がん保険
ネットの口コミや評判の良いがん保険の傾向

ネットの口コミや評判の良いがん保険の傾向

ネットの口コミや評判の良いがん保険の傾向

がん保険への加入を検討している方の中には、「ネットで口コミや評判の良いがん保険はどれだろう?」と気になっている方もいるでしょう。

保障内容が同じようながん保険であれば、評価が高くランキングが上位のがん保険の方が安心して加入できる気がしますよね。

しかし、もちろんネット上の評判やランキングは参考のひとつにはなりますが、一番大事なのは「ご自分が安心してがんに備えられる保障があるか」という点であることを忘れてはなりません。

そこでここでは、最近のがん治療の傾向や、評判の良いがん保険の特徴や加入する際の注意点などについて詳しく解説していきます。

また、男性女性別に評判の良いおすすめのがん保険もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

最近のがん治療の傾向をチェック

最近のがん治療の傾向をチェック

評判の良いがん保険とはどのような保険なのかを知る前に、最近のがん治療の傾向を確認しておく必要があります。

がんの治療法は医療技術の進歩に伴い、日々変化を遂げています。

入院日数が短縮化され通院治療がメインに

以前、がん治療では入院による手術がメインに行われていたため、入院期間が長期間に及ぶことがほとんどでした。

しかし、医療の進歩に伴い、入院して手術を受けても1~2週間程度で退院できるケースが多くなり、かつては入院により行われていた抗がん剤治療なども外来で治療を受けられるようになってきました。

また、放射線治療も部位にもよりますが、通院で行われることが一般的となっています

入院日数が短縮化された背景には、国の政策によることも理由のひとつとなっています。

というのも、少子高齢化が進行している中、若い世代よりも高齢者の方が医療機関に入院するケースが多いため、何も手を打たずにいると高齢者の入院者数が増加し医療財政がひっ迫する恐れがあります。

そこで国が「医療費適正化計画」を導入し、入院日数の短期化がすすめられることになったのです。

先進医療などの公的医療保険対象外の治療費の負担増

がん治療にかかる費用は、公的医療保険でカバーできるものもありますが、先進医療や自由診療による治療は原則として全額自己負担となります。

がん治療費の多くは、公的医療保険でカバーできるものが多く、窓口での自己負担額は原則として3割で済みます。

また、高額療養費制度を利用すると、1か月の医療費の上限を超えた分が後日返還されるという制度もあるため、いきなり高額な治療費を請求される心配はないといえます。

しかし、先進医療や自由診療にかかる医療費など公的医療保険の対象外となるものがあり、仮に治療を受けた場合は数百万円といった治療費を支払う必要がある場合もあります。

がん治療の変化とともにがん保険も変化する

入院による手術がメインだったときは「入院給付金」がメインのがん保険の評判が良い傾向がありましたが、通院による治療がメインになってくると「通院給付金」が充実しているがん保険を選ぶ方も増えてきています。

以前がん保険に加入した方は、当時評判のよかった「入院給付金」がメイン保障となっている可能性があり、「通院給付金」が付いていないか、付いていてもおまけ程度ということもあります。

いざがん治療を受けて給付金を申請する際に十分な保障を得られるように、「通院給付金特約」を付けるなどして最近のがん治療情勢に合わせることが大切です

また、先進医療や自由診療を受けられれば治療の幅を広げることができるので、がん保険に「先進医療特約」や「自由診療特約」などを付けておくと治療費の心配を軽減できるので安心です。

さらに、がん保険は基本的に一度がんに罹患してしまうと新規加入することが難しいですが、「がんは治る病気」となってきていることもあり、アフラックの「生きるためのがん保険 寄りそうDays」など、がん経験者向けのがん保険も販売されるようになっています。

