医療保険
50代が入るべきおすすめの医療保険は?必要性や平均月額などを解説

50代におすすめの医療保険は?

50代は身体の不調を感じ始めたり、身近な人が病気になったりして、死亡保険や医療保険への関心が高まる時期です。

一方で住宅ローンや教育費などの出費がかさむ時期でもあるため、「家計に余裕ができたら、医療保険を検討しよう」と考えている50代の方も多いでしょう。

実は医療保険は、50代の方が今すぐ加入すべき保険といえます。そこでこの記事では、50代の方にとっての医療保険の必要性を解説します。

また医療保険の選び方やおすすめの商品もご紹介。医療保険の選び方がわからない50代の方は参考にしてくださいね。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

50代はいますぐ医療保険に加入すべき!

50代の方にとって医療保険は、なるべく早く加入すべき保険です。なぜ早く加入すべきなのか、50代の方にとっての医療保険の必要性を説明します。

50代は40代と比べて病気になるリスクが急激に高まる

身体の衰えを感じ始めるとともに、命に関わる病気を発症するリスクが高まる50代。特に、50歳以降になると、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になるリスクが急激に高まります。

例えば、50代の脳卒中の患者数は40代の2倍以上。女性で乳がんになる確率は、40代後半から50代前半がピークと言われています。

このように、50代はこれまでと比較して病気のリスクが非常に高まる年代です。しかし、逆を言えば医療保険を活用する機会の多い年代とも言えます。

仮に、三大疾病で1ヶ月などの長期入院が必要となったときも、入院給付金1万円の医療保険に入っていればお金の負担はかなり減るでしょう。不幸中の幸いという言葉がまさに当てはまりますが、病気になった自分が少しでも幸せに生きられるように、医療保険には早めに入っておくべきです。

医療保険は加入時にご自身の健康状態を保険会社に告知する必要があります。その際、健康状態によっては、医療保険の加入が難しい・保障内容に条件がつく、といった場合も。なので、できるだけ健康なうちに医療保険に加入することが重要です。

医療保険の告知内容については、下記の記事で詳しく取り上げているので、健康状態に不安のある方はぜひそちらもご確認ください。

医療保険の告知義務って?どこまで必要?違反のリスクなども解説

医療保険に関する50代の平均データを確認しよう

ここまで、50代の方はなるべく早く医療保険に加入すべきだと主張してきました。それでは、一体どれくらいの50代の方が医療保険に加入しているのでしょうか?

ここでは、50代の方の医療保険加入率や平均月額(保険料)などをあわせて紹介していきます。

50代の加入率

まずは、50代の方の医療保険加入率です。公表されているデータによると、50代の医療保険加入率は下記の通りということがわかりました。

性別 50代男性 50代女性
加入率 77.1% 80.4%

※生命保険文化センター令和元年度「生活保障に関する調査(疾病入院給付金の有無・全生保)」を参考

50代の方は、男女あわせてなんと約8割の方が医療保険に加入しているという結果です。とても多くの方に必要とされていることがわかりますね。

40代以降でも同じ傾向が見られるので、やはり健康リスクの高いうちは医療保険で備えておくというのが定石になります。(その他の年代の加入率については、こちらの「年代別・医療保険の加入率まとめ」にてまとめてあります)

50代の平均月額(保険料)

次に、50代の方の平均保険料支払い額をまとめてみました。ただし、参考にしたデータの都合上、生命保険など医療保険以外の保険料も含まれていることにご注意ください。

性別 50代男性 50代女性
平均保険料(月額) 4.1万円 3.9万円

データによると、50代では男女あわせて平均4万円ほどの保険料支払いがあるという結果に。ちょっと支払いが大きく感じられますよね。しかし、実際は医療保険だけを切り取ると、月々の支払いはかなり減ります。

公表されているデータはなかったものの、各保険会社の見積もりなどから保険料の概算を出したので、ご参考までにご覧ください。

年代 50代(男女)
平均保険料見積もり額 4,113円

条件:入院給付金5,000円、手術・通院給付金あり、終身・定期を含む全26商品の見積もり額から算出

給付金の保障額などを変えれば保険料も変わってしまいますが、あくまで目安として、4,000円から8,000円くらいになると考えておくとよいでしょう。

年齢別・医療保険の保険料まとめを参考にしています。50代以外の年代についても気になる方は、ぜひそちらの記事をご覧ください。

加入時にどんなことに気をつけるべきか?5つのポイント

医療保険には、入院給付金や支払い限度日数など自由に選べる項目があります。しかし、これらの項目の選び方がわからない50代の方も多いのでは。

選び方によっては保障が不十分だったり、不要な保険料を支払ったりする恐れも。そこで50代の方が医療保険に加入するときに注意したいポイントを5つご紹介します。

最後に、ポイントをまとめて紹介しているので、まずは順番に読み進めてみてください。

入院給付金額は10,000円以上を選択する

50代の方で医療保険に加入するのであれば、入院給付金は1万円以上に設定することをおすすめします。これは、健康リスクが高い分、給付金で大きなリターンを見込めるからです。

