医療保険
【20代必見!】おすすめの医療保険や男女別の平均保険料などを解説

20代におすすめの医療保険は?

病気やけがになったとき、医療費や入院費をカバーできる医療保険。ただ、病気やけがのリスクが低いと言われる20代の方には、医療保険の必要性がイメージできない方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は20代の方こそ、医療保険への加入が必要な理由があります。そうなると、どの保険に加入すればいいか、20代の自分におすすめの医療保険もセットで知っておきたいですよね。

そこで、こちらでは、20代の方が医療保険に加入すべき理由やおすすめの医療保険を解説。また、医療保険の選び方や、平均保険料などの20代の方が気になるデータを取り揃えました。

どの医療保険に加入したら良いのかわからない20代の方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

20代に医療保険は必要?加入すべき理由を解説

「20代のうちは健康だから、医療保険は必要ない。」

このように考えている20代の方も多いのではないでしょうか。実は医療保険は、独身・既婚や男性・女性関係なく、全ての20代の方が加入すべき保険といえます。

「なぜ、20代で医療保険に加入すべきなのか」、その理由を解説していきましょう。

ケガや病気に伴う治療費・入院費は意外と高額

就職してまもない20代の方には、収入が少なかったり、十分な貯蓄がなかったりする方も多いのでは。そんな20代の方がけがや病気になった場合、以下の費用を支払わなければなりません。

  • 治療費
  • 差額ベッド代
  • 食費
  • 交通費(見舞いに来る家族の交通費を含む)
  • 日用品

一部の費用は、国民健康保険や健康保険、高額療養費制度などの公的保障でカバーできます。しかし、公的保障では、全ての費用をカバーすることはできません。カバーできない部分は、自己負担になります。

ここで、生命保険文化センターが実施した「令和元年度 生活保障に関する調査」によると、1日あたりの入院費の自己負担額の平均は23,300円。この調査対象には「公的保障を利用した後の自己負担額」も含まれています。

仮に、病気で30日間入院した場合、23,300×30=699,900。自己負担額は約70万円となります。結構、家計に痛い金額ですよね…。

そんなとき民間の医療保険に加入していたら、病気やけがに伴う出費を入院給付金や手術給付金でまかなえます。20代で病気やけがになっても、安心して治療に専念したり、社会復帰のための準備をしたりできるでしょう。

したがって、貯蓄や収入が少ない20代の方こそ医療保険に加入し、万が一の事態に備える必要があります

妊娠・出産中の想定外のトラブルに備えられる

これは女性限定の話ですが、妊娠や出産に伴うリスクに備えたい20代の女性にも、医療保険は必要です。

ここでデータを持ち出すと、20代女性の入院理由第1位は、「妊娠・分娩・産褥(さんじょく)」。第2位の「精神、および行動の障害」に対して、圧倒的な入院数となっています。

厚生労働省「平成29年患者調査」を参考

なぜ入院理由第1位に妊娠・分娩・産褥(さんじょく)」が入るかというと、妊娠中は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、切迫早産などの想定外のリスクが高まるからです。同じ理由で、20代女性には特に医療保険の加入をおすすめしています。

医療保険に加入していれば、仮に妊娠中に不測の事態が発生しても、手術や入院に伴う費用を給付金でまかなえます。

また、帝王切開に伴う入院や手術も保障の対象になりますし、吸引分娩などのいわゆる通常の分娩方法とは違う出産となった場合にも保険金をもらうことも可能です。(対象外となるケースもありますが、詳しくは「吸引分娩での出産には医療保険が使える?保険利用時の注意点を解説!」をご覧ください)

このように、加入するメリットが大きいので、独身・既婚に関わらず、妊娠や出産に備えたい20代の方は早めに医療保険に加入しましょう。

さて、ここまで加入の必要性を解説しましたが、「なんとなく医療保険に加入したほうがいいかも」、と感じたでしょうか。ただ、①実際どれくらいの人が加入しているのか、②加入したら平均でどれくらい保険料を支払うのか、といったことも気になりますよね。

そこで、次に20代の医療保険にまつわる各種統計データを引っ張り出してきました。

医療保険にまつわる各種データを見よう

それでは、早速20代の医療保険にまつわる各種統計データを見てみましょう。まずは、20代の医療保険への加入率から。

20代の加入率

20代の医療保険加入率を男女別に表にまとめました。

性別 男性 女性
加入率 44.9% 51.3%

上記のデータによると、20代の方は約半数の人が医療保険に加入していることがわかります。20代男性よりも20代女性のほうが加入率が高いのは、先に解説した妊娠・出産に備えたときのメリットが大きいからですね。

