医療保険
40代の医療保険について

40代の医療保険について

仕事で重責を担ったり、子どもが受験を迎えたり。公私ともに忙しさを感じる、40代の方も多いのではないでしょうか。

同時に40代は、疲れや不調などの体の衰えを感じ始める時期でもあります。「余裕ができたら、医療保険を検討しよう」と考えている40代の方もいらっしゃるのでは。

実は医療保険は、40代の方が今すぐ加入すべき保険といえます。そこでこの記事では、40代の方がなぜ医療保険に加入すべきかを説明します。

また医療保険の選び方やおすすめの商品もご紹介。どんな医療保険に加入したら良いのかわからない、40代の方は参考にしてくださいね。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

40代が今すぐ医療保険に加入すべき3つの理由

「仕事が落ち着いたら、医療保険を検討しよう。」

このように、医療保険の検討を先延ばしにしている40代の方も多いのではないでしょうか。実は40代の方は、今すぐ医療保険に加入すべきです。そこで、40代の方にとっての医療保険の必要性を説明します。

また20代〜30代の方に医療保険に加入した40代の方も、今一度保障内容の見直しが必要です。40代の今、改めて医療保険について考え直してみましょう。

40代以降は病気になるリスクが急激に高まる

「40代になって、30代の頃よりも体の不調を感じるようになった」という方も多いのではないでしょうか。

実は40代になると、生活習慣病やがんになるリスクが急激に高まります。国立がん研究センターの「最新がん統計」によると、40代でがんになる確率は30代以下の3〜4倍。

女性の場合、乳がんになる確率は40代後半〜50代前半がピークになります。

生活習慣病やがんが身近な病気となりつつある40代にとって、医療保険は一刻も早く加入したい保険といえるでしょう。

また医療保険に加入したくても、健康状態によっては保険料が高くなったり、保険に加入できなかったりする場合があります。例えば以下の条件に当てはまる場合、保険料が高くなったり、特定の部位・疾病が不担保となる恐れがあるでしょう。

  • 過去2年以内に、健康診断や人間ドックで異常を指摘された項目がある
  • BMIが基準値を超えている

40代は、病気になるリスクが急激に高まる世代。40代の方は、健康なうちに早めに医療保険に加入しましょう。

40代で病気になると家計への影響は絶大

40代は、教育費や住宅ローンなどの出費がかさむ時期。

そんな40代の方がけがや病気になり入院した場合、以下の費用を支払わなければなりません。

  • 治療費
  • 差額ベッド代
  • 食費
  • 交通費(見舞いに来る家族の交通費を含む)
  • 日用品

一部の費用は、国民健康保険や健康保険、高額療養費制度などの公的保障でカバーできます。しかし公的保障では、全ての費用をカバーできません。カバーできない部分は、自己負担になります。

生命保険文化センターが実施した「令和元年度 生活保障に関する調査」によると、1日あたり自己負担する入院費の平均額は23,300円。調査対象には「公的保障を利用した後の自己負担額」も含まれています。

そのうえ40代の入院費の自己負担額は、他の世代と比較して高額になりやすいと言われています。

年代自己負担額の平均(円)
20代18,447
30代23,546
40代27,712
50代22,957
60代21,366

※「令和元年度 生活保障に関する調査」をもとに作成

40代は支出が多いうえに、入院費が高額になりがち。40代で病気になると、家計へのダメージは絶大といえます。また入院すると働けなくなるため、収入が減ってしまう恐れも。

家族を養っている方はもちろん、専業主婦(主夫)や独身の方にとっても、入院は心身ともに大きな負担となります。

40代の方は医療保険に加入し、万が一のときに生活への影響を最小限に抑えられるよう、備えておきましょう。

若い頃に加入した医療保険では保障が十分ではない恐れも

20代や30代の頃に医療保険に加入した40代の方は、当時加入した医療保険の保障内容を今一度見直しましょう。

10〜20年前と現在では、医療事情は大きく変化しています。したがって、昔加入した医療保険では保障な不十分な場合もあるでしょう。

また「保険に関する知識が不十分なまま、とりあえず医療保険に加入してしまった」という40代の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

せっかく医療保険に加入していても、万が一のときに役に立たなければもったいないですよね。

若い頃に医療保険に加入した40代の方は保障内容を確認し、必要に応じて保険の見直しや新しい医療保険への加入を検討しましょう。

40代が付加したい保障

女性・男性、既婚・独身に関わらず、全ての40代にとって医療保険は必要不可欠なもの。

病気のリスクが高まる40代の方は、医療保険にさらに特約を付加して、より保障を手厚くしましょう。ここでは、40代の方が医療保険に付加しておくと安心できる保障をご紹介します。

先進医療に対する保障「先進医療特約」

年代に関わらず、医療保険に加入する全ての方が必ず付加すべきなのが、先進医療を保障の対象とする「先進医療特約」。

先進医療とは、厚生労働大臣に承認された先進性の高い医療を指します。先進医療は公的医療保障制度の保障対象外。医療費は全額自己負担となります。

例えばがん治療の先進医療として知られる「陽子線治療」。陽子線医療は、がん細胞に対し集中的に放射線を照射する技術で、1回照射するごとに平均で約294万円の費用がかかると言われています。

