がん保険
がん保険には入るべきか?必要かどうかお金のプロが徹底解説!

がん保険は必要か?

がん保険には入るべきか?必要かどうかお金のプロが徹底解説!

賛否両論の意見を聞くがん保険の必要性。自分にとってがん保険は必要なのか、不要なのか、あなたも答えを出しておきたいのではないでしょうか?

そんなあなたのために、本記事では「がん保険には入るべきか?」をテーマに、お金のプロである私が、がん保険の必要性について解説します。

がん保険に加入しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

高橋朋成

年金アドバイザー / EQプロファイラー / 2級ファイナンシャルプランニング技能士

この記事の監修担当者:株式会社クロックアップ 代表取締役 高橋朋成

20年以上にわたり外資系生保や損保系生保などで、販売現場での営業スタッフの採用や実践を活かした生保販売や育成手法に携わった経験を損保代理店向けに特化してアレンジし2013年に株式会社クロックアップを設立。

業務内容は損保代理店の
専属コンシェルジュとして
① 保険営業職の人材紹介、マッチングサポート
② 損保営業マン向け生保クロスセル研修
③ 代理店M&Aマッチングサポート等
を行っている。

がん保険には入るべきか?必要・不要と対立する意見

先に述べておくと、私はがん保険は必要であると考えています。ただし、万人に必要なものではなく、あくまで下記に該当するような一部の人が入るべきものであるということもお伝えしておきましょう。(後で詳しく解説を入れます)

  • ローンなどを組んでいる方
  • 個人事業主/自営業、もしくはフリーランスの方
  • ガン家系の方

ただ、世の中には「がん保険は不要だ」とする意見を持つ方もいます。ここで、一旦がん保険が不要だとする意見を取り上げてみましょう。

がん保険不要派の意見

がん保険不要派の意見をまとめると、下記のような形です。

  • がんに罹らなければ意味がない
  • 高額療養費制度があるから、自己負担額はそんなに大きくならない
  • がん保険で受け取れる金額が足りない

確かに、これらの意見には一部賛成できるものがあります。「がんに罹らなければ意味がない」というのはまさにその通りで、一生涯がんに罹らなければ支払った保険料はすべて無駄になりますよね。ただ、ここで一人の人間が生涯でがんに確率を確認してみましょう。

がんになる確率

国立がん研究センターのがん情報サービスによると、生涯でがんに罹患(りかん)する確率は男性65.6%、女性は50.2%※1となっています。

つまり、この統計によると、生涯のうち2人に1人ががんに罹患することになります。こう聞くと「がんに罹らなければ意味がない」なんて言ってられないと思いませんか?

なにせ、我々人間はコインの表裏を当てるよりも高い確率でがんに罹ってしまうのですから、保険料が無駄にならない可能性だって十分に大きいのです。

ちなみに、がん保険はがん以外には基本的に対応していません。特約などをつけても、がん以外での入院や手術・死亡時などに保障はつかないので注意しましょう。詳しくは下記記事をご覧ください。

がん保険はがん以外にどれくらい備えられる?

それでは、高額療養費制度についてはどうでしょうか?

高額療養費制度で自己負担額はそんなに大きくならない?

がんに限らず、治療によって医療費が高額化した場合のために、日本では高額療養費制度が用意されています。

これは医療費が高額となった場合、患者自身で負担する金額(自己負担額)に上限を定める救済措置のようなものです。この自己負担額は収入によっても異なりますが、一般的な収入であれば1か月で8万円前後か、それに準ずる金額になります。

たしかに、1ヶ月で8万円ほどであれば家計が破綻するようなことはありませんね。しかし、だからといってがん保険が不要であるというのは早計です。なぜなら、がんは治療費以外にも社会復帰までに多くの費用がかかるからです。

これについては、次の「がん保険で受け取れる金額」にて解説していきましょう。

がん保険で受け取れる金額

さて、がん保険不要派の言う通り、本当にがん保険で受け取れる金額は足りないのでしょうか?実際にがん保険で受け取れる金額は、保険の内容次第でもありますが、下記のようなものが最低限レベルに受け取れる金額です。

  • 入院1日につき5千円
  • 手術する場合、5万円(入院1日あたりにもらえる金額の10倍などが目安)
  • がんと診断されたときに50万円

ここで、がんに罹った人の平均入院日数を挙げておきましょう。厚生労働省の平成29年(2017)患者調査の概況※2によると、がん(悪性新生物の項目)に罹った人は平均で17.1日入院しています。

つまり、がん保険に入っていれば約90万円ほどの保険金を受け取れる見込みです(計算は下記)。年齢にもよりますが、保険料を見積もると月々2,000円程度で済むような保障内容です。

5千円/日×17日+5万円+50万円=90万円

さて、あなたはこの90万円という金額をどう感じるでしょうか?たしかに、生命保険の死亡保障金などと比較すると金額は少なく感じますよね。しかし、がん保険と生命保険では備えるものが違うということにご注意ください。

がん保険は治療後の生活に備えたもの

生命保険は死亡時に遺された遺族の生活を守るためのもの。対して、がん保険はがんに罹った後に万全な状態で社会に復帰するためのものです。

例えば、がん治療では抗がん剤の副作用などにより髪の毛が抜け落ちることがありますが、これに対してウィッグ(かつら)を購入することがあります。ただでさえ、入院や手術にお金がかかっているのに、社会復帰の前にはこういった治療以外のお金が必要となるのです。

そんなときに、最低限のがん保険で90万円ほどの保険金を受け取れていれば、社会復帰までの諸費用も簡単に賄えます。

このように、たしかに、生命保険の死亡保障金などと比較すると金額は少なく感じますが、がん保険で受け取れる金額は治療後の生活を支えるうえでは十分な金額となりうるのです。

こんな人はがん保険に入るべき!

