がん保険
ワンコインで加入できる「わりかん がん保険」って!?注目ポイントを解説

ワンコインのがん保険!

ワンコインで加入できる「わりかん がん保険」って!?注目ポイントを解説

ワンコインで入れるがん保険ってないかな?」
「あるんなら専門家の評価とかも見てみたい!」

そんなふうにワンコインのがん保険について興味をお持ちではありませんか?

がん保険にはいろいろな種類がありますが、実はたったひとつだけワンコインで加入できるがん保険が存在します。その名もJustInCaseの「わりかん がん保険」。

本記事では、ワンコインで加入できる「わりかん がん保険」について詳しく解説します。保障内容や保険料の仕組み、加入者や専門家などからの評判をあわせてチェックしていきましょう。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

ワンコインで加入できるがん保険が存在するって?

本記事でのワンコインとは、500円を指します。「ワンコインで加入できるがん保険があるわけない」と思う人も多いですよね。しかし、JustInCaseが取り扱う「わりかん がん保険」なら、ワンコインでがん保険に加入できます。

例えば、30代の人が一般的ながん保険に加入しようとすると、終身型だと毎月2,000円ほど、掛け捨て型であれば毎月1,000円ほど保険料がかかる場合が多いです。

しかし、JustInCaseが販売する「わりかん がん保険」であれば、保険料はワンコイン。金銭的な負担はかなり減るので、その分多めに貯蓄に回すことも可能です。

JustInCaseの「わりかん がん保険」

ワンコインで加入できるJustInCaseの「わりかん がん保険」JustInCaseの「わりかん がん保険」※公式より画像引用

それでは早速、スタートアップ企業JustInCaseが提供するワンコインのがん保険「わりかん がん保険」について順番に紹介します。

保障内容はシンプル

わりかんがん保険の保障内容は非常にシンプル。具体的には、以下のとおりになります。

  • がん診断一時金:80万円
  • 上皮内がん診断一時金:80万円
  • 死亡保険金:年齢により異なる
  • 保険期間:1年間(更新可能)

それぞれの保障内容についてもう少し詳しく解説していきましょう。

がん診断一時金:80万円

がん診断一時金とは、病院などの医療機関で医師からがんであると診断された場合に保険会社から支払われるお金のことです。

JustInCaseのワンコインがん保険の場合は、このお金が80万円あるため、ガンの治療費や入院費用として充てられるでしょう。がんの治療に伴い、健康保険が適用されない先進医療を受ける場合にもがん診断一時金が役立つ可能性があります。

上皮内がん診断一時金:80万円

上皮内がん診断一時金とは、その名の通り、医療機関で上皮内がん(上皮内腫瘍、上皮内新生物)であると診断された場合に受け取れる保険金のことです。

実は、がん保険の中には上皮内がんは保険金の支払い対象外としているものが多く存在します。上皮内がんの場合、臓器などにがんが進行していないため、簡単な処置で回復するケースが多いからです。

しかし、JustInCaseのワンコインがん保険では上皮内がんにもしっかり対応。その他のがんと同額の診断一時金(80万円)が給付されるため、より安心できるがん保険となっています。

死亡保険金:年齢により異なる

死亡保険金とは、がん保険の被保険者が死亡した場合に保険会社から支払われる保険金です。JustInCaseのワンコインがん保険の場合、保険金の支払い事由となる死亡理由はがんに限定されません。他のがん保険だとがんによる死亡のみしか保障されないことが多いため、これも非常に優秀な保障内容と言えます。

なお、死亡保険金額は、被保険者が死亡したときの年齢や性別によって異なります。JustInCaseのワンコインがん保険の契約可能年齢である満20歳以上満74歳以下の死亡保険金※を下表にまとめたので、確認しておきましょう。

年齢 男性 女性
20~24歳 200万円 300万円
25~29歳 180万円 180万円
30~34歳 150万円 60万円
35~39歳 110万円 10万円
40~44歳 200万円 140万円
45~49歳 120万円 60万円
50~54歳 50万円 30万円
55~59歳 190万円 300万円
60~64歳 90万円 240万円
65~69歳 30万円 160万円
70~74歳 5万円 90万円

参考:https://www.lifenet-seimei.co.jp/distributor/jic/warikan/

保険期間:1年間(更新可能)