評判の良いがん保険の特徴3つ

評判の良いがん保険の特徴3つ

どのがん保険に加入すればいいのか迷ったときは、評判の良いがん保険を検討してみるというのもひとつの方法です。

評判が良いということは、それだけ多くの方から支持されている・人気があるということなので、安心して加入することができるでしょう。

評判が良いがん保険には、共通する特徴が主に3つありますのでひとつずつ確認していきましょう。

1.保険料が安くて気軽に加入できる

評判の良いがん保険は、やはり保険料が安いという特徴があります。

保険料は毎月(または毎年)支払うものなので、できるだけ安く抑えたいと考える方が多いでしょう。

また、がん保険以外にも備えておきたい生命保険がある方や、お子さんのいる方は教育資金の準備をしたり、老後の心配がある方は老後資金の準備をしたりすることも考えられます。

がん保険にだけお金をかけられるわけではないので、安い保険料というのはやはり評判の良い・悪いに関係するといえます。

2.定期型よりは終身型

がん保険は商品によって、保障期間が一定期間に限られている「定期型」と一生涯の保障が得られる「終身型」とがありますが、終身型の方が評判が良い傾向があります。

定期型の方が保険料が安く保障の見直しがしやすいというメリットがありますが、がんの罹患率は高齢になるほど高くなることを考えると、一生涯の保障が得られる終身型の方が評判が良いのも納得できますね。

終身型は若い年代のうちは保険料が高く感じられることもありますが、保険料はずっと変わらず一定なので、値上がりする心配をすることなく計画的に支払うことができます。

3.「診断給付金」が手厚い

がん保険ではさまざまな給付金を受け取ることができますが、評判の良いがん保険は「診断給付金(診断一時金)」が手厚い保障となっているという特徴があります。

診断給付金とは、がんと診断されたときに受け取れる一時金のことで、一般的に50万円~200万円の間で決めることができます。

がんと診断されたときは心身ともに落ち込んでしまいますが、がん保険からまとまったお金を受け取ることで、治療費の心配を解消できるという点が評判の良い理由と考えられます。

診断有付近は「使い道が自由」という特徴があるため、入院費や手術費、治療費、通院時の交通費はもちろんのこと、がん治療のために仕事を休んだことによる収入の補填にも使うことができます。

先にも触れましたが、最近は通院での治療がメインとなりつつあるため、使い道が自由な診断給付金があれば、入院費や手術費、治療費など幅広く利用することができます。

失敗しないがん保険の選び方

失敗しないがん保険の選び方

「評判の良いがん保険を選びたい!」と考えるあまり、評判だけに頼った選び方をしてしまうと、ご自身にとって向いていない商品だったという可能性もあります。

評判は参考にしつつも契約後に後悔しないように、がん保険の選び方のコツを押さえておきましょう。

保険料の安さだけで選ぶのはNG

先ほど、評判の良いがん保険には「保険料が安い」という特徴があるとご紹介しましたが、それはあくまでも「同じ保障内容なら保険料が安い方が評価が高い」ということであり、保険料が安いから良いというわけではありません。

というのも、保険料が安いがん保険にはそれなりに理由があるもので、たとえば保障範囲が狭かったり保障限度額が小さかったりといったケースがあるのです。

保険料の安さは評判が良く魅力的ではありますが、安さだけにとらわれずに保障内容もしっかりと確認することが大切です。

ネット上の口コミや評価を鵜呑みにしない

評判の良いがん保険は安心して加入できるという面もありますが、だからといってネット上の口コミや評判・評価、ランキングなどを鵜呑みにして100%信じてしまうのはおすすめできません