40代で病気になり、先進医療が必要と診断された場合、高額な医療費を自己負担しなければなりません。自分や家族の将来のために貯めた貯金を、大きく切り崩すのは辛いですよね。しかし医療保険に先進医療特約を付加していた場合は、医療費に相当する給付金を受け取れますよ。

また先進医療特約には、医療費の他に一時金を受け取れるものもあります。先進医療は、限られた医療機関でしか受けられません。

希望の先進医療を受けるために遠方の医療機関に通うと、交通費や宿泊費がかさんでしまう恐れも。そんなとき、先進医療特約から一時金が給付された場合、交通費や宿泊費を一時金でまかなえますよ。

先進医療特約の保険料の相場は、月額100円程度。医療保険に先進医療保険特約を付加しても、保険料はそれほど高くなりません。医療保険に加入する40代の方は、先進医療特約を必ず付加しましょう。

女性特有の疾病を保障する「女性疾病特約」

40代は、女性特有の病気を発症する確率が高まる時期。そこで女性特有の疾病に対する保障を上乗せできる「女性疾病特約」を医療保険に付加しましょう。

医療保険に女性疾病特約を付加しておくと、女性特有の病気で入院した際に、基本の保障に上乗せして給付金が受け取れます

女性特有の病気とは、例えば以下のようなもの。

  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 子宮筋腫
  • 卵巣嚢腫

特に乳がんや子宮がん、子宮筋腫などは、40代以降で発症する確率が急激に高まります

万が一のときに治療に専念できるよう、40代の女性は医療保険に女性疾病特約を付加してくださいね。

がんに対する保障「がん特約」

40代の方にとって、がんになるリスクは他人事ではありません。がんになる確率は、男性・女性ともに40代以降に高まります。

医療保険にがん特約を付加すると、がんへの保障を手厚くできますよ。がん特約では、がんと診断された際に一時金が支給されたり、入院給付金が上乗せして支給されたりします

また、がんのリスクに備えるには、「がん保険」に加入する方法も。しかしがん保険は、がん以外の病気に対する保障がありません。したがってがん保険に加入する場合、医療保険にも加入する必要があります。

2つの保険に加入すると、保険料が割高になってしまう恐れも。保険料を無理なく支払えるのであれば、医療保険・がん保険の両方に加入するのも選択肢の1つです。

一方で保険料をおさえながら、がんの保障を手厚くしたい40代の方は、医療保険にがん特約を付加するのがおすすめ。

家計や貯蓄の状況に応じて、「医療保険とがん保険の両方に加入」「医療保険にがん特約を付加する」のどちらかを選んでくださいね。

医療保険を選ぶときに注意したいポイント

医療保険には、入院給付金や支払い限度日数など自由に選べる項目があります。しかし、これらの項目の選び方がわからない方も多いのでは。選び方によっては保障が不十分だったり、不要な保険料を支払ったりする恐れも。

そこで40代の方が医療保険に加入するときに注意したいポイントを3つご紹介します。すでに医療保険に加入している40代の方も、保障内容が3つのポイントを満たしているか確認してくださいね。

個室に入院したいなら入院給付金額は10,000円以上を選択する

入院給付金とは、病気やけがの治療で入院したときに支給される給付金のこと。

医療保険に加入する際、入院1日あたりの入院給付金の金額を3,000円・5,000円・10,000円などから選択できます。

入院給付金は、保険料と大きく関連する要素。入院給付金の金額が高いほど保険料が値上がりします。したがって入院したら給付金がいくら必要になるかを把握したうえで、入院給付金の金額を選択しましょう。

例えば個室に入院したい場合は、入金給付金は10,000円以上が理想。一方で、「個室ではなく大部屋でかまわない」という場合は、入院給付金は5,000円で十分です。

また「女性特有の疾病で入院した場合は個室に入院したい」という40代の女性も、入院給付金は10,000円以上を選択してください。

または、「女性疾病特約」を付加して妊娠や女性特有の疾病による入院に対する保障を上乗せする方法もおすすめ。

基本の入院給付金を 5,000円に設定し、女性疾病特約による入院の場合のみ入院給付金を5,000円上乗せすると、保険料をおさえながら手厚い保障が得られますよ。

支払い限度日数は60日以上を選択する

支払い限度日数とは、1回あたりの入院で入院給付金が支払われる上限日数のこと

医療保険に加入する際は、支払い限度日数を60日・90日・180日などから選択できます。一般に、支払い限度日数が長くなるほど保険料が高くなります。保険料をおさえたい40代の方は、最低限必要な日数を設定しましょう。

厚生労働省の「平成29年 患者調査」によると、平均入院日数は29.3日とされています。

しかし、病気やけがによっては入院日数が30日以上に及ぶケースもあります。基本的な保障としては、支払い限度日数は60日あれば十分でしょう。

また医療保険には、入院が長期化しやすい病気になったときに支払い限度日数が無制限になる特約を付加できる商品も。基本的には支払い限度日数を60日と設定しながら、特約で万が一入院が長期化する病気になったときに備えておくのもおすすめですよ。