保険期間とは、がん保険の保障が適用される期間のことです。この期間中に被保険者ががんと診断されたり、死亡したりすると保険金が市は割れる仕組みになっています。

JustInCaseのワンコインがん保険は保険期間1年の定期型の商品となっているため、継続して利用する場合は契約更新が必要です。

保険料の仕組み

JustInCaseのワンコインがん保険の保険料は、加入者同士で割り勘するのが特徴です。被保険者の年齢が20~39歳までであれば、最大500円のワンコインでがん保険の保障が得られます。

そもそも保険は相互扶助の原理から成り立っている商品ですがJustInCaseの「わりかん がん保険」はその原点に還ったがん保険とも言えるでしょう。

JustInCaseでは、1人あたりの保険料を以下の計算式を元に決定します。

その月に支払った保険金÷(がん保険の契約者数-保険金を支払った人数)+引受保険会社の管理費

したがって、JustInCaseのワンコインがん保険は、毎月保険料が変わります。しかし、各年代で月額保険料の上限額が定められているため、加入者としては安心です。

なお、年代別のワンコインがん保険の上限保険料は、下表の通りです。

年齢 月額保険料の上限
20~39歳 500円
40~54歳 990円
55~74歳 3,190円

注目ポイント

JustInCaseのワンコインがん保険ならではのポイントとして、以下2つが挙げられます。

  • 契約者数を確認できる
  • 加入者から受給者に対して送られたメッセージをチェックできる

それぞれの内容について詳しく解説します。

契約者の確認

JustInCaseのワンコインがん保険は、公式ホームページで現在の契約者数を確認できます。契約者数は誰でも確認でき、例えば2021年8月時点の総契約者数は3,771人で内訳は以下の通りです。

  • 20〜39歳 :2,048名
  • 40〜54歳 :1,425名
  • 55〜74歳 :298名

JustInCaseのワンコインがん保険は、契約者が多いほど一人あたりの負担が少なくなるのが特徴です。そのため、公式ホームページで契約者数を確認できれば、自分が支払っている保険料額の根拠を確認できます。こうした仕組みは、透明性があってワンコインのがん保険に加入している側からすれば安心できるポイントでしょう。

JustInCaseのワンコインがん保険の現在の契約者数を確認したい方は、以下からチェックしてみてください。

ワンコインで加入できるJustInCaseのがん保険

加入者から受給者へのメッセージ

JustInCaseの公式ホームページでは、がん保険に加入している方からがんと闘う方に向けて「応援メッセージ」が公開されています。

※以下抜粋

  • ガンに負けないで
  • お金では心は救われないかもしれませんが、応援の気持ちだけでも受け取ってほしい
  • 痛みや治療の大変さは肩代わりできませんが応援している
  • 私たちは味方 など

上記のメッセージからJustInCaseのワンコインがん保険は、単にお金の仕組みで加入者同士がつながるわけではないことが分かります。本当の意味で相互扶助(たすけあい)の精神が表れていると言えるでしょう。

万が一、がん保険の契約期間中にがんになった場合でも、JustInCaseのワンコイン保険であれば精神的なサポートが得られるかもしれません。

専門家の声や評判は?

ワンコインでがん保険の保障が手に入るJustInCaseの「わりかん がん保険」。加入を検討している人の中には、専門家などの評判が気になる人もいるでしょう。

以下に、ワンコインのがん保険に関する評判をまとめたので保険商品を選ぶ際の参考にしてください。

  • 20~39歳でまだがん保険に入ったことのない人はお試しの気持ちで入るのにちょうどいい
  • 一定期間だけ保障を手厚くしたいならおすすめ
  • 安い保険料である程度の保障が手に入る など

上記からJustInCaseのワンコインで加入できるがん保険は、加入すべき人とあまり適していない人がいることが分かります。

年齢が比較的若く、ライフスタイルが変化しやすい方やとにかく保険料を抑えてがん治療の保障が欲しい方であれば、一度JustInCaseのがん保険を検討すべきです。

ワンコインで加入できるがん保険のまとめ

JustInCaseの「わりかん がん保険」は、ワンコインでがん治療の保障が手に入ります。一般的ながん保険と同様に診断一時金が保障内容に含まれており、上皮内がんに対しても同額の保険金が支払われる点などが大きな特徴です。

若い方やお試し感覚でがん治療に必要な保障が欲しい方は、保険料の負担が少ないJustInCaseの「わりかん がん保険」がおすすめです。

ワンコインで加入できるがん保険について、もっと詳しく知りたい方は以下の公式サイトをチェックしてみましょう。

JustInCaseの「わりかん がん保険」公式サイト