先にお伝えしていますが、下記のような人はがん保険に入るべきだと主張します。

  • ローンなどを組んでいる方
  • 個人事業主/自営業、もしくはフリーランスの方
  • ガン家系の方

それぞれ理由があるので、詳しく解説していきましょう。

ローンなどを組んでいる方

ローンなどを組んでいる方はがん保険に入るべきです。例えば、マイカーローンや住宅ローンの支払いがあるのに、がんに罹って仕事ができず収入が減少した場合を考えてみましょう。

退院後もすぐに働けるとは限らないので、場合によっては月々の支払いが滞ってしまいます。仮にあなたがローン返済に遅れてしまったとすると、下記のような不幸があなたを襲うでしょう。

  1. 遅延損害金の支払い(延滞利息を余分に支払う)
  2. 信用情報に傷が入る(ローンやカードの審査が難しくなる)

特に、次に紹介する個人事業主の方などもそのリスクが高いので、相対的にがん保険の必要性が高いです。

個人事業主/自営業、もしくはフリーランスの方

個人事業主や自営業、もしくはフリーランスの方もがん保険の必要性が高いです。なぜなら、個人事業主の場合、入院=すべての業務の停止となり、収入が途絶えてしまうからです。

企業勤めであれば傷病手当金(給料の2/3)の支給がありますが、厳しいことに個人の場合はそういった優しい制度は存在しません。自分の身は自分で守るしかないので、自分でがんのリスクに備えておきましょう。

がん家系

がんになっている血縁者が多いことをがん家系と言います。がんを発症する要因には、環境の他に遺伝要素もあり、血縁者の中に同じがんにかかる人が多いといった場合はがん家系と推定されます(もちろん詳細な検査が必要です)。

すべてのガンが遺伝性であるわけではないものの、事実としてガン家系の方は特定のガンが発症しやすいといったこともあり、がんへの罹患リスクも高いと言わざるを得ません。

したがって、親戚の中で下記に当てはまるような方がいる場合は、できるだけ早くがん保険に加入しておくことが重要です。

  • 若いうちにがんに罹った
  • がんを繰り返している
  • 大腸がんや胃がんなど、特定のガンが家系の中で多発している

最近では女性特有のがんを発症した場合、さらに手厚い保障が受けられる女性向けの特約も増え、考え方やニーズに合う保障をリーズナブルに持つことができます。

何歳から入るべきか?

ここで、がん保険には何歳から入るべきか?といった疑問を持つこともあるかもしれませんね。たしかに、ここまで紹介した個人事業主やガン家系に当てはまったとして、そんなに若いうちから入る必要があるのかどうか、疑問を晴らしておく必要があるでしょう。

これについては、別記事「がん保険には何歳から加入すべき?加入率やリスクから答えを紐解く!」にて詳しく解説してあります。「何歳からがん保険に入るべきか」と疑問をお持ちの方は、ぜひそちらの記事をご覧ください。

がん保険が必要だと感じたら

ここまでお伝えしたなかで、もしあなたが「がん保険は必要だ」と感じたら、次は損をしないがん保険の選び方を確認しましょう。手前味噌ではありますが、当サイトではがん保険の選び方についてプロ目線で詳しく解説した記事を用意してあります。

がん保険の正しい選び方をプロが解説!自分に合った保険選びの最高の手順

年代別にも選び方を解説してあるので、自分にあったがん保険の選び方を知りたいという方は、ぜひ上記の記事をご覧ください。

健康診断で「再検査」の項目がある場合

がん保険の必要性を感じたとしても、もしあなたが健康診断で「再検査」などの項目がある場合はご注意ください。がん保険に加入する際には、健康状態の告知というものが必要になりますが、再検査の状態だと審査が厳しくなる恐れがあります。

詳しくは、下記のがん保険と健康診断の再検査の関係について解説した記事があります。該当する方はぜひ一度ご覧ください。

がん保険には健康診断の結果が「再検査」だと加入できないの?

がん保険はいる・いらない?必要性についてまとめ

いかがでしたでしょうか?本記事ではがん保険の必要性について、プロ目線で解説をしてきました。結論を言えば、下記に当てはまる人はがん保険の必要性が高いです。

  • ローンなどを組んでいる方
  • 個人事業主/自営業、もしくはフリーランスの方
  • ガン家系の方

すべての人にがん保険が必要だというわけではありませんが、がん保険はいざとなったときに非常に頼りになる存在です。本記事で紹介したがんに罹る確率やがん保険で受け取れる金額などを参考に、ご自身にがん保険は必要かどうか、ぜひ判断してみてください。

※1 国立がん研究センター|がんに罹患する確率2017年データ

※2 厚生労働省|平成29年(2017)患者調査の概況