そもそも医療保険に加入する際、入院1日あたりの入院給付金の金額を3000円・5000円・10000円などから選択できます。

そして、入院給付金の金額が高いほど保険料が値上がりする仕組みです。なので、入院給付金を1万円以上に設定してしまえば保険料の支払いも増えてしまいます。

しかし、50代の方は健康リスクが高く、入院給付金を貰える確率が高い年代なので、入院給付金を1万円以上に設定したほうが結果的に得が大きくなりやすいです。

したがって、50代の方で医療保険に加入するのであれば、入院給付金は1万円以上に設定しましょう。

支払い限度日数は60日を選択する

50代の方には、支払い限度日数は60日程度の医療保険がおすすめです。

支払い限度日数とは、1回あたりの入院で入院給付金が支払われる上限日数のことを指します。この支払い限度日数は60日・90日・180日などから選択できるものです。

ここで、厚生労働省の「平成29年 患者調査」を参考にすると、平均入院日数は29.3日。60日などを超える入院はあまりありません。つまり、基本的な保障としては、支払い限度日数は60日あれば十分ということがデータからわかります。

したがって、50代の方は、支払い限度日数は60日程度の医療保険を選びましょう。

終身型を選んで60代以降の保険料を抑える

50代の方は、60代以降に備えて、終身型の医療保険を選びましょう。

終身型は、保障期間が一生涯にわたる保険。その保険料は加入時のまま値上がりしません。また、仮に、60代以降で加入すると、保険料は50代のときの1.5倍以上になります。

それを考えると、どうせ60代以降も医療保険は必要になるのですから、50代のまだ保険料が安いうちに終身医療保険に加入しておくのが賢い選択です。

なので、50代の方は、終身型の医療保険を選択しましょう。

先進医療特約はつけるべき

医療保険に加入するのであれば、先進医療特約は必ず付けましょう。そもそも、先進医療特約とは、健康保険が効かない治療方法のことで、その治療費は数十万円にのぼることもあります。

この先進医療特約では、月100円ほどの追加の保険料でそういった高額な先進医療の治療費を大きくカバーしてくれます(最大2,000万円などが一般的)。このように、支払いに対してメリットが大きいので、医療保険に加入するのであれば、先進医療特約は必ず付けましょう。

また、先進医療特約の詳しい話は、別記事にて特集してあります。気になる方はぜひそちらもご覧ください。

がん保険や医療保険に先進医療特約は必要?費用や確率などの実際の話

持病や入院歴がある50代は引き受け基準緩和型や無選択型を検討する

50代の方には、すでに持病や入院歴がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような場合、一般の医療保険に加入できない恐れも。そこでおすすめなのは、引き受け基準緩和型や無選択型の医療保険です。

引き受け基準緩和型の医療保険は、以下の3つの告知項目に当てはまらなければ加入が可能。

  • 最近3ヶ月以内に医師から入院・手術・検査・先進医療を勧められたことがあるか
  • 過去2年以内に入院したことがあるか
  • 過去5年以内にがん・肝硬変・慢性肝炎で医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか

所定の条件を満たせば、持病を原因とした入院に対しても給付金が支払われます。ただし加入後1年間は給付金の支払額が50%に削減されたり、通常の医療保険よりも保険料が割高になったりと、注意点もあります。

一方で、無選択型の医療保険では加入時の告知が不要です。しかし保険料が高額になったり、選択できる給付金額の上限が低かったりと、制限があります。

持病や入院歴があり、一般の医療保険に加入できない50代の方は、注意点や制限を確認したうえで、引き受け基準緩和型や無選択型の医療保険を検討してくださいね。

加入時の注意点まとめ

さて、ここまで解説した医療保険加入時の注意点をまとめておきましょう。

  • 入院給付金は1万円以上に設定
  • 支払い限度日数は60日で十分
  • 保険期間は終身型を選ぶ
  • 先進医療特約は必ずつける
  • 持病や入院歴がある場合は、引き受け基準緩和型や無選択型を選ぶ