「終身型」で生涯の保険料を抑えて

医療保険には、終身型と定期型の2種類があります。

終身型は、保障期間が一生涯にわたる保険。終身型の場合、保険料は加入時のまま値上がりしません

その一方で、定期型とは保障期間が5年、10年と定められた保険のこと。保障期間が満了するときに保険を更新すると、同じ保障内容で加入を継続できます。ただし保険料は更新時の年齢で再計算されるため、更新のたびに保険料が高くなります。

40代の方には、終身型の医療保険への加入がおすすめ。保険料は加入時の年齢や健康状態によって計算されます。

健康な40代のうちに終身型の医療保険に加入し、比較的安い保険料で一生涯の保障を準備しましょう

一方で40代時点の保険料で比較すると、終身型の医療保険は、定期型よりも高額になる可能性があります。しかし生涯にわたって払い込む保険料は、定期型よりも終身型の方が安くなる場合がほどんどです。

医療保険は積立型ではなく、掛け捨て型の保険。病気やけがにならなければ、払い込んだ保険料は戻りません。40代で医療保険に加入するなら、終身型の医療保険がおすすめです。

おすすめの医療保険3選

ここからは、40代におすすめの医療保険を厳選してご紹介します。いずれもインターネットからの手続きで申し込みが完結する保険。

忙しい40代の方でも、隙間時間に自分のペースで設計したり、保険料をシミュレーションしたりできます。保険料や保障内容を確認して、自分にぴったりのプランを検討してくださいね。

チューリッヒ生命「終身医療保険 プレミアム DX(Lady)」

「終身医療保険 プレミアム DX 」は、40代の男性におすすめの終身型医療保険。

特約の種類が充実しており、必要に応じて保障を手厚くできる点が魅力です。

例えばがんへの保障を手厚くしたい場合、以下の特約がおすすめ。

特約保障内容
3大疾病
診断給付金
特約
初めてがんと診断されたら、
50万円もしくは100万円の
給付金を一括で受け取れる
3大疾病
保険料払込
免除特約
初めてがんと診断されたら、
以降の保険料の払込が免除される
(保障は一生涯継続される)

また以下の特約を追加すると、七大疾病(がんや脳卒中、糖尿病など)やストレス性疾病の治療で長期間入院した場合、入院給付金の支払い限度日数を無期限に延長できます。

  • 7大疾病延長入院特約
  • ストレス性疾病延長入院特約

最低限のプランの場合、保険料は3,000円程度に抑えられますが、特約を追加するごとに保険料は値上がりします。貯蓄や家計の状況を把握し、月額いくらまでなら保険料を支払えるか確認したうえで、必要な特約を追加してくださいね。

40代の女性には、「終身医療保険 プレミアム DX Lady」がおすすめ。

月々 4,000円程度の保険料で、女性特有の疾病で入院した際に上乗せの保障を得られます。

オリックス生命 「医療保険 新CURE」

「医療保険 新CURE」も、40代の男性におすすめの終身型医療保険です。

魅力は、主契約部分が充実している点。

特約を付加しなくても、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で入院した場合の支払い限度日数が無制限になります。

さらに三大疾病を除く七代疾病(糖尿用や高血圧など)で入院した場合は、支払い限度日数が120日まで延長されますよ。

また、以下の特約を付加してがんに対する保障を手厚くできるのも、大きな魅力です。

  • がん一時金特約
  • がん通院特約
  • 重度三大疾病一時金特約

40代の女性には「医療保険 新CURE Lady」がおすすめ。

月々4,000円程度の保険料で、女性特有の疾病で入院した際の保障を手厚くできますよ。

ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」

「ネオdeいりょう」の魅力は、他の商品と比べて女性特有の疾病に対する保障が充実している点。

具体的には、以下の特約を追加して女性特有の疾病に対する保障を充実させられます。

  • 女性疾病特約
  • 女性特定手術・乳房再建保障特則

特に注目したいのは、「女性特定手術・乳房再建保障特則」。他の商品では保障対象外となる特定の手術を行なった場合でも、50万円、もしくは100万年の給付金を受け取れます

(例:乳房再建術)

まさに、女性特有の疾病に対して手厚い保障が欲しい40代の女性にぴったりの医療保険といえるでしょう。

また、健康状態が一定基準を満たしている場合は保険料が安くなります。以下の条件を満たす40代の方なら健康保険料率が適用されるため、保険料を抑えられるでしょう。

  • 入院歴がない
  • 非喫煙者である
  • BMIが18以上27未満

40代の女性はもちろん、健康な40代のうちにお得に保険に加入したい40代の男性は、ぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

40代にとって医療保険とは、男性・女性や独身・既婚に関わらず必要不可欠なものです。教育費や住宅ローンなど、出費が多い40代。そんな40代の方が病気になってしまうと、家計へのダメージは絶大です。

40代で医療保険に未加入の方は、今すぐ検討を始めましょう。また若い頃に医療保険に加入した40代の方も、今一度保障内容を見直して下さい。

そして、ご紹介した医療保険の選び方やおすすめ商品を参考に、ぴったりの医療保険に加入してくださいね。