ちなみに、30代では約70%の人が医療保険に加入しています。20代で約半数、30代で70%が加入しているということは、それだけ医療保険が必要とされているという結果でもありますね。

さて、それでは医療保険に加入した場合の保険料はどうなっているでしょうか?20代の平均保険料(月額)を見ていきましょう。

20代の平均保険料(月額)

下記が、20代の医療保険の平均保険料(月額)です。

性別 男性 女性
平均保険料(月額) 12,250円 9,500円

公益財団法人生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」より

このデータを見た20代の知人は「みんな結構支払ってるな…。」と驚いていました。あなたにとっても、ちょっと意外なデータだったのではないでしょうか?

ただ、一応安心してもらいたいのですが、上記は医療保険の他に生命保険なども含まれた20代の平均保険料です。医療保険のみのデータはなかったため、こちらのデータを参考に引っ張り出しました。

加えて、医療保険のみに絞ると、もっと平均保険料は低いでしょうし、実際に1,000円代で加入できる医療保険も存在します。このように、医療保険単体での負担はそこまで大きくないので、なるべく医療保険に加入して予想外の出費に備えるようにしましょう。

20代にふさわしい医療保険の選び方

医療保険には、加入時に入院給付金や支払い限度日数など、自由に選べる項目があります。しかし20代の方には、これらの項目をどのように選べば良いのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

選び方によっては、保障が不十分になったり、保険料が高くなったりする恐れも。そこで20代の方が医療保険に加入するときに、注意したいポイントを説明します。

入院給付金は日額5,000円以上を選択する

入院給付金とは、病気やけがの治療で入院したときに支給される給付金。

医療保険に加入する際、入院1日あたりの入院給付金の金額を選択できます。具体的には、入院1日あたり3,000円・5,000円・10,000円などから選択可能。

入院給付金の金額が高いほど、保険料が値上がりします。そのため、入院したら給付金がいくら必要になるかを把握したうえで、入院給付金の金額を選択しましょう。

保険料を抑えたい20代の方は、入院給付金を5,000円に設定するのがおすすめ。

「個室ではなく大部屋に入院して差額ベッド代を抑える」といった制限はありますが、最低限必要な費用をカバーできます。

女性の方には「女性疾病特約」がおすすめ

一方で20代の女性の中には、「妊娠や出産、女性特有の疾病の場合は個室に入院したい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

個室に入院する場合、入院給付金は10,000円以上が理想。しかし入院給付金が10,000円の場合、5,000円の場合と比較して保険料は2倍程度高くなります。

そこで、おすすめなのが、「女性疾病特約」を付加して妊娠や女性特有の疾病による入院に対する保障を上乗せする方法。

基本の入院給付金を5,000円に設定し、女性疾病特約による入院の場合のみ入院給付金を5,000円上乗せすると、保険料をおさえられますよ。

支払い限度日数は60日以上を選択する

支払い限度日数とは、1回あたりの入院で入院給付金が支払われる上限日数を指します。

例えば支払い限度日数が60日の場合、90日間入院しても61〜90日目は入院給付金が支払われません。

医療保険に加入する際は、支払い限度日数を60日・90日・180日などから選択できます。支払い限度日数が長くなるほど保険料が高くなるため、保険料をおさえたい20代の方は最低限必要な日数を設定しましょう。

厚生労働省の「平成29年 患者調査」によると、平均入院日数は29.3日とされています。しかし結核や脳卒中、骨折など、病気やけがによっては入院日数が30日以上に及ぶケースも。

したがって20代の方は、支払い限度日数を60日に設定しましょう。

終身型を選んで全体的な保険料をおさえる

医療保険には、終身型と定期型の2種類がありますが、20代の方にはぜひ終身医療保険をおすすめします。

終身型は、保障期間が一生涯にわたる保険で、保険料は加入時のまま値上がりしません。そして、20代というのは最も保険料が安い期間なので、20代に終身医療保険に加入すれば一番安い保険料を終身まで継続することができるのです。

一方の定期型では保障期間が5年、10年と定められており、更新のたびに保険料が高くなります。40代・50代となると保険料もかなり値上がりして家計を圧迫しがちです。

これらの事実を踏まえると、20代の方は終身医療保険を選ぶべきです。あとに紹介する20代におすすめの医療保険も終身医療保険から選んでいるので、ぜひ参考にされてください。

補足:先進医療特約はつけるべき!

