2,500万円の保険金が受け取れます。

突発的な事故は予想できないため、より手厚く備えたい場合には災害割増特約の活用を視野に入れましょう。

特定損傷特約

生命保険の特定損傷特約とは、不慮の事故によって骨折や関節の脱臼、腱の断裂などの特定の損傷があった場合に給付金が支払われる特約のことです。

災害入院特約は入院しなければならないのに対し、通院治療などの場合でも保障を受けることができます。

ただし、交通事故に遭ってから一定期間内に治療を開始していない場合、保障の対象外となるケースがあります。

事故からなるべく早く病院を受診し、治療を始めることをおすすめします。

傷害特約

傷害特約は、不慮の事故で死亡または所定の身体障害状態になった場合に保険金が支払われる特約です。

災害割増特約に似た特約ですが、傷害特約には身体障害状態も含まれる点が異なります。

身体障害状態で支払われる保険金額は、等級に応じて異なることも傷害特約の特徴です。

保険で交通事故に備える際の3つの注意点

生命保険や損害保険、自動車保険などで交通事故に備える場合は、以下の3つの点に注意しておきましょう。

  • 保障を受けられないケースに注意する
  • 生命保険と自動車保険でカバーし合う
  • 保障と家計のバランスを見極める

それぞれの注意点を確認し、万が一の交通事故に備えておきましょう。

保障を受けられないケースに注意する

保険によって保障を準備していても、適用対象外になって保険金を受け取れないケースがあります。

あらかじめ保障を受けられる範囲を把握しておかないと、あとでトラブルになるリスクがあるため注意が必要です。

例えば、自動車保険の場合は、家族間で事故を起こしても補償されない商品が多いあります。

また、飲酒運転やスピード違反など法律を守らずに交通事故を起こした場合も、損害額を補償されないケースがほとんどです。

事前に保障が適用される範囲を把握しておき、トラブルを回避できるようにしておきましょう。

生命保険と自動車保険でカバーし合う

生命保険では、すでにご紹介したような特約などを上乗せすることで、交通事故への備えをある程度充実させることができます。

そのため、必ずしも生命保険と自動車保険の両方に加入する必要はなく、必要な保障をカバーし合う形で保険プランを設計しましょう。

例えば、万が一交通事故に遭ったときの備えを生命保険で十分に活用できているのであれば、無理に自動車保険を契約する必要はありません。

一方で「加入義務のある自賠責保険だけでは、交通事故の被害者への補償が不安」といったニーズがある場合は、自動車保険の加入がおすすめです。

このように、基本的には生命保険でケガや病気、死亡のリスクに備えておき、補償し切れない部分を自動車保険で補うことを心掛けましょう。

保障と家計のバランスを見極める

生命保険や損害保険で万が一の交通事故に備えることは重要ですが、一方で日常生活の家計に無理な負担をかけないことも大切です。

保険への加入で家計が圧迫されることがないように注意しておきましょう。

交通事故については「どれくらいお金がかかるのだろう」と不安になり、保障を手厚くしたい気持ちが強くなりやすい傾向にあります。

しかし、万が一の備えによって日常生活が苦しくなっては元も子もありません。

必要最低限の保障内容にとどめておき、無理のない範囲で保険料を支払いましょう。

保険で悩んでいるなら保険相談窓口を利用しよう

交通事故に備えた生命保険のように、ご自身の保険プランでお悩みの方は保険相談窓口を利用してみましょう。

保険の見直しや加入についての悩みを専門家に無料で相談することができます。

保険相談窓口では、生命保険・損害保険の加入や見直しの相談だけでなく、家計の相談や保険商品への申し込み、アフターフォローまで対応しています。

専門のファイナンシャルプランナーが人生設計を踏まえた保険プランを提案してくれるため、保険への知識に自信がない方でも安心して相談できます。

生命保険・損害保険への加入・見直しを検討している方は、保険相談窓口を利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

生命保険で交通事故への保障を準備しておくことは可能です。

自動車保険との違いをしっかりと理解して、万が一の事故に備えておくことをおすすめします。

また、生命保険と自動車保険を契約する場合は、保障の適用範囲や家計とのバランスが重要になります。

本記事でご紹介した注意点を参考に、最適な保険プランを考えていきましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください。

RAKUYAでは、生命保険・医療保険など各種保険を専門に無料でご相談を受け付けております。
長い付き合いとなる各種保険、ぜひ専門家に相談してみませんか?

 

関連記事