がん保障に求めるものは個人個人によって異なるため、ある方にとってはベストな保障内容であっても違う方にとっては不十分だということもあります。

そのため、どんなに評判が良いがん保険であってもご自身が求める保障内容を網羅しているかどうかしっかりと確認し、安心できる内容のがん保険を選ぶことが大事です。

女性に評判の良いおすすめ商品

ではここからは、女性に評判の良いがん保険をご紹介していきます。いずれもネット完結型なので、手軽に申し込みができると評判のがん保険です。

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアムZ」

チューリッヒ生命「終身ガン治療保険 プレミアムZ」

女性に評判の良いおすすめのがん保険のひとつに、チューリッヒ生命の「終身ガン治療保険プレミアムZ」があります。

一般的ながん保険は主契約が「診断給付金」であることが多いですが、「終身ガン治療保険プレミアムZ」の主契約は「抗がん剤治療給付金」と「自由診療抗がん剤治療給付金」となっており、治療保障を主軸としている商品といえます。

乳がんや子宮がんといった女性特有のがんでは、抗がん剤治療やホルモン剤治療を行いますが、自由診療の治療も取り入れることで治療法の選択肢が増えることになります。

また、すでにがん保険に加入している方で保障内容が旧タイプのものである場合、この商品を上乗せする方法もおすすめです

このように、メイン保障として契約する以外にも、上乗せ保障として使える点が加入者の評判につながっているといえます。

アクサダイレクト生命「がん終身」

アクサダイレクト生命「がん終身」

アクサダイレクト生命「がん終身」も女性に評判の良いがん保険です。

主契約は「診断給付金」と「入院給付金」ですが、「抗がん剤治療特約」や「手術給付特約」を付けることでより充実した保障内容にすることができます。

また、「女性がん入院特約」を付けることで、女性特有のがん治療のために入院したときに入院給付金日額と同額の給付金を受け取ることができます。

つまり、入院給付金を1万円で契約した方が女性特有のがんで入院した場合、通常の入院給付金にプラスして「女性がん入院給付金」が1万円受け取ることができるというわけです。

ほかにも、「掛け捨て型のがん保険は、保険料のムダになるからもったいない。」と考えている方には、「がん無事故給付特約」を付け3年間がんに罹患しなかった場合に、3年ごとに5万円または10万円の「無事故給付金」を受け取ることができます。

保険料がムダにならない点も評判が良い理由となっています。

男性に評判の良いおすすめ商品

続いて、男性に評判の良いおすすめのがん保険をご紹介していきます。

FWD富士生命「FWDがんベスト・ゴールド」

FWD富士生命「FWDがんベスト・ゴールド」

FWD富士生命「FWDがんベスト・ゴールド」が評判の良い理由として、診断給付金が最高300万円まで受け取れるという点があります。

一般的に、診断給付金は最高200万円までのがん保険が多い中、300万円という高額な保障を付けることができるので、がん治療法の選択肢が広がったり治療以外の費用にも充当したりすることができます。

また、診断給付金は何度でも受け取ることができる(年に1回)ので、再発した場合の保障も万全です。

オリックス生命のがん保険「Believe[ビリーブ]」

オリックス生命のがん保険「Believe[ビリーブ]」

オリックス生命のがん保険「Believe[ビリーブ]」は、がん治療開始時から診断一時金と治療給付金をダブルで受け取ることができるため、治療法の選択肢が広がるだけでなく、治療費の心配を軽減できる点が評判となっています。

先進医療による治療を受けた場合は、最高2,000万円まで保障なうえ一時金も受け取れるので、安心して治療を受けることができます。

また、通院保障特約を付けることで、通院がメインとなる治療法でもしっかりとカバーしてもらえます。

お手頃な保険料で手厚い保障が受けられるので評判が良いがん保険です。

まとめ

評判が良いがん保険には、保険料が安い、終身保障、診断給付金が充実しているという特徴があります。

評判が良いということは満足度も高いとも考えられるため、あまり考えずに評判が良いがん保険を選んでしまいがちですが、保障内容がご自身にマッチしたものであるか必ず確認するようにしましょう。

がん保障に求めるものは個人個人によって異なるため、評判の良し悪しだけでなくご自身が「安心してがんに備えられるか」ががん保険選びのポイントになります。