医療保険加入時に先進医療特約というものをつけることができます。これは月100円ほどの保険料を上乗せすることで、先進医療という特殊な治療にも対応できるようになる特約です。

結論を言えば、この先進医療特約は絶対に付けましょう。支払いは少なく、医療保険の”お守り”としての機能を強化してくれます。詳しくは、下記の記事にてなぜ必要なのかといったことを解説してあるので、気になる方はぜひご覧になってください。

がん保険や医療保険に先進医療特約は必要?費用や確率などの実際の話

20代におすすめの医療保険ランキングBEST3

それでは、最後に20代におすすめの医療保険をランキング形式で紹介します。商品だけでも30種以上もある医療保険。今回はその中から保障内容や保険料などを比較して、厳選したものだけランキング付けしました。

いずれもインターネット上の手続きで申し込みが完結する保険。隙間時間に自分のペースで設計したり、保険料をシミュレーションしたりできるので、自分にぴったりのプランをじっくり検討してくださいね。

1位:チューリッヒ生命「終身医療保険 プレミアム DX(Lady)」

20代におすすめの医療保険ランキング第1位は、チューリッヒ生命の「終身医療保険 プレミアム DX 」です。

  • 必要最低限の保障から手厚い保障まで、自由に設計できる
  • 月約1,000円~と格安な保険料
  • 女性特有の病気に上乗せ保障あり

上記の通り、20代に応じた保障と保険料を設定できるので、20代の男性にも女性にもおすすめできる終身型医療保険です。

また、より充実した医療保険の保障がほしい20代の方には、特約の付加もおすすめできます。

例えば、以下の特約を追加すると、七大疾病(がんや脳卒中、糖尿病など)やストレス性疾病の治療で長期間入院した場合、入院給付金の支払い限度日数を無期限に延長できます。

  • 七大疾病延長入院特約
  • ストレス性疾病延長入院特約

特に、20代の方にとって発症リスクの高いストレス性疾病への保障を手厚くできるのは大きな魅力です。

ただし、特約を追加すると保険料も高くなります。月いくらまでなら保険料を支払えるか確認したうえで、設計してくださいね。

終身医療保険 プレミアム DX

終身医療保険 プレミアム DX Lady(女性の方はこちら)

2位:メディケア生命 「新メディフィットA」

「新メディフィットA」の特長は、以下の特約を付加してがんの保障を手厚くできる点。

  • 特定疾病一時給付特約
  • 特定3疾病保険料払込免除特約(20)
  • 薬剤治療特約

また他の保険では対象外となる場合が多い、「上皮内がん(初期段階のがん)」も保障の対象になります。

一方で、がん特約を付加しない最低限のプランを選択した場合は、月々1,000円前後の保険料で加入できますよ。

20代の頃からがんに備えたい方、保険料をおさえたい方におすすめです。

メディケア生命 「新メディフィットA」

3位:ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」

「ネオdeいりょう」の特長は、健康状態が一定基準を満たしている場合に保険料が安くなる点。以下の条件を満たす20代の方なら、健康保険料率が適用され保険料が安くなる可能性が高いです。

  • 入院歴がない
  • 非喫煙者である
  • BMIが18以上27未満

また女性特有の疾病に対する保障が充実している点も魅力的。具体的には、以下の特約を付加できます。

  • 女性疾病特約
  • 女性特定手術・乳房再建保障特則

これらの特約を付加すると、他の商品では保障対象外となる特定の手術を行なった場合も給付金を受け取れます。(例:乳房再建術)

女性特有の疾病に対して手厚い保障が欲しい20代の女性はもちろん、健康な20代のうちにお得に保険に加入したい方にもおすすめですよ。

ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」

まとめ

医療保険は、万が一のときに自分自身を守るための保険。そのため、女性・男性や独身・既婚に関係なく、全ての20代が医療保険に入るべきといえます。

収入や貯蓄が少ない20代の方にとって、病気やけがになったときの医療費や入院費は、大きな出費。医療費を支払えなければ、治療を諦めなくてはなりません。

そこで20代の今こそ、月額1,000円〜2,000円程度の保険料で一生涯にわたってサポートしてもらえる、終身型の医療保険に加入しましょう

今回ご紹介した、医療保険の選び方やおすすめ商品を参考にして、ぜひ自分にぴったりの医療保険を選んでくださいね。