50代の方で医療保険に加入する際は、ぜひ以上のことに気をつけてご検討ください。それでは、最後に50代の方におすすめの医療保険を紹介して、この記事を締めたいと思います。

50代におすすめの医療保険を3タイプ別に紹介

ここからは、50代におすすめの医療保険を厳選してご紹介します。下記の3タイプに分けて紹介しているので、ご自身に当てはまるものを選んで加入を検討してみてください。

チューリッヒ生命「終身医療保険 プレミアム DX」

「終身医療保険 プレミアム DX 」は、50代の男性におすすめの終身型医療保険。なんと言っても大きな特長は、手頃な保険料で加入できる点です。必要最低限の保障であれば、平均見積もり額を大きく下回る2,000円〜3,000円程度に保険料を抑えられます。

また、特約の種類が充実しており、必要に応じて保障を手厚くることも可能。例えば、がん保険に加入しておらずがんへの保障を特別に手厚くしたい場合は、以下のような特約が用意されています。

  • 3大疾病診断給付金特約
  • 3大疾病保険料払込免除特約

これらの特約をつければ、初めてがんと診断された場合、給付金を一括で受け取れたり、以降の保険料の払込が免除されたりします。

その他、七大疾病(がんや脳卒中、糖尿病など)やストレス性疾病の治療など、心配な病気に応じて特約を付加することも可能です。

このように、安い保険料から欲張りな保障まで幅広く用意された医療保険なので、リスクの高い50代の方にピッタリの医療保険です。公式サイトでは保険料のシミュレーションも行えるので、「この保険料なら払える!」と言えるぐらいの保障内容をぜひご自身で吟味してみてください。

「終身医療保険 プレミアム DX」

ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」

ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」は、50代の女性に一番おすすめしたい終身型医療保険です。その魅力は、他の商品と比べて女性特有の疾病に対する保障が充実している点にあります。

具体的には、以下の特約を追加して女性特有の疾病に対する保障を充実させられる点がこの医療保険の魅力です。

  • 女性疾病特約
  • 女性特定手術・乳房再建保障特則

特に注目したいのは、「女性特定手術・乳房再建保障特則」。他の商品では保障対象外となる特定の手術を行なった場合でも、50万円、もしくは100万年の給付金を受け取れます

(例:乳房再建術)

また、健康状態が一定基準を満たしている場合は保険料が安くなるのも、大きな魅力。以下の条件を満たす50代の方なら健康保険料率が適用されるため、保険料を抑えられるでしょう。

  • 入院歴がない
  • 非喫煙者である
  • BMIが18以上27未満

50代で医療保険に加入すると保険料が割高になるケースが多いです。しかし健康保険料率が適用されると、50代でも保険料を抑えられます。

このように、ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」は健康的な50代の女性であればかなり優遇された医療保険です。気になる方は、ぜひ公式サイトを覗いてみてください。

ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」

アクサダイレクト生命 「アクサダイレクトの入りやすい医療」

持病がある50代の方におすすめの終身型医療保険です。引受基準緩和型なので、3つの告知項目に該当しなければ加入できます

魅力は、他の商品に比べて保険料を安く抑えられる点。必要最低限の保障であれば、保険料を4,000円から5,000円程度に抑えられます。

また入院給付金を1,000円単位で自由に設定できる点も特徴的です。

他の医療保険では入院給付金は、3,000円、5,000円、10,000円などから選択するケースがほとんど。その点、本当に必要な金額を設定できるため、不要な保険料を支払わなくて済みます。

50代の女性の場合、女性疾病入院特約(緩和型)を付加すると、女性特有の疾病で入院した際に上乗せで保障を受けられますよ。追加の保険料は500円から700円程度なので、50代の女性はぜひ検討してみてください。

アクサダイレクト生命 「アクサダイレクトの入りやすい医療」

まとめ

50代は、病気になるリスクが高まる時期。男性・女性や独身・既婚に関わらず、50代の方は今すぐ医療保険に加入すべきです。

50代で医療保険に未加入の方は、早めに検討を始めましょう。また若い頃に医療保険に加入した50代の方も、今一度保障内容を見直して下さい。

ご紹介した医療保険の選び方やおすすめ商品を参考に、ぴったりの医療保険に加入してくださいね。